1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 幼児教育のキモは「遊びの質」にある!?

幼児教育のキモは「遊びの質」にある!?

幼児教育のキモは「遊びの質」にある!?のタイトル画像

経済協力開発機構(OECD)は「スタートストロング」と言って、人生のスタート時期の幼児教育に力を入れることが最も効率的で、効果的であると言っています。日本で幼児教育というと、一般的には「早期教育」と捉えられて、いかに早い時期から文字を読ませるか?計算できるようにさせるか?となりがちですが、世界が注目しているのは、実は子どもの「遊び」だというのですが…。

現在、注目されているオルタナティブ教育とは

みなさんは、“オルタナティブ教育”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
シュタイナー教育やモンテッソーリ教育などに代表されるもので、ウィキペディアによると、このように書かれています。

「非伝統的な教育」や「教育選択肢」とも言い、主流または伝統とは異なる教授・学習方法を意味する。

日本でも認可に向けて動き出したというフリースクールや不登校児のサポート校なども含むようです。
つまり、現在一般的に行なわれている、いわゆる一斉授業(だけではないが)とは違ったカタチの教育形態のことを言います。

世界では今、幼児教育に注目が集まっていますが、実は、その中でも注目されているのが「遊び」。
それが、このオルタナティブ教育が注目されている理由でもあるのです。

というのは、まず話題になっているは卒業生の活躍ぶり。オバマ大統領、グーグル創立者のラリー・ページとセルゲイ・ブリン、アマゾン創業者のジェフ・ベソス、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグや、あのビル・ゲイツ、さらにはウィリアム王子とヘンリー王子なども、オルタナティブ教育を受けてきたようで、そうそうたる顔ぶれが並んでいるのです。

幼児教育のキモは「遊びの質」にある!?の画像1

雑誌『クーヨン』の2015年3月号によるとオルタナティブ教育の共通する大きな特徴は、下記のように書かれています。

<いずれも子ども時代を特別な時期と捉え、とくに「あそびの時間」を尊重しているという点では共通している>

<「世界でいちばん自由な学校」と呼ばれているイギリスのサマーヒル校では、抑圧から子どもを解放することを重視し、誰からも「評価」を受けることのないあそびの時間を尊重しています。>

イギリスのサマーヒル校のことは、ご存知の方も多いかもしれません。

ちょっと余談ですが、このサマーヒル校に大きな影響を受けて日本で堀真一郎先生が設立したのが、「きのくに子どもの村学園」。取材に行ったことがありますが、子どもたちがものすごくイキイキとしており、その姿を見て感動したのを覚えています。

やはり、この学園では自律的な「遊び」を重視しており、学校自体が子どもたちの遊び場かのような印象を受けました。

子どもが「夢中になって遊ぶ」ことの大切さとは

では一体、なぜこうしたオルタナティブ教育では「遊び」が注目される傾向があるのでしょうか。

先のクーヨンにはこう書かれています。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 子どもの遊び 外遊び 泥んこ遊び

この記事を書いた人

吉田 和充

クリエイティブコンサルタント
経営戦略、広報広告戦略の立案、実施、プロデュース、商品開発、新規事業立ち上げ、海外進出プロデュースなど
日本と世界をつなぎなが...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 幼児教育のキモは「遊びの質」にある!?