習い事は子どもが楽しんで取り組めるものが見つかるのが、親子ともに最も幸せなことではないでしょうか。

習い事を辞めたい、という理由は様々なため、どの方法がいいという正解はありませんが、決して無理強いはせずに、まずは子どもと話し合う時間を大切にしていきたいですね。