この3つの言葉は、子どもが生まれてから私がつらかった局面を支えてくれました。

いずれの言葉も、その時の状況によっては受け止めきれなかったかもしれませんが、きっと保育園の先生は、当時の私にぴったりの言葉を選んでかけてくれたのだと思います。

今でも、我が子を育て、私を支えてくれた保育士の先生には頭が上がりません。

みなさんにも、つらかった時期に支えてくれた言葉はありますか?