1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめ

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめ

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめのタイトル画像

周囲に聞いてもみんなバラバラ・・トイレトレーニングっていったいいつ始めたらいいの?どんな方法がいいの?上手く行うコツは?・・疑問でいっぱいのお母さん!その不安を解消していきたいと思います。

目次 おむつはずしはいつから?
おむつはずしの時期を判断する3つの基準
おむつはずしの前に準備したらよいものは?
おむつはずしの流れ
おむつはずしに成功するための5つのコツ
早期トイレトレーニング
まとめ

おむつはずしはいつから?

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめの画像1

発達の早い子などは1歳から2歳の間におむつをはずしはじめるお母さんもいますが、基本的には2歳過ぎから3歳くらいの間に始めれば良いでしょう。あまり早く始めてしまうと、上手くできず、失敗してしまう可能性が高くなるため逆効果です。
特に夜のおむつはずしは昼間と違い、意識してコントロールができないので、できるようになるまで時間がかかります。なかには小学校くらいまで夜だけおむつがとれない子もいるので、ほかの子とくらべたりはせず、ゆっくりとその子一人一人にあったペースでしていきましょう。

トイレトレーニングは歩いたり、食事をしたりするのとは違い、人間特有の社会的な行為を教える第一歩です。本能的な行動ではなく、理性を使う行動であるからこそ、トイレトレーニングは子供との成長とあったタイミングで始めることとお母さんの適切なサポートがカギになっていきます。子どもの成長度をお母さんがしっかりと観察し、段位に見合ったトレーニングを進めていきましょう。

おむつはずしの時期を判断する3つの基準

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめの画像2

おむつ外す時期はその子それぞれ。お母さんもお子さんの成長のサインを見逃さないようにしましょう。


1.おしっこの間隔があいてきた
おしっこの間隔は、おむつを外す判断をする上でのとても重要なポイントです。理想の間隔は、3時間。あまり早く始めてしまうと、頻繁にトイレに連れて行かなくてはならないのでお母さんもヘトヘトになってしまいます。
3時間はあくまでも目安です。一週間ほど様子を見て平均して3時間くらいであればいいでしょう。

2.「ちっち」や「トイレ」の言葉が理解できるようになった
やはり言葉が理解できないうちは、トイレに連れて行っても、子どもは何をしていいのかわかりません。自分でおしっこやうんちをしたことを不快に思い教えてくれたり、トイレに興味を持ち出したら思い切ってはじめてみましょう。あまり興味を持たない時は、お母さんの方からトイレの本や歌を歌うなどしてもいいでしょう。子供が興味を持たないうちは、お母さんがいくらがんばってもなかなか進みません。まずは興味を持たせることから始めましょう。

3.朝おむつが濡れなくなった
朝起きた時にあまりおむつが濡れなくなったということは、膀胱がおしっこを溜めておくのに十分な大きさになったという証拠です。子どもによっては、なかなか夜のトイレトレーニングがうまくいかない場合もありますが、朝起きた時におむつが濡れてない日が数日あるようでしたら大丈夫でしょう。どうしても夜のおしっこが止まらないようでしたら昼間の間隔を基準に始めましょう。

おむつはずしの前に準備したらよいものは?

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめの画像3

おむつはずしを始める際に事前に準備をしておきましょう。いざ始めた時にあれもないこれもないではせっかくはじめたトレーニングが中断してしまい子供も混乱してしまいます。

<事前に準備するもの>

・おまる
これはトイレトレーニングを始めるにあたって必須ともいえるアイテムですが、大まかに分けて2種類あります。
足を広げてまたぐタイプと足を広げないタイプです。
どちらも赤ちゃん用品店で簡単に手に入りますが、足を広げるタイプは乗り物感覚で子供の興味を引きやすく、足を広げないタイプのものは持ち手がありいきみやすく、まだあまり慣れていない子でもうんちがしやすいのが特徴です。しかし、なかにはおまるを使いたがらない子供や種類によって嫌がる子もいます。あらかじめ下調べをしてお子さんの性格にあったものを選ぶといいでしょう。
また、カラフルなものやキャラクターもの、好きなキャラクターのポスターを前に貼るなどしてトイレの耳管が楽しくなるような工夫をしてもいいでしょう。

・トレーニングパンツ
布製のトレーニングパンツもしくは紙製のトレーニングパンツを用意しておくと良いでしょう。夜には夜用のトレーニングパンツを別に用意しておきましょう。トレーニングパンツは普通のおむつとくらべ、吸水性があるのに濡れた間隔がわかるのが特徴です。
もしトレーニングパンツにおしっこをしてしまっても、叱らず、そのままトイレに連れて行ってあげましょう。また、寝る時は念のために防水シートを敷いておいてあげましょう。

おむつはずしの流れ

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめの画像4

準備ができたら早速トレーニングを開始。段階を追って、ゆっくりと焦らずにやっていきましょう。

1.まずはトイレに興味を持たせることから始めましょう
おむつを替える時には必ず「おしっこでたね」など声をかけてあげるようにし、トイレに関するような絵本、歌などを見せてあげるのも効果的ですし、実際に家族がトイレに行く時に連れて行ってあげるのもいいでしょう。この時に、パペットなどを使ってズボンやパンツの上げ下げの練習もしておきましょう。


2.実際にトイレに連れて行ってみましょう
この時期は無理矢理トイレをさせるのではなく、朝起きてすぐなど決まった時間におまるや補助便座に座らせてあげましょう。まずは便座に座る感覚に慣れさせてあげることが大切です。座ることに慣れてきたら、尿意や便意がある時に連れて行ってあげます。あまり早く座らせるのではなく、本人がトイレに行きたいという感覚を教えます。くねくねしていたり、したそうな仕草をしたら連れて行ってあげましょう。

3.成功するようになってきたら
用をたすことに成功したらたくさん褒めましょう。このとき失敗してしまっても叱りつけず、「次はトイレでしようね」など優しく促してあげるようにしてあげることが大切です。成功する回数が増えてきたら、2時間おきくらいにトイレに誘ってあげましょう。
子どもがトイレに行くことに慣れてきて、きちんと尿意や便意を教えてくれるようになってきたら、トレーニングパンツを履かせてみましょう。また、家の中で9割以上成功するようになったら、外出時もトイレに行くように誘ってみましょう。

おむつはずしに成功するための5つのコツ

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめの画像5

コツを覚えて、ストレスを溜めることなくスムーズに進めていきましょう。

1.叱らない
初めてのトイレトレーニング。なかなかうまくいかないこともあり、お母さんもイライラしてしまうこともあるでしょう。しかし、叱りつけてしまうのは逆効果。トイレトレーニング中にお漏らしをしてしまうのは当たり前。そのためのお母さんも根気よくつきあってあげましょう。お漏らしをしてしまった時は、優しく次回はトイレに行くことを促してあげましょう。

2.成功したら褒める
少し漏れてしまっても、そのあときちんとトイレに行くことができたら褒めてあげましょう。この時、少し大げさなくらい褒めてあげるくらいがちょうどいいです。お気に入りのシールなどをご褒美にあげるのも効果的でしょう。

3.あまり長く座らせない
尿意や便意を教えるためにもあまり便座に長時間座らせないようにしましょう。特に冬場は便座も冷たいので子供も嫌がります。最長3分くらいで切り上げ、少し時間をあけてからまた誘ってみましょう。

4.脱ぎ着しやすい服装にする
あまり脱ぎ着がしにくい服装をしていると、せっかくトイレに誘うことに成功しても漏らしてしまうことがあります。男の子であればストレッチ性のあるズボン、女の子であればスカートを履かせてあげ、オーバーオールなどはさけるようにしましょう。

5.トイレの演出
トイレが楽しい時間になるように演出してみましょう。お気に入りのキャラクターのポスターを貼ったり、トイレの歌を歌いながら座らせてみるのもいいでしょう。

早期トイレトレーニング

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめの画像6

30年ほど前にはよくあった早期トイレトレーニング。メリット、デメリットは人によって感じ方は様々。早期トイレトレーニングをすることによって経済的負担の軽減や、おむつかぶれなど不快感からの解放などがあります。最近では紙おむつがとても安く、着け心地も快適になってきており、そこまで早く始める必要はないでしょう。

しかし、トイレトレーニングが始まると同時に、イヤイヤ期が重なるケースがあります。せっかくお母さんがトイレに誘っても、嫌がってトイレに行きたがらなかったり、おまるに座りたがらないことも。
といっても、子どもの成長段階にあわせてしていくのが今は主流。やはり、言葉の理解力がついていないうちは教える方も教えられる方も大変で、飲み込みにも時間がかかります。早期トイレトレーニングには経済的な利点など様々ですが、お母さんのストレスがたまらないよう、お子さんに見合った方法にしましょう。

まとめ

【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめの画像7

お子さんにとってのはじめての社会的行為になるトイレトレーニング。失敗もいっぱいするとは思いますが、お母さんは焦らず、ゆっくりと見守っていってあげることが大切です。また、兄弟などほかの家族のサポートも順調に進めていくうえでのカギとなります。お子さんの様子を日頃から観察し、タイミングを合わせて段階を踏んでスタートしましょう。今日は成功しても次の日は失敗ということもあります。しかし、気にせずお子さんがトイレについて少しずつ理解できるようにサポートしてあげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

てる

国際結婚をし、海外在住中の一児の母です。初めての子育て、しかも日本とは全く違う環境で日々悪戦苦闘中。
そんな中、日々発見した事や学んだ事を記事にし、皆さんに読...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【おむつはずし】オムツ外しはいつから?時期と方法・コツまとめ