1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【帝王切開術】リスクと出産費用は?傷跡は残る?赤ちゃんにはどんな影響が?

【帝王切開術】リスクと出産費用は?傷跡は残る?赤ちゃんにはどんな影響が?

【帝王切開術】リスクと出産費用は?傷跡は残る?赤ちゃんにはどんな影響が?のタイトル画像

最近ではよく聞く帝王切開出産。出産の現場で帝王切開が選ばれる理由やそのリスク、その後の傷痕や生まれた赤ちゃんへの影響はいったいどんなものがあるのか。
そして自然分娩出産と帝王切開出産の皆の認識はどうなのでしょうか。

目次 帝王切開が増えてきた理由
帝王切開のリスク
帝王切開の費用は?
帝王切開の傷は残る?
ときには帝王切開が必要な場合もある
お腹を痛めて産まないとお母さんになれないの?
赤ちゃんのお母さんはあなただけ。

帝王切開が増えてきた理由

帝王切開での出産は珍しいことではありません。どういったときに帝王切開出産になるのでしょうか?

■経膣分娩が難しい場合
帝王切開には、逆子や前置胎盤、多胎妊娠、児頭骨盤不適合、妊娠高血圧症候群などの経膣分娩が難しい場合。母体や赤ちゃんに危険がある場合に、あらかじめ予定される帝王切開とお産中のトラブルにより急遽帝王切開を行う緊急帝王切開があります。

出産自体何が起こるか分からないうえ、お母さんと赤ちゃんの同時にふたつの命が関わっているのでどんな場合であっても安全に行われるためにある大切な医療行為が帝王切開術なんですね。

■ニーズに合わせた医療技術の発展
メディア情報でも、ここ20年で2倍に増えてきている帝王切開。その理由の一つは、出産するお母さんが35歳以上で高齢出産にあたる年齢に達していることで確率の上がる合併症などのリスク軽減のためや、医療技術の進歩により安全な手術が可能となりトラブルが少なく赤ちゃんを産むことが出来るようになったことがあげられています。また、海外ではスタイル維持や出産の痛みに耐えられないためや、吉日出産希望などの理由で帝王切開が選ばれているとも言われています。

しかし、国によっての対処や文化にも違いがあるので日本での考えとはまた違う理由として選ばれている部分もあるようです。
では、帝王切開での出産で負うリスクはいったいどんなものがあるのでしょうか。

帝王切開のリスク

帝王切開はお母さんの体にメスが入る分、その後の体にリスクを伴うこともあります。帝王切開は「手術」です。経膣分娩に比べると母体の回復は遅くなります。

■肺血栓塞栓症
長時間寝たきりになるために引き起こる「肺血栓塞栓症」。経過が良ければ翌日には歩行することが一般的となっていますが、妊娠中はもともと血栓ができやすい状態なので弾性ストッキングや下肢の圧迫することで予防を行っています。

■麻酔による合併症のリスク
そして感染や再出血、血栓症などや麻酔による合併症を伴う場合もあります。しかし、これらは適切な対処で回避することも不可能ではありません。伴う危険性をしっかり認識しておくことも大事です。

■切開後の痛み
術後は切開した傷の治りが遅い、痛みが激しい場合もあります。そして次回妊娠時に胎盤癒着や前置胎盤、傷口部分の子宮の壁が薄くなるため自然分娩をすると子宮破裂の恐れがあります。このため第一子を帝王切開出産した殆どが次の出産も帝王切開術となるようです。

■赤ちゃんにリスクはあるの?
そして今から生まれてくる赤ちゃんへのリスクが気になりますよね。帝王切開で生まれてくる赤ちゃんに危険が及ぶことはありません。ごくまれに肺に羊水が残ったままの症状が現れることもあるようですが、症状自体も軽く3日もすると自然と治るので後遺症の心配もありません。

何より赤ちゃんとお母さんの命のためにとられるとても大切な処置が帝王切開なので。何があっても、いざというときのためにどんなリスクがあるのか知っておくと落ち着いて対処できます。

心臓から肺に血液を送る肺動脈に血栓(けっせん)がつまるために起こります。血栓は主に下肢などの静脈内で血液が凝固して生じ、血液の流れに乗って肺に達します。大きな血栓が肺動脈を塞ぐと、酸素を取り込めなくなったり心臓から血液を押し出せなくなり、突然死の原因にもなることがあります。

帝王切開の費用は?

帝王切開術で出産した場合、入院日数は回復経過や院によって違いはありますが経膣分娩には必要のない購入費があったり、大体経膣分娩で4~1週間のところ帝王切開では6~14日とながくなります。その分かかる出産費用も金額があがります。

しかし、帝王切開は健康保険が適用されるので結局のところ自然分娩と同じくらいの金額になる医療機関が多いようです。ある一定の金額を超えた場合は高額医療費の対象となるのでその分戻ってくるお金も多くなります。

帝王切開手術の費用は地域や医療機関に関わらず、22万1600円(32週未満の早産の場合などは24万5200円。平成24年診療報酬点数表より)です。
この金額のうち3割が妊産婦の自己負担額となり、費用に加算されます。

個人院や助産院、総合病院などそれぞれ費用は変わってきます。入院する部屋料金やオプションが付いていたりする病院もあるりますが、かかる費用の相場は全体的に25万~60万くらい。

医療保険に加入した場合は出産費用が黒字になることもあります。何が起こるか分からない出産です。もしもの時に備えての事前に費用や保険についても調べておくといいですね。

帝王切開の傷は残る?

手術などでの傷痕は女性は特に気になりますよね。帝王切開は子宮壁を横に切る方法で最近では15㎝程の傷痕が残るそうです。ただ、下着に隠れる部分なので傷痕は目立ちにくい部分になります。しかし、緊急帝王切開では縦に切開することが多いようで横に切るより傷痕は気になる可能性はあります。またケロイド体質の人は傷が治る過程に周りの皮膚組織を巻き込むように治ることがあります。

■帝王切開術後のケア
産後にはオイルやクリームでセルフケアを行ってしっかり保湿をすることで皮膚の引きつりを防ぐことができます。
ケロイド体質などの体質的な問題でのケアの場合は産院や皮膚科の先生と相談して適切な対処やケア方法を行ったほうがいいでしょう。どちらにしても帝王切開での傷は大切な赤ちゃんを救うためについたママにしかない勲章でもあります。

ときには帝王切開が必要な場合もある

■帝王切開出産は誰でもその可能性があります
・母体の血圧が急激に上がったとき
・赤ちゃんが下りてこないとき
・赤ちゃんが下りてきても子宮口が開かないとき
・出産前に胎盤がはがれて赤ちゃんに酸素がいかないとき
・双子や逆子など

何があるかわかりません
赤ちゃんをおなかの中で守っているお母さんに危険が伴うなら、もちろん赤ちゃんも危険です。また、お母さんはわからなくてもお腹の中で赤ちゃんが苦しんでいる場合だってあります。出産時は苦しいのはお母さんだけじゃないんです。同じように赤ちゃんも精いっぱいのエネルギーを使って生まれてきます。

■帝王切開術のメリット
帝王切開出産は赤ちゃんの安全が一番のメリットでもあります。帝王切開術後のお母さんは経膣分娩に比べ[子宮下垂、子宮脱、膀胱脱、直腸脱]といった骨盤臓器脱が経膣分娩にくらべ起こりにくいとされ、産後1年の尿失禁の頻度も低くなります。

予定された帝王切開は、入院、分娩、の退院目安がわかるので予定がたちやすいことや、経膣分娩で出産がトラウマとなってしまっていたり死産の経験などの出産に対する恐怖が強くなっている場合はそれを回避することで精神的にも負担を軽減できるのです。何より母子ともに安全である処置なのは間違いないですね。

お腹を痛めて産まないとお母さんになれないの?

どんなことが起こるか分からないのが出産です。どんな出産をしたか、どんな風に産まれた来たのかは一人一人がもった大切なエピソードです。自然分娩であっても帝王切開出産であっても、二つの命が懸った偉大な出産であることに変わりはありません。

お腹に宿ったその小さい存在を知った時から、すでに立派なお母さんです。そして長い10ヶ月間の間に大変な思いや辛い体調を乗り越えて大事に大事に育ててきた命です。ようやくこの世界に産まれてこれるまでになったとき、帝王切開出産はお母さんでしか成しえない事。母としての決断の第一歩でもあるんです。

赤ちゃんのお母さんはあなただけ。

産まれてきた赤ちゃんにとってはお母さんは世界中であなたしかいません。我が子の顔を始めて見たとき、大きくなり笑っている元気な姿を見たとき、泣いていても怒ってもうるさくても、たくさんご飯を食べてくれているときも。産んで本当に良かったと言う何にも変えられない幸せを感じます。

出産は大切なエピソードになります。これから大きな幸せをくれる赤ちゃんが何よりも無事に元気に産まれてきてくれるように、あなたらしい出産をしてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 帝王切開 分娩方法

この記事を書いた人

まゆみん

現在2人の男の子をもつ2児の母です。

現在仕事を辞めて子育て中心の日々です。
TV・新聞などでは暗いニュースがおおい中、不安を抱いてしまう状況になります...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【帝王切開術】リスクと出産費用は?傷跡は残る?赤ちゃんにはどんな影響が?