1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 突然ぴくっ!赤ちゃんの「モロー反射」ってどういうもの?いつまでつづく?

突然ぴくっ!赤ちゃんの「モロー反射」ってどういうもの?いつまでつづく?

突然ぴくっ!赤ちゃんの「モロー反射」ってどういうもの?いつまでつづく?のタイトル画像

突然びくっとする動きをする赤ちゃんのモロー反射。初めての赤ちゃんのお世話をする時にはママもビックリするのではないでしょうか?赤ちゃんは何かにビックリしているのでしょうか?モロー反射とはどのようなものか、解説します。

モロー反射とは?

モロー反射は、赤ちゃんのいろんな感覚にやってくる大きな刺激によって、引き起こされます。
例えば、大きな音、明るい光、突然荒っぽく触れること、赤ちゃんの身体が突然傾いたり、落とされたりするようなバランスを崩す刺激、などです。”

「モロー反射」は、オーストリアの小児科医エルンスト・モローによって発見された新生児期の赤ちゃんの行動です。

生まれたばかりの赤ちゃんは数ある原始反射をします。そのうちの一つが「モロー反射」で、中枢神経系の反射行動のことです。原始反射は、他にも「歩行反射」と呼ばれる新生児が歩くようなしぐさをしたり、「吸啜(きゅうてつ)反射」と呼ばれる口に入るものを吸うしぐさなどがあります。

モロー反射は、突然びくっとした姿で驚き両手を大きく広げ、何かに抱きつこうとするしぐさです。大げさなしぐさなのでママもはじめて見る時にはビックリしてしまうかもしれません。
音への反応だったり、ベッドに寝かせようとそうっと降ろそうとした時にびくっとモロー反射が出ることが多いようです。

突然ぴくっ!赤ちゃんの「モロー反射」ってどういうもの?いつまでつづく?の画像1

なぜ赤ちゃんはモロー反射をするの?

胎児が生き残り、成長するために子宮内で現れる「反射的(自動的)な動き」です。
脳幹によってコントロールされています。
出生するプロセスに必要で赤ん坊の初期の発達に重要です。
一つの反射が出現→発達→統合(卒業)してまた次に必要な反射が出現する、といったようにドミノ倒しのように順番に、連続的に現れます。

赤ちゃんがもともと備わっている本能によって、モロー反射が出現します。赤ちゃんが落下しそうになった時にとっさに何かにつかまろうという危険回避能力が備わっているとのことです。

突然ぴくっ!赤ちゃんの「モロー反射」ってどういうもの?いつまでつづく?の画像2

赤ちゃんのモロー反射はいつまで?

反射を統合(卒業)して中枢神経系が発達すると、より高次の脳(大脳)によって、その働きは抑制されていきます。

モロー反射が出る時期は、新生児期から1ヶ月ころがピークです。

生後2ヶ月から4ヶ月くらいの間にだんだんとモロー反射をしなくなりますが、まれに6ヶ月くらいまで続くこともあります。モロー反射が出なくなりはじめると、首が据わるようになっていき、首を動かせるようになっていきます。モロー反射の消失が見えず生後6ヶ月以上続いていたり、逆に新生児期からモロー反射が全く見られないと神経の病気が疑われます。

まとめ

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

tsutsuji

小学生、幼稚園の女の子2人のママです。
英語学習が趣味です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 突然ぴくっ!赤ちゃんの「モロー反射」ってどういうもの?いつまでつづく?