1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 布団がふっとんだ!そんな時の赤ちゃんの寝冷え対策はどうしたらいい?

布団がふっとんだ!そんな時の赤ちゃんの寝冷え対策はどうしたらいい?

布団がふっとんだ!そんな時の赤ちゃんの寝冷え対策はどうしたらいい?のタイトル画像

寝かしつける時にしっかりかけてあげても、すぐにお布団をはいでしまうのが赤ちゃんです。特に冬は、寝冷えや風邪が心配ですよね。布団をはいでしまう赤ちゃんの防寒対策ってどうすればいいのでしょうか?寝るときの便利な服もご紹介します。

なぜ布団をはいでしまうのか

寒いと思って、布団をかけてもかけても、はいでしまう赤ちゃん。一体なぜなんでしょう?

それは、暑いからなんです。人の体温は時間帯によって変動するのですが、夕方が最も体温が高くなります。就寝する時間になると徐々に低くなるのですが、早めに寝ることの多い赤ちゃんは、放熱する時間帯に暖房のついたお部屋で、しっかりお布団をかけられると熱がこもってしまいます。

さらに、赤ちゃんは大人よりも暑がりで汗っかきです。服の着せ方やお布団のかけ方の目安として、生後2ヶ月までの赤ちゃんは大人と同じ感覚でいいのですが、2ヶ月以降からは大人より少なめがちょうどいいのです。

お布団をはいでしまった赤ちゃんの手足を触ると冷たいときもあります。寒がっているに違いないとお思いのママも多いかもしれません。ですが、これは体温を下げようとする体の働きのためです。手足が冷たくても体を触ってみると温かく、汗をかいているということもあります。

布団がふっとんだ!そんな時の赤ちゃんの寝冷え対策はどうしたらいい?の画像1

お布団をはいでしまう赤ちゃんに対して、どうすれば良い?

理由としては「暑さ」なのですから、一番簡単な対策は、厚着をさせすぎないということです。大人がスウェット素材や起毛素材のパジャマを着ているなら、子どもはコットンの薄手のもので大丈夫。
お布団も、大人が冬用のお布団と毛布を使っているなら赤ちゃんは毛布なしにしたり、大人が厚いお布団なら子どもは薄めのものにしたりします。夏場はタオルケットだけでも十分です。

厚着をさせすぎていて暑いという理由ではなく、単に寝相が悪くてお布団を蹴っ飛ばしてしまう子もいます。そんな赤ちゃんには、パジャマを温かいものにし、お布団は薄手にするのがおすすめです。足にかかっているお布団がうっとうしくなって蹴ってしまう子もいるので、足元はかけずに出しておくのも手です。

寒いねぇー。こうも寒いと子供についつい厚着をさせてしまうけど、寒いかなって思うぐらいの薄着がちょうどよかったりするよね。暑さ、寒さの刺激を受けると自律神経のバランスが発達して免疫力も上がり風邪を引きにくい体になるんだって。大人は薄着するより食べ物、運動で体温を上げるといいよ。

寝るときの強い味方、「スリーパー」

「スリーパー」は、ベストが足元までのびたような形の服で、着せるとすっぽりそのままお布団にくるんだようになります。ベスト型でなく、長袖や半袖のものもあります。これならお腹が出て冷えてしまうことも、簡単に脱げることもありません。生地も薄くて通気性のいいコットンのものから、フリースやダウンのしっかり温かいものもあります。
とろけるような手触りのマイクロファイバー製も人気があるようです。

他にもおすすめなのは、上半身から足先までつながっているカバーオールです。足先から股はスナップになっているので、おむつ替えもラクですよ。

お布団をはいでしまう赤ちゃんの寝冷え、ママは心配ですよね。

でも暖め過ぎは汗をかいて逆に冷えてしまうこともあるので、少し薄いくらいかな?と思うぐらいがちょうどいいということを、頭の片隅に覚えておいてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 ベビー用品 ベビー服

この記事を書いた人

ririyo

やんちゃボーイとおませガール!楽しく子育てしています。
毎日見ていても子どもの成長にびっくり!子どもの頃だからこそできる体験をさせてあげたい。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 布団がふっとんだ!そんな時の赤ちゃんの寝冷え対策はどうしたらいい?