1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんの予防接種

赤ちゃんの予防接種のタイトル画像

予防接種にはたくさんの種類がありますが、ここでは赤ちゃんのうちに行う定期接種と任意接種についてご紹介します。命にかかわる病気や重症化しやすい病気もあるので、正しい知識を身につけておきましょう。

どうして赤ちゃんに予防接種は必要なの?

月齢の低い赤ちゃんはママからもらった免疫や母乳の免疫効果によって守られていますが、生後半年を過ぎるとその免疫もどんどん失われていきます。予防接種には病気が発症しないようにする、あるいは病気が発症しても症状が軽くてすむようにするといった効果があり、その仕組みは病原体から作ったワクチンを体内に入れ、免疫を作ることで感染症を予防するといったものです。ワクチンの種類によって接種の方法は異なり、皮下注射だけでなく飲み込むタイプ、スタンプ状の器具を皮膚に押し付けるタイプなどがあります。

赤ちゃんの予防接種の画像1

予防する病気によって接種回数が違うのは?

ワクチンは大きく3つの種類に分けられます。



■生ワクチン(BCG、MR、おたふくかぜ、水ぼうそうなど)

細菌やウイルスなど、生きた病原体の毒性を薄めたもの。生きている状態で接種するために軽い感染状態となり、実際に病気にかかった時のような免疫ができるとされています。



■不活化ワクチン(四種混合、ヒブ、インフルエンザなど)

細菌やウイルスなどの病原体を殺し、毒性をなくしたもの。



■トキソイド(破傷風、ジフテリアなど)

細菌の作る毒素だけを取り出し、その毒素を働かないようにしたもの。



それぞれに免疫のつきかたが異なるので、推奨される接種の回数や間隔にも違いがあります。生ワクチン接種後の副反応を気にしているママも多いと思いますが、体力のない赤ちゃんが重い病気にかかるリスクを考えれば、可能な限り受けておいたほうが良いでしょう。

定期接種と任意接種の違いとは?

■定期接種(ヒブ、小児肺炎球菌、四種混合、BCG、MRなど)

定期接種のワクチンは、病気の流行を抑えるために国が接種を推奨しているワクチンです。決められた期間内であれば、ほとんどの地域で接種費用は無料となります。BCGは決められた日時に集団接種が行われていることが多いので、日程もしっかりとチェックしておきましょう。



■任意接種(水ぼうそう、おたふくかぜ、B型肝炎、インフルエンザなど)

国が定期接種に組み込んでおらず、接種するかしないかは保護者の判断になります。ただし、受ける必要性が低い訳ではありません。基本的に接種は自己負担ですが、なかには自治体からの助成が受けられるものもあるので、事前に確認しておきましょう。



※平成27年1月現在の情報です。予防接種は法令などで変更になることもあるため、詳しくは自治体の窓口やかかりつけの小児科医に確認しましょう。

予防接種は強制されるものではありません。最終的に受けるか受けないかを決めるのは保護者ですが、大切な赤ちゃんを怖い病気から守るためには受けておくのがおすすめです。そのためには予防接種の種類を知り、正しい知識を身に付けておくことが大切です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 予防接種

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの予防接種