1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんは鼻がつまりやすい!?自宅でできる、赤ちゃんの鼻づまり解決方法

赤ちゃんは鼻がつまりやすい!?自宅でできる、赤ちゃんの鼻づまり解決方法

赤ちゃんは鼻がつまりやすい!?自宅でできる、赤ちゃんの鼻づまり解決方法のタイトル画像

赤ちゃんはとても鼻がつまりやすいです。赤ちゃんが鼻づまりになってしまうと不機嫌になりますし、苦しそうな姿を見るとどうしてあげたらいいの?と思ってしまうことも。とくに秋から冬にかけては風邪をひきやすい季節ですので、注意してあげてください。

赤ちゃんはなぜ鼻づまりになりやすい?

「何か赤ちゃんが不機嫌だな…」と思ったら、鼻づまりだった、ということはないでしょうか?
けっこう赤ちゃんの鼻がつまってしまうことってよくありますよね。

でも、なぜ赤ちゃんは鼻づまりになりやすいのでしょうか?

生後3ヶ月までは赤ちゃんは口で呼吸ができないため、完全な鼻づまりを起こすと呼吸困難やチアノーゼ(顔色や唇の色が酸素不足のために青く見える状態)を生じてきます。原因としては、かぜによる急性鼻炎が最も多くなります。

なるほど、赤ちゃんは鼻がとても小さく鼻腔がまだ十分な発達になっていないので、風邪などのウイルスの抵抗もとても弱く鼻がとてもつまりやすくなってしまうのですね。

まだ、自分で鼻をかむこともできません。鼻づまりを起こしてしまうと、上手に息ができないので母乳やミルクも飲みにくくてつらそう。見ているママの方も心配になってしまいます。
夜には寝つきが悪くなって何度も泣いて起きたり、親子でげっそり…ということも。

風邪でのウイルス鼻炎による鼻づまりというケースが多くありますが、かたい鼻水が奥で詰まっているというケースもあります。その場合は耳鼻科で取ってもらうとスムーズです。

赤ちゃんは鼻がつまりやすい!?自宅でできる、赤ちゃんの鼻づまり解決方法の画像1

対策①鼻吸い器を使って鼻水をとってあげよう

赤ちゃんの鼻の穴は小さすぎて、鼻水を上手く取ることがなかなか難しいですが、鼻吸い器を利用してママがストローのようなもので吸ってあげると簡単に鼻水が取れる仕組みになっています。ママに鼻水が逆流してくるような設計にはなっていないので安心してください。赤ちゃんは鼻水が詰まることが多いので、買ったもののあまり使わなかった…ということも少ないでしょう。

鼻吸い器を利用する時には、加湿器を利用して鼻どおりを良くしてから行うとスムーズに吸えるようです。

ただし、赤ちゃんの鼻水が黄色かったり、粘り気があるときには風邪以外の可能性もあり念のため小児科や耳鼻科に診てもらうと安心です。

一番おすすめの方法は、鼻水を吸い取ることです。原始的ですが、これが最も有効な手立てと考えています。おうちでも吸って下さい。加湿をすると鼻づまりが楽になりますし、鼻水もやわらかくなるので、吸いやすくなります。お風呂の後などがおすすめです。

対策②ホームケアで赤ちゃんの鼻づまりを解消

鼻づまりのときは、熱いお湯でしぼったタオルを鼻に近づけてあげたり、熱がなければお風呂に入れてあげると、血液循環もよくなり鼻どおりがよくなります。

ちょっと固くなったものは、綿棒にベビーオイルを塗ったもので取ります。

血行が良くなると鼻どおりが良くなりますので、お風呂に入れてあげたり温かいお湯でしぼったガーゼなどで拭いてあげるといいですね。あまり鼻をゴシゴシ拭いたりすると肌荒れを起こしやすいので注意してください。

ぬぐったところは軟膏を塗ると良いそうですよ。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

tsutsuji

小学生、幼稚園の女の子2人のママです。
英語学習が趣味です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんは鼻がつまりやすい!?自宅でできる、赤ちゃんの鼻づまり解決方法