1. >
  2. >
  3. >
  4. 1~2歳の幼児時期に具合が悪くなったら!?病気の時の食事はどうする?

1~2歳の幼児時期に具合が悪くなったら!?病気の時の食事はどうする?

1~2歳の幼児時期に具合が悪くなったら!?病気の時の食事はどうする?のタイトル画像

子どもが病気になると、食欲が落ちることもあり、ママはとても心配になります。幼児時期(1~2歳)の病気の時の食事の注意点はどのようなものでしょうか。避けるべき献立と望ましい献立例をご紹介します。

具合が悪い?もしかして病気かも・・・

子どもが突然元気がなくなったり、笑顔が少なくなったり…もしかして、病気かも?と心配になることはありませんか?
もちろん、病気にによって、食欲もなくなってしまうことがあります。
さらに、自分で水分を取ることができなくなると、脱水症状に陥る場合もあるので危険です。

子どもが病気の時に、ママがしてあげられることはなんでしょう?
看病してあげることはもちろんですが、元気になるような食事を作ってあげることも大切なのではないでしょうか。

今回は病気の時におすすめのメニューをご紹介したいと思います。

1~2歳の幼児時期に具合が悪くなったら!?病気の時の食事はどうする?の画像1

病気の時に望ましい献立の例

病気になると、固形物が噛みにくくなったり、飲み込みにくくなったりします。風邪を引いた時などは、おかゆにしてあげましょう。おかゆは飲み込みやすく、消化もよいのでおすすめです。おかゆに消化のよい食材を混ぜてあげると栄養がつきます。加える際は細かく刻んで入れてあげるとよいでしょう。

お腹の調子が悪い時や便がゆるい時は、人参をすりおろして混ぜてあげると便が固まりやすくなりますよ。

そのほかの献立としては、野菜をやわらかく煮込んだスープがおすすめです。野菜スープは栄養満点ですし、水分や塩分も補うことができます。

また、麺類が好きな子どもには、うどんやそうめんを柔らかく煮てあげるとよいでしょう。卵アレルギーのない子どもには、卵を入れてあげると栄養がつきます。デザートには、りんごをすりおろしたものやバニラのアイスクリームなどがさっぱりして食べやすいようです。

病気の時に避けるべき献立の例

反対に、子どもが病気の時に避けるべき献立はどのようなものがあるのでしょう。
繊維が多く消化の悪いものや、胃に負担のかかる脂を多く含むようなものは与えてはいけません。

ごぼうやれんこん、きのこを使ったおかずや、カレーライス、シチュー、ハンバーガーなどはNGです。
子どもが食べたがって与えてしまうと、吐いてしまうことがあります。

また、お腹が下っている時は、みかんやグレープフルーツなどのかんきつ類や乳製品、アイスクリームなどの冷たい食べ物は、症状が悪化してしまうので避けましょう。

薬を嫌がって飲んでくれない時は

子どもは薬を飲むのが苦手です。お湯で溶かして飲んでくれる子どもも中にはいますが、大抵の子どもはなかなか飲んでくれずママは困っているはずです。

そんな時は、デザートのアイスクリームに混ぜたり、りんごジュースに混ぜたりして飲ませてあげましょう。抗生物質の薬は苦いので、チョコレートアイスがおすすめです。

薬によっては、別の食材と混ぜることで味がおいしくなくなったり、苦みが増したりすることもありますので、薬を処方してもらう時に、薬剤師さんに確認するとよいでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

nabekko

2歳と4歳の子育て真っ最中の30代ママライターです!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 1~2歳の幼児時期に具合が悪くなったら!?病気の時の食事はどうする?