1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんがぐっすり寝てくれる!?話題のクッション「おやすみたまご」の効果やいかに!

赤ちゃんがぐっすり寝てくれる!?話題のクッション「おやすみたまご」の効果やいかに!

赤ちゃんがぐっすり寝てくれる!?話題のクッション「おやすみたまご」の効果やいかに!のタイトル画像

「おやすみたまご」は、新生児がぐっすり寝てくれると評判のクッションです。中にはマイクロビーズが入っていて、赤ちゃんがママのお腹の中にいたときのような姿勢に保ってくれるため安心して寝てくれるというのです。おやすみたまごのおすすめポイントや効果・使用した感想をご紹介します。

「おやすみたまご」ってどんな効果があるの?

おやすみたまごは、背中を赤ちゃんの安心するCカーブに保ってくれる、ビーズクッションです。
抱っこしてミルクを飲ませ、その後ベビーベッドに置こうとした瞬間スイッチが入ったように泣き出すという赤ちゃんが多く、日ごろから24時間赤ちゃんのお世話で疲れきっているパパママは大変です。おやすみたまごに赤ちゃんを置いたまま、ママも寝転がって授乳ができ、そのままの姿勢で寝てくれやすいというベッドのような、クッションのような商品です。

赤ちゃんはママのお腹の中にいるとき、羊水の中で無重力状態で体を丸めており、背中をCカーブに曲げています。そのためこの姿勢をしていると、赤ちゃんは安心して穏やかな気持になれるそうです。おやすみたまごはやわらかいビーズクッションでこの状態を再現しています。

人に勧められて懐疑的でしたが、一個だけ購入。これに寝かしつけた途端、ぐっすりねんね。抱っこから降ろしても全然大丈夫!ホントに助かっています。子供が大きくなってサイズアウトしてしまったら大人の昼寝枕にも使えます(時々今でも使ってます)いつまで使えるかまだ分からないですが、寝かしつけの背中スイッチオンに困っているママにはおすすめしたいです。

おやすみたまごのおすすめポイント

おやすみたまごは、「ひよこクラブ」でなんと、寝かしつけ神アイテムに選ばれています。赤ちゃんを安心する姿勢にできるというだけでなく、ミルクの吐き戻しを防いでくれるという効果もあります。形をかえられるビーズクッションなので、頭を高くして、足元を低くするように形成するとミルクの後寝かせるときでも吐きにくくなり、さらにゲップもでやすくなります。

また、赤ちゃんを置いた部分が沈み込んで、クッションにすっぽりくるまれるような状態になるため保温性がいいのもおすすめポイントの一つです。新生児の時期が冬の赤ちゃんにはとくにおすすめできます。

さらに、カバーを外して洗えるのも、赤ちゃんに用品として優れているポイントです。

実際使用した人の感想

実際使用した人の感想は、おおむね好評でした。おやすみたまごを使うとベッドよりよく寝てくれる、夜泣きに悩まされなくなったという感想も見られます。

保温性がいいのですが、逆に夏は熱がこもって赤ちゃんが汗をかいてしまうという意見もありました。そのためカバーの中に保冷剤を入れて使っているというママもいました。新生児のサイズなため、8ヶ月くらいになるとはみ出るようになってしまうのがもったいないという親御さんも何人か見られました。

ぐずってしまったときは無理ですが、だいたいこれに寝かすといつの間にか寝てくれます。
いつも授乳後げっぷを出させるために縦だっこやお座りなどいろいろと15~20分悪戦苦闘。。それでも出ないときはこちらに寝かせることにしています。
ただやはり背中がむれやすいですね。これからの季節は工夫が必要かもしれませんね。

いかがでしたか?すべての赤ちゃんに効果があるというわけではなく、熱がこもるなど問題点もあるようですが、泣いてばかりでなかなか寝てくれない赤ちゃんのお世話にヘトヘトになっているパパママは、試してみる価値があるかもしれませんね!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 キッズ用品

この記事を書いた人

ririyo

やんちゃボーイとおませガール!楽しく子育てしています。
毎日見ていても子どもの成長にびっくり!子どもの頃だからこそできる体験をさせてあげたい。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんがぐっすり寝てくれる!?話題のクッション「おやすみたまご」の効果やいかに!