1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの夜泣き対策はどうすればいいの?

赤ちゃんの夜泣き対策はどうすればいいの?

赤ちゃんの夜泣き対策はどうすればいいの?のタイトル画像

多くのパパやママを悩ませている赤ちゃんの夜泣き。今だけのことと考えて耐えているけれど、やっぱり寝不足から早く解放されたい。けれどもどうしたらいいか分からない…そんな悩みを解消するため、赤ちゃんの睡眠や夜泣きの対策についてみていきましょう。

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=8187754127

赤ちゃんはどうして夜泣きをするの?

夜泣きとは、眠った後に突然激しく泣き、どうやっても泣き止まない状態をいいます。原因は、例えば睡眠周期や脳の発達過程、日中の刺激や疲労不足などが考えられています。ですが実際はこれらが複数混ざり合って発生しているため、夜泣きのメカニズムを明確にすることは難しいようです。夜泣きが始まる時期は生後半年から1歳半頃までといわれていますが、この間におさまらない子もいます。期間や頻度もさまざまです。



夜泣きが始まると、間隔の短い子では一時間弱で夜泣きを繰り返してしまうことがあります。これは、大人の睡眠周期が90分であるのに対し、赤ちゃんは40〜60分と短く、また眠り自体も全体的に浅いからだと言われています。

赤ちゃんの夜泣き対策はどうすればいいの?の画像1

夜泣きの原因がある程度分かっている場合

特定の対処をすれば赤ちゃんが泣き止んでくれることがわかっていても、その方法がパパやママにとって負担になっている場合もあります。例えば立って抱っこしなければならなかったり、頻繁に授乳が必要だったり。そういう時はその特定の対処をやめてみてはいかがでしょう。泣いても抱っこや授乳はせず、赤ちゃんの力で寝付くのを待つようにするのです。



おそらく、今まで当たり前にしてもらえたことがいきなりなくなると、赤ちゃんはより泣いて抵抗するでしょう。ですがそれは当然の反応であり、そして一時的な反応であると思って様子を見ましょう。赤ちゃんには新しい環境に適応する能力がちゃんと備わっています。抱っこや授乳がなくなっても、他に眠れる何かを見つける力が赤ちゃんにはあるのです。

夜泣きの原因がはっきりしない場合

根本的な対処が難しく、夜泣きの改善も多少時間がかかってしまう可能性があります。日常生活で気をつけるポイントを以下にあげておきます。



・睡眠の質に関係するホルモンの分泌を助けて昼夜のリズムを付けるために、朝は一定の時間に起こし、昼間は自然な光の下で過ごす。

・昼寝は明るい中で行い、長時間にならないようにする。

・興奮状態のまま眠ってしまうと睡眠の質が落ちてしまうため、眠る前の刺激は少なくする。

・眠る前にいつも行う決まり事を2〜3つ程度設け、これから眠るということを刷り込む。

・昼間や寝る前のスキンシップを大切にする。



この中で出来そうなことから取り組み、効果が出るまでは引き続き夜泣きに対応していきます。夜泣きが続くときは、ご近所の方に一言挨拶を済ませておきましょう。そして、家族でも話して悩みを共有し、負担が一人に集中する状況を避けるとよいでしょう。パパやママの疲労が強い場合は、休息をとることを優先して大丈夫です。必要に応じて小児科を受診したり、各自治体の保健センターへの相談も活用ください。

泣き止まない時はどうしたらいい?

夜泣きをしている時は、赤ちゃんははっきり覚醒しているわけではありません。手足をバタバタさせたり寝返りで怪我をしないよう、寝室の環境は整えておきましょう。赤ちゃんは手を尽くさなくてもひとりで眠れる力を持っているため、オムツや空腹、体調不良などが原因でなければ、夜泣きの波が引くと自然と静かな眠りに入ります。



ご近所や他の家族への配慮などで赤ちゃんを泣き止ませる必要がある場合は、赤ちゃんが好きな音を聞かせてみたり、部屋を移動したりして気分を変えるのもよいでしょう。一旦しっかり起こし、落ち着かせる方法もあります。思い切って寝かしつける時間を遅らせてみてもいいかもしれません。 

いつもと違う!泣き方に違いを感じたら

「今日は昨日よりも何だか泣き声が小さかった。」「夜泣きの間隔があいた。」そんな変化を感じ取った時は、一日の生活の違いを比較してみましょう。「寝る前の遊び方を変えた」「起床時間が違った」など、思い当たることがあった場合はそれを継続してみます。一日ではなく一週間のサイクルで考えたり、赤ちゃんの目線で一日の出来事を振り返ってみると、気づかなかったことが見えてくるかもしれません。 

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの夜泣き対策はどうすればいいの?