1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 新生児からおんぶまでOK!一枚布で優しく包む「ベビーラップ」を知っていますか?

新生児からおんぶまでOK!一枚布で優しく包む「ベビーラップ」を知っていますか?

新生児からおんぶまでOK!一枚布で優しく包む「ベビーラップ」を知っていますか?のタイトル画像

ベビーラップって知っていますか?ベビーラップとは大きな一枚布で赤ちゃんをくるんであげるような新しい抱っこひもです。抱っこだけでなくおんぶとしても使えるなどの機能性にすぐれ、万能でしかもコンパクトといういいところがたくさんある、そんなベビーラップについて紹介します。

ベビーラップは新生児からおんぶまで使える

赤ちゃんの体重を肩や骨盤だけではなく、背中や上半身全体で均等に支え、お子さまの体重を分散させます。 その為、長時間使用しても、抱っこする人の肩や腰への負担が少ないです。

ベビーラップは一枚の大きな布でできており、赤ちゃんを包むようにしたシンプルなデザインとなっています。赤ちゃんの普通の抱っこひものように金具などがついていない設計なので丸洗いもできますし何より安心です。それに布だけなので畳めて小さくなるのが魅力的。旅行などでかさばらずにすみます。

ベビーラップのいいところは、生まれたばかりの赤ちゃんから大きくなるまで使えるところです。様々なベビーラップの巻き方によって、新生児期のたて抱っこやよこ抱っこやおんぶに至るまでずっと使っていくことができます。また、男女兼用なので使うたびに調整する必要もなく、機能性に優れています。

ベビーラップはさまざまな会社で製造・販売されていますが、その中の一つであるDIDYMOSでは、赤ちゃんが大きくなってもハンモックやブランコとしても活用することができます。

ベビーラップの巻き方

ベビーキャリアやスリングと比べ、ベビーラップはコツをつかむまで少し練習が必要ですが、
そのコツさえつかめば、快適な育児生活が楽しめます。

DIDYMOSでは、ベビーラップのさまざまな巻き方を紹介しています。

「ラップ&クロスキャリー」「カンガルーキャリー」という巻き方は、生まれてすぐの新生児期から抱っこできるので、産院から退院する時にも使える巻き方です。

他にも、ベビーラップに赤ちゃんを包む前にあらかじめ巻いておける「クロスキャリー」というスタイルはおむつ替えに便利ですし、大きくなった幼児までおんぶとして使える「リュックサックキャリー」という巻き方もあります。

いずれの巻き方も、動画で見ることもできますし、購入した人にはDVDや説明書があるので安心です。DIDYMOSでは全国各地でコンサルタントによるベビーラップの使い方の講習会などが開かれており、巻き方や抱っこの仕方を習うことができて安心です。購入を迷っている場合でも見本をじっくり見たりすることもできます。赤ちゃんの人形を使って練習することができるので妊娠中でも参加することもできます。

ベビーラップはお手入れも簡単

ベビーラップは一枚布でできているものが多いので、お手入れも簡単です。複雑な形をしてなく金属もついていないので、洗濯機で洗うことができます。

素材にもよりますが、DIDYMOSベビーラップではオーガニックコットンの場合は液体洗剤を使い洗濯機で洗うことができます。シルクなどの素材を使っている場合は手洗いやおしゃれ着洗いとなります。詳しい洗い方などは説明書やタグに書いてある通りにしてください。

まとめ

ヨーロッパなどではベビーラップを使うママが多く流行していますが、日本ではまだごく一部です。華やかなデザインも多くママも身につけているのが楽しくなります。赤ちゃんが大きくなるまで長く使用できるのも魅力的ですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 ベビー用品 抱っこ紐・スリング

この記事を書いた人

tsutsuji

小学生、幼稚園の女の子2人のママです。
英語学習が趣味です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 新生児からおんぶまでOK!一枚布で優しく包む「ベビーラップ」を知っていますか?