1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. どう使い分けていますか?「添い寝」と「ひとり寝」から親子の睡眠スタイルを考えよう

どう使い分けていますか?「添い寝」と「ひとり寝」から親子の睡眠スタイルを考えよう

どう使い分けていますか?「添い寝」と「ひとり寝」から親子の睡眠スタイルを考えようのタイトル画像

日本では、ママと添い寝をする赤ちゃんは珍しくありません。一方で、欧米では、小さい時期からひとり寝をさせることが多い、とよく聞きます。赤ちゃんが寝るときのスタイルは、添い寝とひとり寝、どちらを選択するのがよいのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ひとり寝の場合のメリット・デメリット

ひとり寝と、添い寝どちらが良いのか、一つずつご紹介していきたいと思います。まずは、ひとり寝について。

赤ちゃんを早い段階からひとり寝に慣らしていくと、1日の中の昼と夜との違い、生活リズムを獲得し、夜は眠るものと習慣づけられます。赤ちゃんもママもお互いにぐっすり眠れるのがメリットです。そのため、完全にひとり寝となってからは、ママは体力の消耗や夜泣きの悩みが少なくてすみます。自分の時間を作ることも可能です。

しかし、いきなり赤ちゃんをひとり寝にさせて、うまくいくわけではなく、徐々にトレーニングをする必要があります。ひとり寝に慣れないうちは、当然赤ちゃんが夜泣きをする場合もあり、ママがそばにいない不安から、余計夜泣きが激しくなることもあります。

また、欧米で多い別室でのひとり寝は、モニターを設置した部屋での睡眠が多いのです。その設備がなければ、赤ちゃんの変化に気づきにくく、体調の異常があっても、対応が遅れてしまう可能性があります。

どう使い分けていますか?「添い寝」と「ひとり寝」から親子の睡眠スタイルを考えようの画像1

添い寝の場合のメリット・デメリット

添い寝のメリットは、まず赤ちゃんが安心感を得られやすいということ。お腹の中にいるときから親しんできたママの声やスキンシップによって、赤ちゃんは安心した気持ちで眠りに入ることができます。母乳育児の場合は、ママは夜中の授乳にもわざわざ起き出す必要がありません。

また、赤ちゃんの小さな異常にも速やかに対処することが可能です。

添い寝にもデメリットがあり、注意すべき点があります。パパママがベッドを使用しているなら、赤ちゃんも当然同じベッドですから、転落することのないよう対策が必要です。

ママがあまりにデリケートだと、赤ちゃんの動き一つひとつに目が覚めてしまい、熟睡できないこともあります。逆に熟睡しすぎると、無意識に赤ちゃんの身体を圧迫してしまうこと、場合によっては窒息させてしまう危険性もあり得るのです。

ママとパパの間に挟むかたちで寝ない。パパが飲酒している時は感覚が鈍くなるため一緒に寝ない。など、取り除ける危険は排除しておきましょう。

ママや赤ちゃんの状態で、柔軟に

ひとり寝が主流と考えられがちなアメリカでも、シアーズ博士が提唱したアタッチメント・ペアレンティングという考え方から、添い寝をする家庭が次第に増えてきています。

一方で、添い寝は乳幼児突然死症候群(SISD)のリスクを高める、という指摘がされています。SIDSで亡くなった赤ちゃんは、心拍数、呼吸の状態が、添い寝の環境に符号すると言われていますが、直接の原因ははっきりしていません。

これらはいずれもSIDSの直接の原因ではありませんので、必要以上に不安に思う必要は有りません。日頃の子育てを再確認していただき、あとはおおらかな気持ちで子育てをしましょう。

赤ちゃんの寝かせ方にそれぞれ家庭の方針や希望はあっても、ママや赤ちゃんの負担が大きいようなら見直すことも必要です。住宅の環境や赤ちゃんの睡眠の様子、ママの体調など、さまざまなことを総合して選択するのがよいでしょう。

どう使い分けていますか?「添い寝」と「ひとり寝」から親子の睡眠スタイルを考えようの画像2

ひとり寝、添い寝それぞれにメリット・デメリットはあり、どちらでなければいけない、ということはありません。
早くから夜もぐっすり眠る赤ちゃん、ママのそばが安心できる赤ちゃん、と個性もさまざまです。

どちらにすべき、とこだわらず、ママや赤ちゃんが快適に眠れる生活を送れるとよいですね。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

yumiK

2人の男の子の母。おむつはずしの日々もおねしょに悩んだことも、笑って話せる思い出になってきました!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. どう使い分けていますか?「添い寝」と「ひとり寝」から親子の睡眠スタイルを考えよう