1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビーサインで赤ちゃんの気持ちを読み取ろう!

ベビーサインで赤ちゃんの気持ちを読み取ろう!

ベビーサインで赤ちゃんの気持ちを読み取ろう!のタイトル画像

「ベビーサイン」ってご存知ですか?聞いた事はあるけれど、よく知らないという方もいらっしゃるかもしれませんね。今回は「赤ちゃんの気持ちがわかる」というベビーサインについてまとめました。

ベビーサインとは?そのメリットは?

ベビーサインとは、手話のように手の動きを使って赤ちゃんとコミュニケーションをとる育児法です。1990年代にアメリカで始まり、日本では2000年以降普及し始めました。



メリットとしては

・赤ちゃんの気持ちがわかって親子の絆が深まる

・赤ちゃんの欲求がわかるので育児のストレスが軽減される

といった事があげられます。



他にもアメリカの研究では、ベビーサインをしていた子どもは語彙が豊富になるという報告もあるそうです。

ベビーサインで赤ちゃんの気持ちを読み取ろう!の画像1

いつから、どうやって始めたら良い?

ベビーサインは、お座りができて指さしが始まった頃から教えることができるそうです。一般社団法人日本ベビーサイン協会では、生後6ヶ月~1歳半をベビーサイン開始の適齢時期としています。



普段の語りかけに手の動き(サイン)を添えて見せてあげるようにすることで、赤ちゃんはだんだんとベビーサインを理解していくそうです。書籍やDVDなども出ているので、これらを参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。自分だけでは不安な方は、各地でベビーサイン教室もひらかれているようなので、近くに教室がないか調べてみても良いかもしれませんね。

一般社団法人日本ベビーサイン協会

ベビーサインで赤ちゃんの気持ちを読み取ろう!の画像2

泣くことも赤ちゃんからの「サイン」

少し話が変わりますが、ベビーサインを知らない赤ちゃんも、泣くことで一生懸命に何かを伝えようとしています。泣く理由として考えられるのは主に「お腹がすいた」「眠い(眠れない)」「気持ち悪い(おしっこ・うんちが出た)」ですが、これらの生理的欲求以外にも「さみしい」「かまって欲しい」という気持ちから泣くこともあります。泣くことも赤ちゃんからのサインだと考え、ぜひ敏感にキャッチしてあげてください。



慣れてくると泣き方やタイミングで泣いている理由がわかる、という方もいますが、どうしても理由がわからないこともありますよね。そのような場合は、抱っこをしたり声をかけたりしてスキンシップをとってあげると良いかもしれません。

まだしゃべることができない赤ちゃんとコミュニケーションをとることができるベビーサイン。赤ちゃんをもつママにとって、とても興味深い方法ですね。日常の語りかけの中で教えることが出来るので、少しずつなら赤ちゃんにとってもママにとっても大きな負担なく始められそうです。ぜひ赤ちゃんの「サイン」を受け取って、今しかできないコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 赤ちゃんとの遊び ベビーサイン

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビーサインで赤ちゃんの気持ちを読み取ろう!