1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 陣痛は筋トレと似ている?わたしの出産経験談

陣痛は筋トレと似ている?わたしの出産経験談

陣痛は筋トレと似ている?わたしの出産経験談のタイトル画像

はじめてのお産。不安もたくさんあったけれど、振り返ってみるといい思い出でした。陣痛はまるで筋トレのようだった…?そんなわたしの出産経験を綴ります。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030000305

はじめてのお産は、情報に惑わされまくり!

わたしにとってはじめてのお産は、いま振り返ってみるととても安産だったのだと思います。しかしその時は、なにせはじめてのことなので、産むまではそれが安産なのかどうか?など分からず、ただただ痛みに耐えていた…そんな記憶があります。

現代は情報社会。出産に関する不安があれば、簡単に検索できることが仇となり、過剰に調べすぎて頭でっかちになってしまっていました。「おしるし」、「破水」、「緊急帝王切開」などなど。情報が多すぎていろんな想像をしては不安になったり、大丈夫!と開き直ってみたり…今思えば気持ちがぐらぐらでした。そんなわたしのテンションの落差に付き合っていた夫には、本当に申し訳ないくらい日によって気持ちが上がったり下がったりしていました。

予定日はあくまで予定日。だけどそわそわ。

わたしは出産予定日が近づくにつれ、正産期に入っていたこともあってずっとそわそわしていました。予定日の2週間前に友人の結婚式があり、予定日当日には身内の結婚式もありました。ギリギリまで保留にさせてもらっていて、なおのこと落ち着かなかったです。しかし、予定日前日の健診で「産まれる気配はないから結婚式に出席してもいいよ」とのことで、予定日当日にも結婚式に出席していました。

結婚式ゲストの方々も、今日が出産予定日だと伝えるとみんなびっくり!でも、たくさんの人たちにおなかを撫でてもらえて、お産に対するイメージは明るいものに変わりました。結局、予定日を超過して3日後にお産を迎えます。

「陣痛時計」が大活躍!

わたしの場合、出産日までに前駆陣痛がありましたが、なにせ初めての経験なので本陣痛かどうかが分かりません。でもいざ本陣痛が来た時は、出産経験者が口を揃えて言う通り、「痛さ」が違いました。

わたしはスマホアプリの「陣痛時計」を使って、陣痛の間隔を計っていました。このアプリのおかげで、何分間隔で陣痛が来ているか把握することができたのです。明け方から陣痛が始まったので病院に電話して、出勤前だった夫と一緒に病院に向かいました。夫は入院の手続きをしてから出勤。しかし、病院に着いてからなんだか痛みが遠のき、わたしは「あれ?」と不安になってきました。

ただ、予定日を超過していることもあり、先生に刺激してもらうとぐんぐん痛みが戻ってきて、あっという間に陣痛が5分間隔に!陣痛はわたしが想像していたのと違って、ずーっと痛いわけではなく数分ごとに痛みがやってきました。痛み自体は1分以内におさまり、また来る…といった感じでした。

お産はまるで筋トレのよう!?

わたしは出勤した夫に連絡し、仕事を切り上げて病院に来てもらうことに。到着までの3時間弱、陣痛室で助産師さんと一緒に陣痛に耐えていました。本当になんともいえない痛みに襲われ、陣痛が来ている間は息もできないほど。前駆陣痛とは全然違いました。

そんな悶絶するような痛みの中でも、「陣痛時計」アプリを使用していました。わたしが使っていたものは、痛みがきたらスタートボタンを押し、そこからストップウォッチのように時間を計るもの。前述しましたが、陣痛は1分以内。わたしは痛みに耐えながらタイマーの数字をじーーーーっと見つめ、1分経過するのを、あと少し!あと少し!と思いながら耐えていました。

それはまるで筋トレのよう。けれど、痛みがいつまで続くのか見通しが立てられたぶん、頑張れたのだと思います。

ついに分娩室へ…!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 分娩方法 普通分娩

この記事を書いた人

tomoco

国際ホリスティックセラピーIHTA認定チャイルドボディセラピスト。
ベビーマッサージ普及活動をしています。
一児の母として家事と育児に奮闘中。
ママと子...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 陣痛は筋トレと似ている?わたしの出産経験談