1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「育児休業給付金」とは?正しい申請方法について

「育児休業給付金」とは?正しい申請方法について

「育児休業給付金」とは?正しい申請方法についてのタイトル画像

赤ちゃんが生まれてからも育児休暇を取得して、仕事を続けたいと考えているママはたくさんいます。しかし、休業中にちゃんと生活できるのか、そんな不安を感じている人も少なくなくありません。そこで、働くママの強い味方「育児休業給付金」と、その申請方法についてご紹介したいと思います。

育休中の生活をサポートしてくれる制度

育児休業給付金とは、育児休業中の生活をサポートする目的で支給されるお金のことです。雇用保険に加入している人で、育児休業を取得した後に職場復帰する予定があるなら、支給の対象となります。



通常は満1歳未満の赤ちゃんを育てている間、お給料(休業前6か月間の平均)の50%~67%が支給されます。ただし67%は最初の180日間で、181日目からは50%となります(平成26年4月1日現在)。また一定の条件を満たしているなら、パパが育児休業を取得する場合も育児休業給付金を受け取ることは可能です。

育児休業給付金を受け取るための条件

育児休業給付金を受け取るためには、下記の条件を満たしている必要があります。



・雇用保険に加入しており、きちんと保険料を払っていること

・休職する前の2年間で、1カ月に11日以上働いている月が12カ月以上あること

・休職中に8割以上の賃金が支払われていないこと

・就業している日数が1カ月あたり10日以下であること



パートで働いている人もこれらの条件を満たしていれば支給の対象となりますが、実際には正社員として働いている人のみを対象としている会社がほとんどです。なお、育児休業を取得せずに仕事復帰をする人や事前に退職の予定がある人は、支給の対象外となるので注意が必要です。出社日数などは自分でも把握できていないことがあるので、できるだけ赤ちゃんが生まれる前に職場の担当窓口で確認しておきましょう。

手続きは基本的に勤務先におまかせ

育児休業給付金の申請手続きに必要な書類は以下の通りです。



・雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書

・育児休業給付受給資格確認票

・育児休業給付金支給申請書

・出勤簿の写し

・賃金台帳の写し

・母子健康手帳の写し



たくさんあるのでわかりにくいかもしれませんが、ほとんどの場合手続きは会社が行ってくれるので安心してください。記入が必要な書類は早めにもらい、必ず期限を守って提出しましょう。育休に入ったら、2カ月ごとに給付金が振り込まれますが、その都度追加申請も必要なので、そちらも忘れず手続きを行いましょう。

育児休業給付金が初めて支給されるまでには4カ月くらいかかるので、申請手続きはできるだけ早めに行ったほうが良いでしょう。「アテにしていたのになかなか振り込まれない」とならないためにも、勤め先の担当者としっかりとやり取りをして書類の提出期限も必ず守り、育児休業給付金を受け取ってくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「育児休業給付金」とは?正しい申請方法について