1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの抱っことおんぶの仕方

赤ちゃんの抱っことおんぶの仕方

赤ちゃんの抱っことおんぶの仕方のタイトル画像

母乳やミルクをあげる時やあやす時など、赤ちゃんのお世話には抱っこが必要な場面がたくさんあります。でも、どのように抱っこしたら良いのか戸惑うパパやママもいらっしゃるかもしれません。今回は、そんな抱っことおんぶの仕方についてまとめてみました。

新生児のだっこ:まずは「横抱き」

新生児の場合は首がすわっていないので、だっこの時には首をしっかりとサポートしてあげることが大切です。この時期はまだおんぶは出来ませんので「横抱き」か「縦抱き」でだっこしてあげると良いでしょう。まずは「横抱き」の方法について簡単にご説明します。



①仰向けに寝ている赤ちゃんの首の後ろに片手(出来れば利き手と逆の手)を入れます。首を手の平でしっかりと支えながら、ゆっくりと頭を持ち上げます。

②もう片方の手(出来れば利き手)を赤ちゃんの足元からお尻の下に入れます。手の平を広げて、お尻~背中を支えます。

③両手で赤ちゃんをしっかりと支えながら、ゆっくりと自分の身体に引き寄せます。頭側の手を移動させ、自分肘の辺りに赤ちゃんの頭がくるようにします。



抱き上げる時は、赤ちゃんと自分の身体の距離を近づけてから行うと安心です。また、抱っこをしている時は両脇を締めた方が、力が分散せず疲れにくくなります。

赤ちゃんの抱っことおんぶの仕方の画像1

新生児のだっこ:次は「縦抱き」

生後間もない頃は「横抱き」がおすすめですが、抱っこに慣れてきたら「縦抱き」もしてみると良いでしょう。



①②は横抱きの方法と同じように行います。

③両手で赤ちゃんをしっかりと支え、少し前屈みになりながら自分の身体に引き寄せます。赤ちゃんの頭を自分の身体にくっつけますが、息ができるように顔は横を向かせます。

④そのまま自分の身体を起こします。



もちろん「横抱き」でも「縦抱き」でも、赤ちゃんの好みやパパやママがやりやすい方で抱っこしてあげれば大丈夫です。どちらの場合も、赤ちゃんの体重はお尻側にかかってきます。利き手がお尻側にくるようにすると良いでしょう。また、首がすわるまではしっかりと首を支えてあげることがポイントです。

赤ちゃんの首がすわってからのだっこ

赤ちゃんの多くは生後3〜5ヶ月で首がすわります。首がすわってからの抱っこの仕方もご紹介します。



■横抱きの方法

①片手(出来れば利き手と逆の手)を赤ちゃんの肩の下に入れ、少し持ち上げます。

②自分の身体に引き付けるようにして、上腕全体で赤ちゃんの肩~脇を支えるような形にします。

③もう片方の手(出来れば利き手)を赤ちゃんのお尻の下に入れ、手の平で包み込むようにして持ち上げます。

④両手でしっかりと支えながらゆっくりと抱き上げ、胸元に引き寄せます。



■縦抱きの方法

①②③は横抱きの方法と同じように行います。

④両手でしっかりと支えながら、赤ちゃんの上半身を起こすようにしながら抱き上げます。片手は赤ちゃんのお尻の下に、片手は赤ちゃんの背中を手の平全体で支えている状態です。



抱っこをする際、手の指はそろえずに大きく広げた方がしっかりと支えやすくなります。

「おんぶ」はおんぶ紐があると便利

おんぶはおんぶ紐がない出来ないという訳ではありませんが、おんぶ紐を使用した方が安心です。また、おんぶ紐を使えば赤ちゃんをあやしながら家事などを済ませることも出来るので、忙しいのに赤ちゃんのご機嫌がなかなか直らない!という時にも助かります。おんぶ紐には昔ながらの紐を前で結ぶタイプや、抱っこ紐と兼用になっていてリュックのように背負うタイプなどがあります。使用を開始できる時期も、新生児から使えるものや腰がすわってから使えるものなど様々です。使い方も製品によって異なるので、事前に説明書を良く読んでから使用しましょう。



赤ちゃんが小さいうちは、顔がちゃんと外に出ているか、鏡などで確認してあげると良いでしょう。また、だっこ紐と兼用の物など、赤ちゃんをおんぶ紐に固定してからリュックのように背負うタイプの場合、ソファーなどの少し高さがあって安全な場所で付けはずしを行うと比較的簡単です。

昔は「抱っこし過ぎると抱き癖がつく」といった考えもありましたが、最近では気にする必要はないという意見がほとんどのようです。あまり難しく考えず、親子のスキンシップとしてたくさん抱っこやおんぶをしてあげてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 しつけ・お世話

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの抱っことおんぶの仕方