人が集う場面には大人も多いので、何かと子どもの面倒を見てくれる人がいたり、お酒やおしゃべりに夢中になって、ついつい子どもから目を離してしまいがちですよね。そんな時でも、食物アレルギー事故を防ぐためには、1人でも多くの大人が子どもを見守ることが大切です。

子どもと遊びながら…仲間とおしゃべりしながら…もちろん大人も楽しみながらで良いんです、でも、「誰かが見ていてくれるだろう」「お兄ちゃん、お姉ちゃんと遊んでいるから大丈夫」と過信するのはなく、その場にいる大人全員が意識する気持ちで、気をつけて見守りたいですね。また、万が一アレルギー反応が起こってしまった場合に対応できるよう、お子さんにお薬が処方されている場合には、日頃から必ず携帯しておきましょう。

食物アレルギーによる反応が起こると、本人も周りも辛い思いをしますし、それこそ事故が起こってしまってからでは遅いのです。楽しいイベントが続くこの時期、特別な1日だからこそ、みんなが安全に楽しく食事ができるように気をつけて過ごしましょう!