1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 産後の便秘解消のためには何をするべき?薬は飲んでも大丈夫?

産後の便秘解消のためには何をするべき?薬は飲んでも大丈夫?

産後の便秘解消のためには何をするべき?薬は飲んでも大丈夫?のタイトル画像

産後の便秘解消のためにはどうすればいいでしょうか。産後は、会陰切開の傷が気になったり、赤ちゃんのお世話で排便の機会を逃してしまって、便秘になりやすいです。便秘を放っておくと、痔などのトラブルも引き起こしてしまうこともあります。また「大腸がん」やポリープ、卵巣腫瘍や子宮筋腫など、早期に対処することが必要です。産後の便秘について詳しく解説していきます。

目次 産後はママの多くが便秘になる。原因は何?
授乳中は便秘薬を飲んでも大丈夫?
産後の便秘の解消方法は?
先輩ママの体験談
恥ずかしがらず、お医者さんに相談しましょう

産後はママの多くが便秘になる。原因は何?

産後の便秘解消のためには何をするべき?薬は飲んでも大丈夫?の画像1

産後多くのママが便秘になるのですが、原因は何なのでしょうか?

1.排便の我慢
産後は会陰切開の傷が気になったり、赤ちゃんのお世話に追われて、排便する機会を逃しやすいため、便秘になりやすいです。

2.女性ホルモンの分泌量の低下による冷え
産後には、妊娠中増加していた女性ホルモンの分泌量がゼロに近くなります。女性ホルモンの中には体温の上昇を促す働きをするものがありますが、そのホルモンの分泌量が低下することで、体温が低くなります。そして、それが体の「冷え」を招きます。

3.ストレスや女性ホルモンの分泌量低下による胃腸の働きの低下
自律神経は胃腸の働きも調節しています。ストレスで交感神経が優位な時は、胃腸の働きが抑えられ、便秘になるのです。

4.食生活の偏り
産後は授乳など赤ちゃんのお世話で調理や食事を食べることもままならないことが多いものです。そのため、食物繊維が不足がちになり、便秘になってしまうママが多いのです。

5.水分不足
産後は母乳をつくるためにたくさんの水分が使われます。そのため、大腸で便の水分が必要以上に吸収され、硬い便になり、コロコロとした便になることがあります。

6.運動不足
産後しばらくは、床上げをするまで外出することがないため運動不足になりがちです。女性はもともと男性に比べて、腹筋が弱いため腸の働きが落ちやすいのですが、産後の運動不足と重なり、さらに便秘を引き起こす原因となります。

7.薬剤性の便秘
薬の服用が原因で起こる便秘もあります。産後、慣れない育児の不安や緊張で産後うつになり、精神安定剤や睡眠薬を精神科で処方されることもあるかもしれません。これらの薬の服用で便秘になることがあります。

授乳中は便秘薬を飲んでも大丈夫?

産後の便秘解消のためには何をするべき?薬は飲んでも大丈夫?の画像2

授乳中の場合、便秘薬は飲んでも大丈夫なのでしょうか?

妊娠中ママが飲んだ薬は、母体の血液から胎盤を通して胎児の血液へと移行します。授乳中はママが服用した薬の一部が母乳に入り、さらに赤ちゃんが飲んだ乳汁中の薬の一部が消化管から吸収されて赤ちゃんの血中に入るので、赤ちゃんに移行する薬の量はごくわずかです。ですから、妊娠中ほど薬の服用に不安を感じることはありません。

ただ、中には、母乳に移行しやすい薬があるので、市販薬を購入するときは、薬剤師に相談した上で服用することをおすすめします。育児で大変な時期ですが、病院へ行き医師による診察を受け処方された薬を服用することが、より安全性が高いと言えます。授乳中、便秘薬を服用するのは良いのですが、常用していると、排便しようとする腸の働きが弱まり、だんだんと便秘薬が効かなくなってしまいます。ですから便秘薬は一時的な便秘解消のために使用することをおすすめします。

産後の便秘の解消方法は?

産後の便秘解消のためには何をするべき?薬は飲んでも大丈夫?の画像3

産後便秘にならないためには、どのようなことに気をつければいいでしょうか。

1.排便タイミングを逃さない
朝ママは家族のために朝食を作ったりと何かとあわただしいですが、産後はさらに赤ちゃんのお世話や授乳などで、排便をしたいときにトイレへ行けないことが多いです。便意を感じたら、我慢せずにトイレへ直行するようにしましょう。便意を我慢したり、排便のタイミングを逃すことが習慣になると、便が直腸に降りてきても便意を感じなくなって便秘になることがあります。

2.朝食を必ず摂る
産後は忙しくて、なかなかしっかりとした朝ごはんを摂ることもままならないですが、朝食を摂ることで、腸が働き出して、腸の蠕動運動を活発にしてくれ排便を促します。食欲や時間がなくても、ヨーグルトやバナナなど、起きかけの一杯の水だけでも摂取するよう心がけましょう。

3.軽い筋肉トレーニングやストレッチをする
女性はもともと男性にくらべ腹筋が弱く、腸の働きが落ちやすいと言われています。腹筋が弱いと大腸の蠕動運動が弱くなり、便を十分外に押し出せないため、便秘になりがちになるのです。育児の合間などに、腹筋を鍛える運動を取り入れると良いでしょう。

4.水分を多く摂取する
授乳中はたくさんの水分を必要とします。母乳に水分が使われるため、母体が水分不足になりがちです。それが、便秘を招くといわれていますので、意識的に水分を多く摂取することが必要です。ただ、冷たい飲み物ですと、体の中から冷やすことになり、血行が悪くなり便秘が悪化しますので、温かい飲み物を摂取するようにしましょう。

5.バランスのとれた食事
便秘には食事内容が大きく関わります。野菜、穀類、繊維質などをバランスよく摂ることが大切ですね。プルーンエキスなども便秘には効果的です。

先輩ママの体験談

実際に産後便秘になった先輩ママの声をみてみましょう。

体験談を見る限り、産後の便秘はかなり辛そうですよね。小さなことを日々積み重ねて、便秘にならないように予防するように心がけましょう。

恥ずかしがらず、お医者さんに相談しましょう

産後、便秘に悩むママは多くいます。慢性的な便秘はとても辛いものです。便秘を放置しておくと、「痔」などを招くこともあります。また、ただの便秘と思っていたら、「大腸がん」や婦人科系の病気が潜んでいるということもあります。

自己判断で、市販薬に頼ってばかりいると、便秘薬が効かなくなり、ますます排便しずらい体質になってしまったということにもなりかねません。しつこい便秘の場合は、自己判断せずに、医師に相談することが大切ですね。産後のママは育児に家事に大忙しで、不調があっても我慢しがちですが、赤ちゃんや家族のためにいつも元気なママでいることが、望ましいと思われます。生活習慣の改善を図るとともに、なかなか治らない便秘の場合は専門医に相談する勇気が必要ですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 産後の体 産後の生理 産後の尿漏れ

この記事を書いた人

じょい

二人の男の子のママです。
正看護師と教員免許を持っています。
教員として10年働いていましたが、現在は、子育てに専念するべく、主婦しています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 産後の便秘解消のためには何をするべき?薬は飲んでも大丈夫?