1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの正しい抱っこの仕方

赤ちゃんの正しい抱っこの仕方

赤ちゃんの正しい抱っこの仕方のタイトル画像

首がすわっていない小さな赤ちゃんを抱っこするのは最初は誰でも緊張してしまうもの。だからと言ってガチガチの体勢で抱っこをしてしまうと、赤ちゃんも居心地が悪くて泣いてしまう事も。しっかり抱っこの仕方をマスターして愛情をたっぷり伝えましょう。

新生児から使える基本の横抱きの方法

新生児や首がすわっていない赤ちゃんを抱っこする場合は、赤ちゃんの首のサポートをしてあげる事が大切。また、お尻を支えることによって全体重をサポートする事になるので、お尻側には力が入りやすい利き手を持ってくるのがオススメです。今回は利き手が右手であるという前提で抱っこの仕方を説明をしていきます。



①赤ちゃんを仰向けに寝かし、赤ちゃんの首の右側からママの左手をゆっくりと通して腕に頭をのせる。

②そのまま少し持ち上げ、今度は赤ちゃんのお尻の左側からママの右手を通し、そのまま優しく持ち上げる。

③ママの左腕でしっかりと頭と首、右手でお尻と腿を包み込むように抱っこすれば、横抱きの体勢が出来上がり。



左利きのママの場合は、それぞれを反対の手に置き換えて試してみてください。

赤ちゃんの正しい抱っこの仕方の画像1

色んなシーンで使える赤ちゃんの縦抱き

基本は横抱きスタイルの赤ちゃんも、授乳時やゲップをさせる時、横抱きでなかなか機嫌が悪かったり泣き止まない時など、縦抱きが使えるシーンが数多くあります。横抱きに比べると難しく感じますが、首とお尻付近のサポートにさえ気をつければとっても簡単ですので是非マスターしてください。



①横抱きの方法①と同様の動きを行いますが、首を支えている腕を少しづつずらして手で首を支えるようにする。

②しっかりと両手で首とお尻を押さえ、赤ちゃんを縦にしながらママの体へ引き寄せる。

③赤ちゃんの顔をママの利き手ではない方の肩に載せるようにし、手は首とお尻から離さず優しく包み込む。



やはりお尻は利き腕で支えた方が、比較的楽に抱っこができます。

赤ちゃんの正しい抱っこの仕方の画像2

抱っこはママと赤ちゃんのスキンシップ

言葉が話せない赤ちゃんでも、ママから抱っこをしてもらうスキンシップによって愛情や安心感を感じる事ができ、より濃密な母子関係が生まれます。たくさん抱っこをしてもらうことによって感じる優しさや温もりは、成長と共に他者を信頼したり安心感を得るなどの人格に大きくかかわってくる大切な行為なのです。



以前は頻繁に抱っこをすると抱き癖がつくから良くないと言われていた時期もありましたが、研究の結果、抱っこして欲しいという欲求を叶えられずに育った赤ちゃんは、攻撃的になったり、引きこもりになったり、感情を出さない性格になったりする可能性がある事も分かってきています。抱き癖がつくことを気にしすぎず、たっぷり抱っこをして愛情を伝えてあげるとよいでしょう。

このように抱っこはママと赤ちゃんの大切なコミュニケーションでもあります。忙しくて手が離せないような時でも可能な限り、泣きだした時にはすぐに駆けつけて優しく抱きかかえてあげましょうね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの正しい抱っこの仕方