1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの口臭、これって病気?原因・治療法・予防法は?

子どもの口臭、これって病気?原因・治療法・予防法は?

子どもの口臭、これって病気?原因・治療法・予防法は?のタイトル画像

子どもの口臭が気になっている親御さんは数多くいらっしゃるのではないでしょうか?
子どもの口臭は自宅で治すことができるものから、病院に行く必要があるものまで様々な原因があります。
今回は、その原因と治し方、予防法などを紹介します。

目次 子どもの口が臭い!こんな症状はないですか?
あなたの子どもは大丈夫?考えられる5つの原因
原因別の子どもの口臭の治し方
臭くなる前にやろう!効果的な口臭予防対策5選
「どうしても臭いが治まらない…」心配ならお医者さんへ
子どもの体調の変化に気づこう

子どもの口が臭い!こんな症状はないですか?

口臭がするのは大人だけだと思っていたら、ある日突然子どもから口臭が...。そんな経験はありませんか?子どもから口臭がしたら「病気なんじゃないか」と心配する方も多いと思いますが、必ずしも病気が原因とは限りません。

まず「どんなにおいなのか」「どのくらい続いているのか」をしっかりチェックしてから原因を見つけましょう。にんにくやネギなど食べたもののにおいであれば心配ありません。便のにおいや、生臭いにおいなど、いつもと違うと感じたら様々な原因が考えられます。

子どもの口臭は大きく分けて2つの要因があります。まず、食べものや飲みものによる口臭を「生理的口臭」と言います。磨き残しや舌の汚れも、この生理的口臭と言えます。次に虫歯や口呼吸、鼻づまりによる口臭は「病的口臭」と言います。他にも胃腸が弱っていたり、免疫力が低下しているときもこの病的口臭が原因です。

子どもの口臭が、病的口臭による場合は、注意が必要なこともありますので、口臭が気になったときは原因を探り、正しい対処をしましょう。

あなたの子どもは大丈夫?考えられる5つの原因

■口のケア不足 
歯磨きがちゃんとできていないと、食べカスが歯と歯の間に詰まったままになり、口臭が発生します。そのままにしておくと虫歯や歯周病の原因になるので、小児歯科で歯垢を取り除いてもらい、歯科衛生士さんに正しい磨き方を教えてもらいましょう。歯磨き中に出血していたら、歯周病の一歩手前の可能性があるので要注意です。早めに歯医者さんに相談しましょう。

■口呼吸
口呼吸をすると口の中が乾燥し、唾液の分泌が少なるため口臭が発生します。唾液には殺菌作用があり、口の中で細菌が繁殖するのを防ぐ働きがあるので、とても重要な役割をしています。そのため唾液が少なくなる口呼吸は、虫歯になりやすく、口臭の原因となります。

■鼻づまり
鼻がつまると口呼吸になるため、口の中が乾燥し、口臭が発生します。また、慢性的な鼻づまりの場合、蓄膿症の可能性があります。蓄膿症は鼻にバイ菌が混入し、それが膿となり鼻の奥に溜まっていく病気です。その溜まった膿が口臭の原因になるので、早めに耳鼻科を受診しましょう。

■胃腸のはたらき低下
口のケア不足や口呼吸が原因でない場合、胃腸が弱っている可能性があります。おなかの調子が悪いと腸内に溜まったガスが、血管から肺を経由して、息ににおいが混じることがあります。また、消化不良や便秘の場合も口臭が強くなるので、ひどいときは小児科で診てもらいましょう。

■免疫力の低下
免疫力が低下すると、口の中の細菌が増えて口臭がきつくなります。風邪で熱が出てる場合は、水分不足で唾液の分泌量が減り、口臭が発生します。また子どもは新陳代謝が活発なため、風邪をひくと舌の奥に苔が溜まりやすくなり、その苔が原因で口臭になる場合もあります。

原因別の子どもの口臭の治し方

1.しっかり歯磨きをする
口のケア不足が原因の場合、歯磨きを丁寧にすることで口臭を減らすことができます。子どもは磨き残しが多いため、歯垢が溜まりやすくなるので、お母さんが最後にチェックしながら仕上げをしてあげましょう。それでも口臭が治らない場合は、小児歯科に行き、歯垢を取ってもらうと良いでしょう。

2.鼻呼吸にする
口呼吸による口臭は、鼻呼吸に直してあげることが一番です。鼻づまりが原因で口呼吸になっている場合は、鼻づまりを解消してあげましょう。口呼吸が癖になっている場合は、口の周りの筋肉を鍛えるトレーニングをすると良いでしょう。

ガムを噛んだり、おしゃぶりをくわえて生活するとトレーニングになります。また、口の中の乾燥を防ぐため、水分補給をすることも効果的です。

3.鼻づまりを防ぐ
自宅でできる治し方としては、こまめに鼻水を取ってあげたり、部屋を加湿したりして鼻づまりを防ぐことです。しかし鼻づまりによる口臭は、鼻の奥に膿が溜まっている可能性が高いため耳鼻科を受診した方が良いでしょう。放っておくと蓄膿症になり、悪化すると手術が必要になることもあるので、早めの受診が肝心です。

4.胃腸のはたらきを高める
胃腸のはたらきが低下している場合は、おなかをマッサージしてあげたり、体を動かす時間を増やしてあげましょう。水分をこまめに取ったり、食物繊維の多い食事を心がけることも大切です。便秘と口臭が続く場合は、小児科の先生に相談しましょう。

5.免疫力を高める
風邪をひいてる場合は、しっかり休養を取り、こまめに水分補給をしましょう。免疫力を高めるために、適度な運動やバランスの良い食事を取るようにすると良いでしょう。また、舌の苔が原因の場合は、舌専用のブラシや、清潔なガーゼで優しく拭き取ってあげましょう。歯ブラシなどでゴシゴシ磨くと苔が取れ過ぎ、口が渇くので注意してください。

臭くなる前にやろう!効果的な口臭予防対策5選

1.歯磨きの習慣づけ
毎日きちんと歯磨きができていれば虫歯になりにくく、歯垢も溜まらないため、口臭を防ぐことができます。歯磨きは毎食後とおやつのあとにすることが理想ですが、最低でも朝食・夕食後の歯磨きは習慣づけましょう。

幼児期はお母さんが磨いてあげますが、自分で磨けるようになると子ども任せになりがちです。子どもは思ったより磨き残しが多いのでお母さんが仕上げをしてあげると良いでしょう。寝る前にマウスウォッシュを利用するのも効果的です。

2.唾液を出す
口の中が乾燥すると、口臭が発生します。唾液は食後3時間経つと減少します。そのタイミングで水分補給をしたり、ガムを噛んだりをすると、口の中の乾燥を防ぐことができます。

3.舌の掃除
意外と忘れがちなのが舌の掃除です。舌を掃除しないと苔が溜まり、口臭が発生するので、舌専用のブラシなどでやさしくなでるように掃除をしてあげましょう。まだ小さい子どもには幼児用のやわらかい歯ブラシや、清潔なガーゼなどでやさしく拭き取ってあげましょう。

4.鼻呼吸を習慣にする
鼻呼吸は口臭だけでなく、風邪や病気の予防にもなります。鼻呼吸を習慣づけるためには、口の周りの筋肉を鍛える「あいうべ」体操が効果的です。

口を大きく開け、「あ」「い」「う」「べー」と声に出します。「べー」のときは舌を思いっきり出しましょう。これを1日30セットすると良いでしょう。その他にも「風船をふくらます」ことも口の周りの筋肉を鍛えるのに効果的です。

5.生活習慣を整える
不規則な生活や食事は体調不良を招きます。免疫力の低下、便秘などが原因で口臭が発生する場合もあるので、普段から規則正しい生活を心がけることが大切です。また、バランスの良い食事も体調を整え、口臭の予防になります。

「どうしても臭いが治まらない…」心配ならお医者さんへ

「何を試しても口臭が治まらない」「なにが原因か分からない」そんなときはお医者さんへ行きましょう。子どもをしっかり観察して、適切な診療科を受診することで原因を突き止められます。風邪の症状がある場合や、便秘が続いてる場合は、免疫力や胃腸の働きの低下による原因が考えられますので、小児科に行きましょう。

風邪などの症状がなく、鼻水や鼻づまりをしている場合は耳鼻科が良いでしょう。上記2つに当てはまらず、体調が良い場合は、口のケア不足の可能性があります。歯医者さんで虫歯や磨き残しがないか見てもらいましょう。「口臭で病院に行くのはちょっと...」とためらわず、早めにお医者さんに診てもらい、口臭を治してあげることが肝心です。

子どもの体調の変化に気づこう

たとえ子どもでも自分の口臭は、友だちに気づかれたくないものです。親が一番に気づき、原因に合った対策をしてあげることが大切です。特に歯磨きは面倒で嫌がるお子さんも多いと思いますが、楽しく続けられるよう工夫して習慣づけてあげましょう。

家庭でできる口臭予防を家族みんなで実践するのもいいかもしれません。既に口臭が気になる場合は、原因に合った対処をすることで口臭を治せます。そして、生活習慣を整えることはとても大切です。口臭予防だけでなく、免疫力の低下を防ぎ、風邪や病気の予防にもなります。

また、子どもは体調が悪くても上手く伝えられないことがあり、体の異変に気づくきっかけにもなりますので、いつもと違う口臭を感じたら早めに対処し、ひどい場合は医療機関を受診しましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

しゅか

初めまして☆
1児の新米ママ、しゅかです!
育児は初めてのことだらけですが、
子どもに癒されながら楽しく育児してます♪♪

私も皆様のお役に立てる記事...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの口臭、これって病気?原因・治療法・予防法は?