1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもの「好き嫌い」どうやって克服する?我が家で実践している3つの方法

子どもの「好き嫌い」どうやって克服する?我が家で実践している3つの方法

子どもの「好き嫌い」どうやって克服する?我が家で実践している3つの方法のタイトル画像

我が子の「食べ物の好き嫌い」についての悩みは、ママ友との話題にあがることが多いテーマです。我が家では、娘の好き嫌い克服のために実践している方法がいくつかあります。悩んでいる方のご参考になればと思い、その中でも効果があった方法を3つご紹介します。


食べ物の好き嫌い、どうしよう?


3歳の娘は、ペロンとした食感の食べ物(キャベツやレタスなど)が苦手で食べてくれません。

また、意外に食べてくれないのがハンバーグやグラタンなど、多くの子どもが好きな食べ物です。

ご飯、魚、納豆、味噌汁、ブロッコリーを出すと食べてくれるのですが、さすがに朝昼晩3食すべてを同じメニューにすることはできない…。

わたしはどうやったら娘の好き嫌いが解決するか、ずっと頭を悩ませてきました。

我が家では今もいろいろな方法を試していますが、その中でも今回は、子どもの好き嫌い解決に効果があった方法を3つほどご紹介します。


1. 親子で一緒に料理をする

子どもの「好き嫌い」どうやって克服する?我が家で実践している3つの方法の画像1
pixta_61027999_S


1つめの方法はズバリ、親子で一緒に料理をすること。

これは定番ですが効果大!

ゆで卵の殻剥きや、餃子のあんを皮で包む作業などは、2歳くらいの子どもでもできます。

また、材料を混ぜる作業なら比較的小さい子どもでもできますよ。

3歳の娘は最近、火に気をつけながらも炒め物を始めました。

お父さんに自分が作ったものを紹介し、苦手な食材も楽しそうに食べてくれます。


2. 周りの大人が「おいしい!」と言って食べる

子どもの「好き嫌い」どうやって克服する?我が家で実践している3つの方法の画像2
pixta_49231229_S


子どもは、自分の嫌いな食べ物をお母さんが「おいしいおいしい」と言って食べている様子を見ると、自分も食べてみようかな?と思うようです。

この方法、我が家ではまだ実践途中です。

娘はけっこう頑固というか、割り切りが早い子なので「お母さん食べていいよ」と言われてしまいます。

周りの大人が「おいしい!」と言って食べることの効果は、子どもによってはまだ絶大とは言えないのかもしれません。

ですが、嫌いな食べ物を克服するには「食事の時間が楽しい」と子どもに感じてもらうこと、これが1番効果があると聞き、わたしはこの方法を続けています。

その効果なのか、最近の娘は食わず嫌いがなくなり、苦手なものでもまずは1口食べるようになってくれました。

また、娘みずからテレビを消し「一緒に食べよう」と誘ってくれることもあり、食事の時間を大切にする習慣がついたのは、この方法のおかげかなと感じています。


この記事を書いた人
山田みきの画像
山田みき

0歳と3歳の二児の母。エステティシャン・美容師。自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。エステ・ヘアメイク・着付け各種コ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どもの「好き嫌い」どうやって克服する?我が家で実践している3つの方法