1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊婦も市販の風邪薬を服用していいの?PL配合顆粒、漢方や葛根湯は?

妊婦も市販の風邪薬を服用していいの?PL配合顆粒、漢方や葛根湯は?

妊婦も市販の風邪薬を服用していいの?PL配合顆粒、漢方や葛根湯は?のタイトル画像

毎日寒い日が続きますね。風邪などは引いていませんか?身体には十分気をつけてくださいね。さて、そんな今回は妊婦は市販の風邪薬を服用してもよいのか検証していきたいと思います。漢方や葛根湯など薬の種類も様々ですが、どの薬を服用することが赤ちゃんにとって一番良いのでしょうか?正しい薬を正しい用法、用量で服用し、風邪をしっかりと治してくださいね。

目次 妊婦の風邪には迅速な対応を!
お腹の赤ちゃんへの影響
妊娠週数毎の赤ちゃんへの影響
薬の成分をしっかり確認、安全、危険な成分は?
漢方や葛根湯の服用も安全に服用すること
快適なマタニティライフを送るために

妊婦の風邪には迅速な対応を!

毎日手洗いやうがいなど予防は欠かさないのに風邪を引いてしまうこともあります。妊娠中はウイルスに対する免疫力が低下しているので、感染してしまう確率は高いです。

風邪を引いてしまったときは37度位までなら様子見でも大丈夫です。体をしっかり暖めて休みましょう。風邪のウイルスが胎盤を通じて赤ちゃんへの影響することはありませんが、妊娠中は免疫力が低下しており悪化がしやすく、また悪化してしまうと様々なリスクがあります。そうなる前に行動しておくことが大切です。どの科へ行くべきか迷うところですが、まず産婦人科に相談してみることをオススメします。

病院に行く目安としては、高熱、咳が続く、お腹が緩い、怠さを感じる、症状がなかなかよくならないなどのときは病院へ向かってください。二次感染予防のためにもマスクを着用して行きましょう。

ご自身の判断で市販の風邪薬を服用すると、お薬の種類によっては赤ちゃんに影響を与えることもありますのでオススメできません。体調の変化を感じられたら、無理をせず病院に行かれることが大切です。

お腹の赤ちゃんへの影響

妊婦も市販の風邪薬を服用していいの?PL配合顆粒、漢方や葛根湯は?の画像1

妊婦さんの発熱や咳などの風邪の症状は、お腹の赤ちゃんにどのような影響をもたらすのでしょうか。症状別に説明していきたいと思います。

【発熱】
37度程度でしたら2、3日休養をとれば回復することもありますが、38度を超えてしまうと体も怠さを感じたり、食欲や体力が著しく低下します。妊娠後期の方ですと子宮収縮が起こり切迫早産の危険もあります。さらに40度を越すと羊水の温度が高まり赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。赤ちゃんは熱を放射できないので、赤ちゃんの体内に熱が蓄積されてしまいます。この状態は赤ちゃんの心拍数を上げてしまうので非常に危険です。

【咳】
咳が直接お腹の赤ちゃんに影響を与えることはありません。咳によりお腹に負担がかかり、お腹が張りやすくなってしまいます。また咳をすることにより腹筋の部位に力が入るので、妊婦が咳をすることは赤ちゃんにとってよくないです。

また咳が過度に続くと、赤ちゃんに充分に酸素を送ってあげられない状態になります。この酸欠状態ですと、流産や奇形、脳障害などの症状を残すこともあります。こうなる前に至急病院で咳止めなどのお薬を処方してもらってください。

【下痢】
下痢も少々お腹が緩いかなという程度なら問題ありません。ですが、お腹に菌が入って痛みを伴うような激しい下痢や1日に何度も繰り返すような下痢ですと注意が必要です。このような場合には子宮の収縮に影響を及ぼし、早産や流産の原因ともなります。

【鼻水】
熱はなくても鼻水が詰まって辛いときもありますね。くしゃみや鼻づまりで充分な睡眠がとれないと、免疫力や自然治癒力が低下します。また、睡眠不足により母体にストレスがかかるのは赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があるので早めの対応が必要です。

妊娠週数毎の赤ちゃんへの影響

妊娠の週数によって、風邪の症状がもたらす赤ちゃんへの影響は変化するのでしょうか?同じく、症状別にみていきます。

【発熱】
妊娠初期は比較的体温が高いものです。発熱がおめでたのサインだったということもあるくらいです。この頃の発熱は、赤ちゃんへの影響はありません。お腹のなかは39度と高めです。また、つわりがひどいときに発熱などの怠さが加わるとさらに食欲が減るので母体に負担がかかります。この母体への負担は、赤ちゃんへの悪い影響にもつながります。無理をせず医師に相談しましょう。

妊娠中期の発熱は、1日2日で下がる微熱でしたら赤ちゃんに影響はありませんが、何日も続いてしまう38度以上の熱ですと羊水温が上昇してしまいます。赤ちゃんは熱を放出することが出来ず体内に熱を蓄積してしまうので、非常に危険です。

妊娠後期になりますと、38度以上の高熱が出ると子宮収縮したり切迫早産の危険性も高めますので、迅速な対応が必要です。

【咳】
妊娠初期の胎盤も咳が沢山出ると不安にもなりますね。もともと喘息をもっていない方でも妊娠初期の段階で喘息を発症することもあります。空咳が1カ月以上続いたりなど、症状がひどいと母体と共に赤ちゃんも酸素欠乏になります。赤ちゃんの身体機能が形成される妊娠初期のうちに咳は抑えておく事が大切です。

妊娠中期から妊娠後期に風邪などによる咳があるときも、症状がひどくなる前に咳を抑えるお薬を処方してもらって下さいね。咳を放置し続けると、腹圧がかかり、奇形児や脳障害のリスクのほか、流産の危険性もあがってしまいます。

【下痢】
妊娠初期は安静にして回復していくようであれば問題はありません。ですが、不正出血があれば流産の可能性も考えられますので、病院に問い合わせましょう。

妊娠中期に下痢によりお腹の張りが強くなったりすると、子宮口を開きやすくなります。妊娠後期も同様に、お腹の張りと子宮口が開いていないか調べてもらうのをオススメします。

下痢のイメージは流産、早産のイメージが強いですが、症状が軽ければ問題はありません。1日何度も繰り返したり、水のような便が数日続く、嘔吐や腹痛を伴う場合には子宮の収縮にに影響を及ぼします。流産や早産の原因ともなりますので、症状がひどくなる前にきちんと対応することが大切です。

薬の成分をしっかり確認、安全、危険な成分は?

妊婦も市販の風邪薬を服用していいの?PL配合顆粒、漢方や葛根湯は?の画像2

妊娠中はできるだけお薬は避けたいものですよね。ですが、どうしてもお薬に頼らなければならないときもあります。自己判断でお薬を飲んで赤ちゃんに影響を与えてしまうと大変です。しっかりと確認することが必要ですね。

妊娠中避けたい成分は抗菌薬、抗ウイルス剤(リバビリンキニーネ、アミノグリコシド系、テトラサイクリン)です。

また頭痛薬に含まれるアスピリン(バファリンなどに含まれます。)、イブプロフェンを主成分とした頭痛薬でイブ、バファリンルナは避けた方がいいです。アセトアメノフェン(ノーシンやタイレノールに含まれる。)は比較的大丈夫ですが、妊娠後期になりますと、赤ちゃんの動脈管収縮に影響しますので服用は避けて下さい。

妊娠初期の特に4週目以降は赤ちゃんの身体や臓器が形成される大事な時期です。お薬も最も影響するときですので、しっかりと確認が必要です。全てのお薬が影響するわけではありません。

ですが、「お薬を服用していたけど実は妊娠していた!」という経験された方もいらっしゃいます。例えば、アスピリン、エテンザミド、アセトアメノフェンなどをの成分を服用されていても、元気な赤ちゃんを出産されている方もいます。

一般的な風邪薬にはPL顆粒がありますが、解熱や鎮痛の効果があり、サルチルアミド、抗ヒスタミン、プロメタジン、カフェインなどが含まれます。これらも比較的安全です。咳などの症状には去痰薬や鎮咳薬、鼻水には抗ヒスタミン薬がつかわれます。赤ちゃんへの影響を最小限に抑えてはいますが、長期服用される場合はしっかり医師と相談されるのをオススメします。

漢方や葛根湯の服用も安全に服用すること

妊娠中は免疫力が低下していることもあり、普段より気を遣っていても病気になってしまうこともあります。風邪を引いてしまっても、副作用や赤ちゃんへの影響を考えると、できるだけお薬は避けたいと考える方も少なくはありません。

漢方の服用は赤ちゃんへの影響がないので、病院でも処方しているところが多くあります。また漢方には未病を治すという考えのもとに病気になる前に自己免疫力で事前に修復する効果があります。

また葛根湯も副作用がなく自然由来成分の生薬をブレンドして作られていますので、安心安全です。葛根湯には発散作用と発汗作用があり、体の熱を上げることにより風邪によるウイルスを弱めます。発熱前に効果があるものですので、発熱後ですと効果は弱まります。タイミング重視なわけですが、穏やかに病状へのサポートをしてくれるのと、副作用がないことから常用されてます。

ですがごく稀に食欲減退、嘔吐などの症状になることもありますので、医師との相談が必要です。
副作用がないからと自己判断での服用はオススメはできません。全てが赤ちゃんへの影響が全くないわけではありませんので、充分に確認する必要があります。

快適なマタニティライフを送るために

妊婦も市販の風邪薬を服用していいの?PL配合顆粒、漢方や葛根湯は?の画像3

快適なマタニティライフのためにも病気にはかかりたくないですよね。また、ご自身だけでなく、赤ちゃんへの影響もあると思うと心配にもなります。

風邪などの症状でもお薬を飲めば楽になれるかな?でも赤ちゃんへの影響を考えると抵抗があったりと、妊婦さんは色んなことに気をつかわれますね。お薬も多種多様にありますので全てが影響を及ぼすものではありません。症状が悪化する前に事前に確認して安心して治療に臨んでもらえるのをオススメします。ここでお届けしたことが皆様の参考になればと思います。

妊娠中は免疫力が下がりますが、どうか風邪など引かれませんように予防をしっかりして、大事な赤ちゃんの為にも素敵なマタニティライフを送ってもらえればと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠中の生活 妊娠 妊娠中のサプリ・薬

この記事を書いた人

みっふぃー

始めたばかりですがどうぞよろしくお願いします。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊婦も市販の風邪薬を服用していいの?PL配合顆粒、漢方や葛根湯は?