1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会陰切開(えいんせっかい)と会陰裂傷(えいんれっしょう)、どちらがいいの?その違いと対策は?

会陰切開(えいんせっかい)と会陰裂傷(えいんれっしょう)、どちらがいいの?その違いと対策は?

会陰切開(えいんせっかい)と会陰裂傷(えいんれっしょう)、どちらがいいの?その違いと対策は?のタイトル画像

お産も心配だけど、会陰切開(えいんせっかい)と会陰裂傷(えいんれっしょう)、これも気になる心配事ですよね。どちらも、お産の際に会陰部(おしも)にキズが入る状態を指します。「切られる」とか「裂ける」と聞いて、怖くない方はいないことでしょう。

どんなものなのか事前に知ることで、少しでも不安を解消しておきましょう。

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=5514570349

会陰切開とは

会陰切開(えいんせっかい)は、医療行為なため、必要時に医師が行います。必要時というのは、お産が長引いて赤ちゃんが苦しそうになっていたり、赤ちゃんが通るほどには、十分におしもの皮膚の伸びが見込めなさそうな場合、裂傷がひどくなりそうな場合などを指します。局所麻酔をして行うことが多いですし、産まれる直前の陣痛の時に行いますので、痛みはほとんど感じないそうです。

会陰裂傷とは

会陰裂傷(えいんれっしょう)は、赤ちゃんが産道を通る過程で、自然におしもの皮膚が裂けることです。自然にできるキズは、皮膚の一番薄い部分が裂けるのです。和紙が水に濡れると、薄い部分がフワッと裂けますよね。会陰裂傷は、そんなイメージです。薄い部分が裂けるので、大きな血管や神経を傷つけることはめったにありません。大きく深く裂けるのでなければ、キズの治りも早いです。

どっちがいいの?

どちらが良くてどちらが悪い、ということはありません。必要なら切る、ということです。逆に言えば、必要なければ切らなくても良い、ということ。

赤ちゃんが元気、ママも頑張れそうという時には、自然に切れるキズ=会陰裂傷のほうが産後は楽なことが多いです。病院によっては、初産婦さんは会陰切開をします、という方針もあるようです。ですが、初産婦であっても、キズなく産むこと、小さいキズで産むこともできます。そのためには、おしもの皮膚の状態が良いことが大切です。

会陰のキズを小さくするために

おしもの皮膚の状態を良くする?ってどうしたら良いのでしょうか。

*肛門の引き締め運動(キーゲル体操)を行って、おしもの筋トレをすること。鍛えられた筋肉は、しなやかで伸びが良いのです。

*冷えを予防すること(お風呂に浸かったり・足湯をしたり)。血液循環の良い皮膚は、柔軟性が高くなります。

*抵抗なければ、会陰マッサージを行ってみること。マッサージをすることで、皮膚が柔らかくなります。

*お産の時は、必要以上に息まず、リラックスを心がけること。力が抜けると、筋肉も皮膚も硬さが抜けます。



キズがない、もしくは小さいほど、産後の痛みも少なく不自由なく動くこともできるでしょう。

上記のことを心がけるとキズが小さくなることもありますので、妊娠中に少しおしもの状態を意識してみましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 分娩方法 会陰切開

この記事を書いた人

utico

福岡で活動している助産師uticoです。
妊婦さん大好き、出産大好きな助産師ですが、2015年IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)という資格をと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会陰切開(えいんせっかい)と会陰裂傷(えいんれっしょう)、どちらがいいの?その違いと対策は?