1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんにも起こる!?「カンジタ症」について

赤ちゃんにも起こる!?「カンジタ症」について

赤ちゃんにも起こる!?「カンジタ症」についてのタイトル画像

女性の性病のイメージが大きいカンジタ症ですが、赤ちゃんもカンジタ症になることがあります。カンジタ症は、カビの一種が繁殖して炎症を起こしてしまいます。気になるカンジタ症状の原因やケアのしかたなどを見ていきます。

赤ちゃんがかかるカンジタ症ってどんなもの?

赤ちゃんがかかるカンジタ症には2種類あるようです。
ひとつひとつどんな症状があるのか、また原因や治療法などをみていきましょう。

口腔内カンジタ病とは

カンジタ菌に感染すると、舌や頬の内側、口蓋などの粘膜に、白いミルクのカスのようなものが付着します。こすってもなかなかとれないのが特徴です。

カンジタ菌と呼ばれるカビの一種が引き起こす症状で、鵞口瘡(がこうそう)とも呼ばれます。

カンジタ菌じたいは普段の健康的な男女とも持っている常在菌です。健康であれば発症することがないのですが、抵抗力の低い人、とくに新生児時期などには起こりやすいとされています。

口腔内カンジタ病の原因と治療方法について

カンジタ病にかかった母親の産道をとおった時や、口腔内カンジタに感染した人からの口移し、そして真菌が付着した哺乳瓶やスプーンなどを通じて赤ちゃんに感染します。

口移しや他の人がつかったスプーンなどでカンジタ菌がうつることがあるようです。

自分だけ気をつけていてもパパや兄弟、おじいちゃんやおばあちゃんによってうつされることもあります。普段より清潔に手洗いを行うことが重要です。

赤ちゃんが口にするものはしっかり消毒、清潔にしましょう。口腔内カンジタは自然治癒することもありますが、症状の心当たりがあるようでしたら、小児科でアドバイスをうけるようにしましょう。

赤ちゃんにも起こる!?「カンジタ症」についての画像1

カンジタ性皮膚炎とは〜 通常のおむつかぶれとの違いについて

股の皮膚のシワの間にまで赤いブツブツができたます。
炎症のある赤い皮膚が端の方からむけて、ただれる事もあります。

赤ちゃんがおむつかぶれを起こしてしまったら、普通のおむつかぶれかカンジタ性皮膚炎か区別する必要があります。

カンジタ性皮膚炎は便の中のカンジダ菌が赤ちゃんの又に炎症を引き起こしますが、皮膚のしわの中にまでできることが特徴です。ふつうのおむつかぶれでは皮膚のしわのところにはおむつかぶれができませんので、きちんと見分けてあげましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理 赤ちゃんのスキンケア

この記事を書いた人

tsutsuji

小学生、幼稚園の女の子2人のママです。
英語学習が趣味です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんにも起こる!?「カンジタ症」について