1. >
  2. >
  3. >
  4. 予防接種とは

予防接種とは

予防接種とはのタイトル画像

赤ちゃんの予防接種にはたくさんの種類がありますが、それぞれに接種回数や間隔に違いがあるので、スケジュール管理に頭を悩ませているママは少なくありません。そこで、どのようなタイミングで受けたらベストなのか、上手なスケジュールの立て方についてご紹介したいと思います。

スケジュールを立てる際のポイント

ややこしい予防接種のスケジュールも、大切なポイントを抑えておけば迷うことはありません。



■赤ちゃんがかかると重症化しやすい病気から受けよう

特に赤ちゃんがかかりやすかったり重症化しやすかったりするものから、優先して予防接種を受けましょう。



■集団接種の日程をチェックしよう

BCGの予防接種は、ほとんどの自治体で集団接種が行われています。もしタイミングを逃してしまうと、面倒な手続きが必要になってくる場合もあるので、最初にスケジュールに組み込んでおいたほうが良いでしょう。



■接種回数を守ろう

四種混合やMRなど、1度ではなく複数回受ける必要がある予防接種は必ずその回数を守りましょう。免疫をきちんと作るために重要なことです。



■接種の間隔を知り効率良く組み立てよう

ワクチンの種類によって、次の予防接種までの間隔が異なります。生ワクチン(BCG、水ぼうそう、おたふくかぜなど)は、十分な免疫ができるまでに1カ月近くかかるため次の接種までに27日以上、不活化ワクチン(四種混合、肺炎球菌、ヒブ、インフルエンザなど)は、6日以上間を空けるのが望ましいとされています。



■はやる前に受けておこう

インフルエンザやロタなどは、流行期が来る前に接種を済ませておきましょう。上に兄弟がいる赤ちゃんは、特に病気をもらいやすい環境にあるので注意が必要です。



「うっかり忘れてしまった!」ということにならないためにも、スケジュール表を作るなどの工夫をし、管理すると良いでしょう。

予防接種とはの画像1

同時接種で赤ちゃんとママの負担を少なく

予防接種はたくさんあるので、1つずつ接種していては時間がかかり過ぎてしまいますし、スケジュールを立てるのも大変です。なにより赤ちゃんを連れて何度も病院に通うことは、赤ちゃんにもママにも大きな負担がかかってしまいます。そこで有効なのが、同時接種です。同時接種とは1度に2種類以上のワクチンを接種することで、医師の判断で行います。組み合わせや、同時に接種が可能な本数にも制限はありません。また、同時接種によってワクチンの機能が損なわれることはありませんし、副反応が出やすくなることもありません。かかりつけの医師の相談してみるとよいでしょう。

迷ったらかかりつけの小児科医に相談しよう

せっかく予防接種の予約を入れても、赤ちゃんの体調は常に万全とは限りません。風邪をひきやすい冬場は、予定通りにいかないことも多いでしょう。特にお仕事をしているママは、予定を変更するのも大変なのでは?



もし予防接種のスケジュール管理に行き詰まったら、早めにかかりつけの小児科医に相談をしましょう。案外、37度くらいの発熱ではGOサインが出ることも考えられます。スケジュール管理に行き詰った時にも、専門家の立場から適切なアドバイスがもらえるはずです。

予防接種とはの画像2

まだ頼りない赤ちゃんに何度も注射を打つことは、なんだかかわいそうな気もします。しかし赤ちゃんを病気から守るためには、きちんとスケジュールを立てて予防接種を行い、しっかりと免疫をつけてあげることが大切です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 予防接種

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 予防接種とは