1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【授乳中のコーヒー摂取】何杯まで大丈夫?母乳と赤ちゃんへの影響は?

【授乳中のコーヒー摂取】何杯まで大丈夫?母乳と赤ちゃんへの影響は?

【授乳中のコーヒー摂取】何杯まで大丈夫?母乳と赤ちゃんへの影響は?のタイトル画像

コーヒーは日常的に飲む人が多いですよね。授乳中の場合、コーヒーは飲んでもいいのか気になると思います。何杯までと制限をつければ飲んでも大丈夫なのでしょうか?またママが飲むことにより、母乳や赤ちゃんへの影響はあるのでしょうか?授乳中のコーヒー事情について詳しく説明していきたいと思います。

授乳中に飲むコーヒーは赤ちゃんに影響あるの?

コーヒー、美味しいですよね。コーヒーがお好きな方の中には、1日に何杯でも飲みたくなるという方もいると思います。
そんな美味しいコーヒーですが、授乳中に飲むのは赤ちゃんに何かしら影響があるのでしょうか。検証していきたいと思います。

授乳中のお母さんがコーヒーを飲むと、カフェインは少量ですが容易に母乳から分泌され、赤ちゃんに影響が出ることがわかっています。

上記の桶谷式の回答のように、授乳中の場合、コーヒーのカフェインが赤ちゃんに影響を及ぼす事が分かっています。

では、赤ちゃんにどのような影響が及ぶのでしょうか。様々な視点から見ていきましょう。

赤ちゃんの寝付きが悪くなる?カフェインの赤ちゃんへの影響とは?

授乳時期におけるコーヒーのカフェインによる赤ちゃんへの影響は、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。産婦人科の先生によると以下のような影響があるそうです。

赤ちゃんが、興奮状態になったり情緒不安定になったり、覚醒作用で夜泣きをしたり、といった影響が出る

コーヒーによるカフェインの影響は、赤ちゃんのほうが大人よりも強く出る事が分かります。母乳自体に、催眠作用がありますので相殺される場合もありますが、コーヒーの量が増えると、やはり影響は懸念されます。

コーヒーを飲んだら母乳の成分が変わる?母乳へのカフェインの影響

コーヒーを飲むことによって母乳の成分自体に変化が起きるのであれば、できるだけコーヒーは避けようと思うのではないでしょうか。
では、母乳の成分自体がコーヒーによって変わってしまう事があるのでしょうか。

コーヒーを飲もうが、酒を飲もうが 、母乳の成分に変化は起こりません

専門医によると、成分自体に変化が起こることはないようですね。これで少しだけ安心材料が増えました。

では、他に授乳中にコーヒーを飲むに当たり、どのような事に気をつけないといけないか見ていきましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

0歳から自宅で簡単にバイリンガルを育てよう知育のコンシェルジュ 高田塾

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【授乳中のコーヒー摂取】何杯まで大丈夫?母乳と赤ちゃんへの影響は?