1. >
  2. >
  3. >
  4. 乳児の汗疹(あせも)症状の原因と対策、ケアまとめ

乳児の汗疹(あせも)症状の原因と対策、ケアまとめ

乳児の汗疹(あせも)症状の原因と対策、ケアまとめのタイトル画像

赤ちゃんのあせもに悩んだことのあるママは少なくはないですよね。特に暑い時期だと、あせもがみられることが多いです。あせもの具体的な症状とそれらの原因、また対策方法は何があるのでしょうか?今回は、あせもになってしまった場合のケア方法もまとめていきたいと思います。

目次 乳児のあせも症状とは
乳児のあせも原因は?
乳児のあせも対策
乳児のあせもケア
乳幼児のあせも対策グッズ
まとめ

乳児のあせも症状とは

乳児のあせもの症状は、おむつでおおわれているおしりや腕の曲がっている部分など蒸れる部分にとくにできる可能性が高いです。あせもはそのため、蒸れをなるべく発生させないような環境が大切です。

毎日の育児のなかで、あせもにまで気がまわらないというようなこともあるはずです。しかし、そのままにしておいても改善にはつながりません。あせも予防や対策を行っておくよう心がけることが必要です。乳児は自分でケアをすることができないので、大人が赤ちゃんの肌のケアをするための方法などをピックアップします。

乳児のあせも原因は?

あせもの主な原因は、むれです。。

冬場はまだよいのですが、夏場は通常よりも暑く蒸れやすくなっています。赤ちゃんの蒸れを防ぐには、おむつ替えのサインに注意し、こまめにおむつを交換することが大切です。汗がたまってあせもにならないよう、なるべく汗を拭くようにこころがけたり、涼しい格好で過ごすように幼児の服を選択することも必要になります。

赤ちゃんは大人と比べ体温が高く、また、新陳代謝が盛んで大人の肌と比べて汗腺(汗の出口)が密集しています。そのため、汗をかきやすく、加えてまだ汗腺が未発達なため、分泌された汗がうまく体外に排出されず、結果あせもになってしまいます。

赤ちゃんの場合、おしりまわりにあせもができることが多いですが、汗やおしっこなど、衛生的に悪くなりやすい箇所が特に注意を必要とします。その中でもとりわけ、おしりはおむつのむれであせもができやすい箇所です。おしりまわりはとくに優しくケアしてあげてください。

その他には、首まわりや腕回りなど、むちむちとした腕の隙間が要注意箇所です。

お風呂の際に体をしっかり洗い、清潔さを保たないと「隠れあせも」ができやすくなります。隠れた場所もあせもが発生しやすいので優しく拭いてあげてください。

乳児のあせも対策

1.赤ちゃんの肌に合ったおむつを選ぶ
基本的な対策として、おむつ選びは非常に重要です。赤ちゃんによって肌に合うおむつは異なります。色々な種類のおむつを試してみて、そこから赤ちゃんの肌にもっとも合ったおむつを選んであげることで、あせもを少なくすることができます。

実際に、おむつのメーカーをいくつか変えてみた経験がありますが、やはり肌との相性が良いものは、あせものできる確率が低くなりました。

2.寒暖の調整
普段着の服装も大切なポイントです。あせもができやすい夏の時期は、ゆったりと楽に着られる服装を選んであげましょう。エアコンをつける方は少し多めに服を着せて、汗をふくなどして対策するのが大切です。

3.肌着は特に肌に優しいものを選ぶ
赤ちゃんの肌は敏感なので、肌に直接身につけるものは、「天然素材のもの」を選ぶと効果的です。選ぶ際には通気性の良さなどをチェックして、購入してください。どれを選んでいいか判断に迷う場合は、店員さんに相談すると、赤ちゃんにふさわしいものを選んでいただけると思います。

4.お風呂にこまめに入る
夏の時期はおでかけから帰ってきたらすぐに、お風呂へ直行する方も少なくないでしょう。これはあせもの面でみても正解です。汗をすっきりと流す以外にも、肌がさっぱりとします。なるべくエアコンを暑い時期はつけたくない方は、手間はかかりますがこまめにお風呂に入れてあげることで清潔さを保ちましょう。

5.保湿剤をつける
保湿剤をつけることで、肌があれるのを防ぐことができます。お母さんもお風呂上がりに化粧水などをつけるように、やはり赤ちゃんの肌にも潤いを促してあげてください。あせも以外にも肌の乾燥なども秋冬は気になるので、習慣にしておくと忘れることもありません。

乳児のあせもケア

1.シャワーの温度
シャワーも大人と一緒にはいるとどうしても熱めの温度にしてしまうこともあるはずです。しかし、そこは赤ちゃんなので、37~38度などぬるめの温度で汗もケアを行ってあげてください。

2.ステロイド剤
あせもができてちょっとくらいなら大丈夫かな…と考えたお母様も少なくないはずです。放っておくと場合によっては、化膿してしまうこともあるのでそういった際には市販のステロイド剤をご活用ください。

ケアの方法は複数ありますが、病院へいくという選択も一つです。市販の薬や、シャワーなどでなかなか改善が見られない場合は病院へ足を運びましょう。小さいうちの外出はお子様にとっても、ママにとっても大仕事ですがひどくならないうちにかかりつけのお医者様に見てもらうのが一番安心です。

乳幼児のあせも対策グッズ

■コアラベビー オーガニック ベビーパウダー 75g

価格1,620円
肌により良いものを使いたいというお母様は非常に最近増えています。オーガニックベビーパウダーもそのなかの一つです。こだわりをもったベビーパウダーで肌のケアを取り組んでみたいというかたにおすすめです。自分自身も手にとって塗ってあげる際に安心して触れるというところもポイントです。

■ヴェレダ カレンドラ ベビーバーム

価格1,728円
予防はもちろん、商品によってはケアなどもしてくれるクリームです。綿棒などでクリームをだしてあげて、塗ってあげると衛生面に関しても安心して塗ってあげることができます。クリームなので保湿性の面でもうれしいですね。

■ピジョン 薬用ローション (ももの葉) 200ml

価格718円
さっぱり感を重視したいかたにもおすすめです。0か月から使用可能なものもあるので、ベイビーのうちからたっぷりと使用できます。あせもはもちろん肌荒れも防いでくれるので秋冬にかけても使えるからコスパ的にも優秀です。

まとめ

あせもを初めて見るときはびっくりしてどうしようと思ってしまいますよね。私自身もなるべく早く治したい想いから、おむつかぶれの薬を頻繁に塗っていた時期もありました。しかし、ケアや対策を行うことであせもの数は変化していきます。

予防するのが一番ですが、できてしまっても慌てないことが大切です。気をつけていてもできてしまったときは、専用の薬やベビーパウダーなどもお手頃な価格で売られていますので参考にしていただければと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

777

コノビーの他にも「キュート」や「ジョーイ」…
ローラのCMでも有名になった「メリー」なども書いています。
娘は現在幼稚園に毎日楽しく通っています。
役立つ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 乳児の汗疹(あせも)症状の原因と対策、ケアまとめ