1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. こじらせたくない「気管支炎」の原因や対処法。人混みでウイルスをもらわないよう注意!

こじらせたくない「気管支炎」の原因や対処法。人混みでウイルスをもらわないよう注意!

こじらせたくない「気管支炎」の原因や対処法。人混みでウイルスをもらわないよう注意!のタイトル画像

子どもの咳が続く時に気をつけたいのが気管支炎。特に乳幼児は重症化することもあるので注意が必要です。気管支炎の多くはウイルスの感染から引き起こされます。子どもの気管支炎の原因や、気管支炎になってしまった時の対処法について知っておきましょう。

気管支炎とは?

気管支炎とは、気管支の粘膜を中心に炎症が起こっている状態。
その多くは鼻やのどの炎症が起こる上気道炎(いわゆるかぜ)の症状のあと3~5日くらい経ってから起こり、急性気管支炎と呼ばれます。

気管支炎は乳幼児期からかかるため、まだ気管支の細い赤ちゃんは要注意。ひどくなると肺炎になってしまうこともあります。特に、先天性心疾患などの病気がある場合は重症化することもあるので、かぜの流行っている時期は外出を控える、赤ちゃんにかぜをうつさないなど気をつけましょう。もし呼吸が苦しそうな場合は早めに小児科を受診する必要があります。

こじらせたくない「気管支炎」の原因や対処法。人混みでウイルスをもらわないよう注意!の画像1

気管支炎の原因と症状

気管支炎の原因の多くはウイルス性。
インフルエンザウイルスやRSウイルス、アデノウイルスなどの感染によって引き起こされます。細菌感染による急性気管支炎ではマイコプラズマによるものが多いようです。ウイルス感染のあとに二次感染で細菌感染を起こし、急性気管支炎になる場合もあります。

気管支炎の主な症状は痰のからんだひどい咳や熱。乳幼児では炎症により気管支が狭くなると「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という、喘息のような音が出ることもあります。特に、6カ月以下の乳児が冬に流行するRSウイルスによる気管支炎になると重症化しやすいので注意が必要です。

ウイルス性の気管支炎では抗生物質は効きません。そのため対処療法が中心になりますが、細菌感染を防ぐために場合によっては早めに抗生物質を使うこともあります。たいていは自宅療養で回復しますが、ひどい呼吸困難などの症状が出る場合は入院して治療します。

正常なのどの粘膜では、表面の細かな線毛の運動や粘液によって守られており、ウィルスや細菌などの異物は外へと排除されるようになっています。しかし、かぜのウィルス感染により、この粘液線毛運動の働きが障害を受けるとウィルスや細菌など異物の排除機能が低下してきます。このようにして気道粘膜が障害を受けると、肺炎球菌などの常在菌が付着しやすくなり、二次感染(こじれる)が起こりやすくなります。

こじらせたくない「気管支炎」の原因や対処法。人混みでウイルスをもらわないよう注意!の画像2

気管支炎の対処法と家庭でのケア

気管支炎はかぜをこじらせて起こることが多いもの。風邪を引いたら熱や咳、痰、その他全身状態をよく観察し、気管支炎になっていないか経過に気をつけましょう。
家庭では、十分に水分をとり暖かくして安静に保ちます。部屋が乾燥すると咳が出やすくなるので、加湿器や濡れタオルなどで湿度を保ちましょう。

気管支炎になった時に注意したいのが、呼吸困難。呼吸が苦しそう、呼吸が普段より多い、息を吸う時に首の全面やあばら骨の間がへこむ、肩で息をしている、水分がとれない、顔色が悪いなどの症状は呼吸困難のサインです。すぐに小児科医を受診してください。

<せきが出ているとき、痰が切れやすくするための工夫をしましょう>
背中や胸を軽くとんとんたたく
十分に水分を補給する
保温と湿度に注意をはらう
衣類をゆるめ、上体を起こし加減にする

乳幼児が気管支炎にかかると重症化して入院することもあります。特に保育園に行き始めた赤ちゃんは要注意。


早めにかかりつけの小児科を受診することも必要です。そして症状が治まっても体力が回復するまではゆっくり休ませてあげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 風邪・発熱

この記事を書いた人

k_flower

主人と娘と猫と一緒に暮らしています。趣味は手作り。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. こじらせたくない「気管支炎」の原因や対処法。人混みでウイルスをもらわないよう注意!