1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「愛とは、見えないところで見守ること」父娘の関係を描いた物語

「愛とは、見えないところで見守ること」父娘の関係を描いた物語

「愛とは、見えないところで見守ること」父娘の関係を描いた物語のタイトル画像

親になり、子どもの時の自分を振り返ることはありますでしょうか?自分って反抗期時代はひどかったな、、そう思う方も多いかもしれません。そして、そう思うと当時に、親への感謝の気持ちが湧き上がってくる、そんなことを改めて感じさせてくれる動画をご紹介します。

親子って、こんなに切なかったっけ

親になると、自分が子どもだった時のことを思い出すことが増えたように思います。

反抗期には、親を無視してろくに口もきかなかった…

お母さんやお父さんにひどい言葉を浴びせてしまった…

親の優しさを「当たり前」と思って感謝すらしなかった…


私自身も、なんてひどいことを親にしてしまったんだろう・・・と、当時を振り返って思い出すことがあります。


とある動画では、そんな娘と父の視点が描かれており、胸が締め付けられるような気持ちになったので、ご紹介します。

【パパの視点】可愛い幼少期から、反抗期になり、娘は・・・

動画の前半は、パパの視点から、娘が産まれてから成長していく様子が描かれています。

まだ生まれたばかりの頃、チャイルドシートに寝かされる娘。
ちょっと大きくなって、車の隣ではしゃぐ娘。
眠ってしまった娘を、車から抱きかかえる様子。

・・・しかし、中高生になってからは一言も話さなくなったり、
ついに娘はパパに向かって「うるさい!」と言い放ちます。

「愛とは、見えないところで見守ること」父娘の関係を描いた物語の画像1

そんな娘も、結婚し、そして…

「愛とは、見えないところで見守ること」父娘の関係を描いた物語の画像2

幸せそうに孫を抱っこする姿に、こちらがうるっときてしまいますね。

【娘の視点】いつも私のそばにあったのは、父の笑顔

後半では、娘の視点から、成長するまでの軌跡を描いています。

同じシーンを、すべて娘視点で描いているところが、
前半見た動画をリンクして、余計に胸を締め付けます。

小さい頃には、大事そうに大事そうに、自分を抱えてくれる父。

でも、思春期になってからは会話の機会が減り
ある寒い冬の日、父が手袋を差し出してくれましたが
車を降りた後、それをごみ箱に捨ててしまう場面も。

「愛とは、見えないところで見守ること」父娘の関係を描いた物語の画像3

そんな自分にも関わらず、塾の帰りは、いつも外で帰りを待ってくれる父。

そして結婚式。

お父さんへの手紙を書き、結婚式の花束と一緒に渡した時は、
本当に嬉しそうなお父さんの笑顔が目の前に広がります。

最後に、車にチャイルドステッカーを貼る父の姿。

じーんと胸があつくなる動画動画は、こちらからご覧ください。

Loving Eyes-Toyota Safety Sense

通り過ぎる毎日を、大切にしたくなる

女性であれば、幼いころの自分と重なり、胸がぎゅっとなるシーンもあるのではないでしょうか?
私自身、この動画を観て自分のことを振り返り、涙ぐんでしまいました。

つい、自分だけの目線で物事を見ると、
相手の気持ちをないがしろにしたり、気づかないまま自分勝手な行動をとったりしてしまうことがあります。

愛とは、見えないところで見守ること

最後のメッセージにもある通り、親が見守ってくれたことに感謝しながら
子どもが産まれた今、今度は“親”という視点から子どもを見守り、日々を大切にしていきたいな、と思いました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ころ

お菓子づくりが趣味のワーママです。
旦那さま、娘と3人家族です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「愛とは、見えないところで見守ること」父娘の関係を描いた物語