1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもに言って後悔している一言。その後のフォローはどうしてる?

子どもに言って後悔している一言。その後のフォローはどうしてる?

子どもに言って後悔している一言。その後のフォローはどうしてる?のタイトル画像

ついつい頭にきて子どもに暴言を吐いてしまうことは、子育てをしていれば誰にでもあるはずです。子どもに暴言を吐いてしまったときの対処法と、親の暴言が子どもに与える影響について考えてみたいと思います。

イライラして、つい暴言を吐いてしまうこともある

どんなに優しく接しようと思っていても、イライラがピークに達すると感情的になり、暴言を吐いてしまうことは、親になったら誰もが経験することだと思います。
時間と心にゆとりをもって子育てをすることは、今の時代はとても難しいことです。

しかし、暴言を吐いた後、少し冷静になったころ、「本当はそんなこと言うつもりじゃなかったのに・・・」と多くのパパやママは、暴言を吐いたことを反省しているのではないでしょうか。

まずは事後でもいいから「暴言センサー」を働かせよう

暴言に気づくのはいつも後になってのこと。
でも、言ってしまったことに自覚的であれば、その後のフォローも可能です。

「暴言センサー」が働いて、「あ、言ってしまった」とすぐに気づける様にしたいものです。

たとえば、どんな言葉があるでしょうか。

・「バカ」「まぬけ」「落ちこぼれ」など人格を否定される言葉
・「卑怯」「わがまま」「性格が悪い」など、性格を否定される言葉
・「ぶさいく」「変な顔」「太ってる」など、容姿を否定される言葉
・「勝手にしろ」「出てけ」「うちの子じゃない」など見放すような言葉
・「お兄ちゃんはできたのになんでできないの」など兄弟と比較される
・「あなたには無理」「できないからダメ」など頭ごなしにやることを否定される

こうした言葉や観点を「センサー」にして、言ってしまった後にハッと気づけるといいですね。

また、自分が言いやすい言葉の傾向があれば、根本的に重要な「事前対策」もできるかもしれません。

子どもに言って後悔している一言。その後のフォローはどうしてる?の画像2

暴言を吐いてしまった時には、どう対応すればよいか?

もし、言を吐いてしまい、後悔している時は、きちんとアフターケアを行いましょう。

怒ってしまったことはもう仕方ないことなので、その後、子どもに対してどんな行動をするかが大切になります。

しっかり理由があって怒った場合は、「さっき怒ったのは、○○がママが嫌いなことをしたから。危ないことをしたから怒ったんだよ」というように、怒った理由を言葉で伝えましょう。

「あなたが悪いから」という個人否定ではなく、「ママが○○が嫌だから」など、出来事に対して、ママ自身がどう思ったかを伝えるところがポイントです。

または、気持ちが高ぶってしまって、今思うとちょっと理不尽な怒り方をしてしまった。という場合もあるでしょう。親だって人間ですから(相田みつをじゃありませんが。笑)、そういうことだってあります。

そいういう時は、むしろ親子関係を深めるチャンスです。感情的に怒ってしまったことを謝ることを通じて、自分の弱さを子どもに見せ、素直に向き合うことができます。

これは、簡単なことではないかもしれません。親にだってプライドがありますし、親が気持ちを変えたとしても子どもが心を許してくれるかどうか・・・。

しかし、これは選択の問題なのです。

子どもはさっきまでの態度との変化に戸惑うかもしれませんが、感情的に怒ってしまったことをそのままにしておくことで続く親子関係と、子どもがどんな反応をするにせよしっかりと謝罪してから迎える明日と、どちらを選択するのか。ということかなと思います。

また、本質的には、自分の感情を少しでもコントロールできたほうが、親自身も生きやすくなります。「アンガーマネジメント」や「マインドフルネス」など、最近ではそうした考え方も増えてきていますし、関連の書籍も多くありますのでぜひ紐解いてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

nabekko

2歳と4歳の子育て真っ最中の30代ママライターです!...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもに言って後悔している一言。その後のフォローはどうしてる?