1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 補助輪なし自転車トレーニング、どうやって始める?練習方法とコツを徹底紹介!

補助輪なし自転車トレーニング、どうやって始める?練習方法とコツを徹底紹介!

補助輪なし自転車トレーニング、どうやって始める?練習方法とコツを徹底紹介!のタイトル画像

小さいこどもがいる親には、きっと通る道である「補助輪なし自転車のトレーニング」。
我が家ではこうしたら乗れるようになったという体験談をふまえて、トレーニング方法や、乗れるようになるためのおすすめの道具を紹介します。

どうやって始めるの?補助輪なし自転車の練習方法!

幼い時は、三輪車や補助輪のついた自転車で一緒に散歩したり、公園でこどもが遊んでいるのを安心しながら見ていられますね。しかし、補助輪のついた自転車にも慣れ、そろそろ補助輪をはずしてもいいかな?と思うときに、
どうやって教えたらいいんだろう?と悩む方は多いと思います。
いくつかのステップを説明しながら、我が子の体験も踏まえて紹介するので、みなさんのお子様が練習するときの参考になればと思います。

[STEP1]子どもに自転車を好きになってもらう!

補助輪なしの自転車トレーニングを始める前に、大切なことは「子どもに自転車を好きになってもらう」ということです。
まずは、子どもに自転車を好きになってもらうための3つのポイントを紹介します。

1.補助輪ありの自転車に乗れたことをほめる
自転車が嫌いだとどうしても意欲がわかないですよね。自転車を好きになってもらうために、まずは補助輪ありの自転車に乗れたときに褒めてあげる!これはすごく大事だと思います。

今の時代によく言われる、自己肯定感だと思うのですが、大人がほめてあげることで、「私、僕はこんなふうにかっこよく乗れるんだ!」と子どもの自信につながります。

2.子どもの好きなタイプの自転車を選ぶ
子どもの自転車を購入するときに、できるだけ子どもに好きなタイプの自転車にするということもおすすめです。
我が家の場合、予算の関係でいくつかの自転車に絞った上で、我が子の好きなタイプの自転車を選んだので、「俺の自転車かっこいいでしょ?」と自慢げに言っていて、早く乗りたいという気持ちをわかせることができました。

3.1人で乗れるようになりたい気持ちを高める
これも我が家の話ですが、車に乗っている時に、道路で上手に自転車に乗っている子どもを見かけたら、「見てみて!練習をしたらあんなに上手にのれるようになるんだね~」などと声をかけて、自転車に一人で乗れるんだ!という意識を高めるようにしています。

[STEP2]地面を足で蹴って前に進む練習から始める!

補助輪なしで自転車に乗りたいという子どもの気持ちが出てきたら、いよいよ練習開始です。

トレーニングの1番最初は、補助輪のついた自転車で、足で蹴って勢いをつけて前に進むという練習をします。
足で蹴ることで勢いがつくので、その勢いの時にペダルに上手に足をのせてこぐということを体で覚えさせるといいと思います。


ここでおすすめの練習道具を一つ紹介します。
足で蹴って勢いをつけるという動作ができるのは、ストライダーという乗り物です。色々なママ友達がおすすめしていたので、我が家でもストライダーを購入してみました。

補助輪なし自転車の練習にぴったりな「ストライダー」とは?

今では知ってる方も多いと思いますが、ストライダーとはペダルがない二輪車で、足で地面を蹴って進みます。最近は、公園などでストライダーに乗っている子どもを多く見かけますね。

補助輪なし自転車トレーニング、どうやって始める?練習方法とコツを徹底紹介!の画像1

ストライダー公式ページ

我が家は、公園でこのストライダーに乗る練習をしました。

足で蹴って、足を浮かせたり、足をのせるところにのせながら、前に進むという動きをマスターさせます。このストライダーは、ペダルでこぐのではなく、足で蹴って動くので足がついているという安心感もあるし、座る部分が低くできるので、2歳の小さいこどもでも練習すれば簡単に前に進むことができるようになりますよ。

[STEP3]まっすぐ走る練習をする!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子どもの成長・発達 身体能力の発達

この記事を書いた人

♡MIN♡

愛知県に住んでいる♡MIN♡です♪
7歳の娘、4歳の息子がいます。
自分の性格を一言で表すと、「THEミーハー」とはっきり言えるほど、いろいろなことに興味が...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 補助輪なし自転車トレーニング、どうやって始める?練習方法とコツを徹底紹介!