1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?のタイトル画像

足がつる、いわゆる「こむら返り」は、誰でもたまに経験するものですが、妊娠中は特に足がつりやすくなります。あまりの激痛に、寝不足になることも?ここでは、妊婦の「こむら返り」の原因や対処方法、予防策などについて、分かりやすく解説したいと思います。

目次 妊婦の足がつる原因は?
どれぐらいの割合の妊婦が「こむら返り」を経験するの?寝不足になるって本当?
妊娠中に足がつったとき、どのように対処すべき?ストレッチが効果的?
妊婦の「こむら返り」は予防できるの?
足があまりに頻繁につるようであれば、病院に行くべき?
最後に

妊婦の足がつる原因は?

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?の画像1

妊婦の足がつる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?
早速5つほど挙げてみたいと思います。

1.お腹の赤ちゃんの成長による体重増加
赤ちゃんの成長に伴い、お母さんのお腹もどんどん大きく重たくなります。それに加えて、妊娠中は、お母さん自身の体重も増えます。
結果として、下半身に通常より大きな負荷がかかることになり、当然、足の筋肉にも負担がかかります。血流も悪くなり、こうして足がつりやすくなるのです。

2.骨盤のゆるみ
妊娠中は、赤ちゃんの成長によって骨盤が押し広げられ、ゆるみます。
そうなると、骨盤を支える足の筋肉の収縮が生じやすくなり、これが足のつりの原因となってしまいます。

3.カルシウムやマグネシウムの不足
妊娠中は、赤ちゃんにも栄養がいくため、カルシウムやマグネシウムなどが不足しがち。
しかし、これらの栄養素が不足すると、こむら返りを起こしやすくなるようです。

4.運動不足
妊娠期間中は、運動量が普段よりどうしても減ってしまうでしょう。
足の筋力の低下も、足がつりやすくなる原因の一つとなります。

5.冷え
体の冷えも、足のつりの原因です。
足先が冷えると、血液の循環が悪くなり、こむら返りが起きやすくなるのです。

どれぐらいの割合の妊婦が「こむら返り」を経験するの?寝不足になるって本当?

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?の画像2

では、一体どれぐらいの割合の妊婦が「こむら返り」を経験するのでしょうか?
ある調査によると、実に7割近くの方が、妊娠中に「こむら返り」を経験されたようで、決して珍しい現象ではないようです。妊娠中、1,2回しか経験しなかった方もいれば、毎晩のように悩まされた方もいます。
妊娠の度に、症状が違ったという方もいます。
私自身、3回の妊娠・出産を経験しましたが、回を追うごとに、足がつる頻度も高くなったような気がします。今思えば、3番目の子どもの妊娠期間中が、寒い冬の時期で、足が冷えやすかったのも大きな原因だったのかもしれません。

ぐっすり眠っているときに、突然襲われることの多い「こむら返り」。これが原因で、妊婦が寝不足になってしまうのは本当でしょうか?実際に、就寝中に「こむら返り」を経験したママの声です。

「足のつりが完全におさまるまで、かなりの時間がかかります。」
「一度目が覚めてしまったら、すぐには眠れません。」
「また足がつるんじゃないだろうか?とビクビクしていると、神経が高ぶって、なかなか眠りに就くことができません。」

…これでは、寝不足になっても、少しも不思議ではありませんね。

妊娠中に足がつったとき、どのように対処すべき?ストレッチが効果的?

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?の画像3

では、妊娠中に足がつったとき、どのように対処したらよいのでしょうか?やはりストレッチが効果的なのでしょうか?
ここでは、具体的な対処法を5つ取り上げてみたいと思います。

1.筋肉をゆっくり伸ばす
足がつったなら、ともかく落ち着いて、楽な姿勢をとります。そして、ふくらはぎの筋肉を無理なく伸ばしましょう。
壁があるなら、足の裏側を壁に押し付けて伸ばしてあげるのも効果的です。
つま先を、すねの方へ引き上げるように、ゆっくりと動かし、ふくらはぎとアキレス腱を伸ばしていきます。「足を伸ばす」のではなく、「アキレス腱を伸ばす」ことを意識して、ストレッチしましょう。

2.力を抜く
足がつると、あまりの痛みに、どうしても体全体に力が入ってしまいますが、まずは足の力を抜きましょう。
息を吐き、肩の力を抜いてリラックスしてください。

3.足首を回す
どうしても、痛いふくらはぎだけに神経が集中してしまいがちですが、足首をゆっくり回してあげることで、筋肉の緊張をほぐすことができます。

4.痛みがおさまったら、優しくマッサージする
いったん足のつりがおさまっても、ちょっと姿勢を変えると、またすぐに同じ筋肉が収縮することがあります。
痛みがおさまったなら、そのままにしないで、軽くふくらはぎを揉んでおきましょう。下から上に向かって、やさしくさするようにマッサージします。

5.蒸しタオルなどで温める
マッサージに加えて、足をお湯につけたり、蒸しタオルを当てたりして、ふくらはぎを温めるのも良い方法です。
血行がよくなり、こむら返りを起こしにくくなります。

このように、足が突然つった場合は、慌てずゆっくりとストレッチを行ないましょう。そして、症状がおさまったら、「マッサージ」と「温め」のひと手間を忘れずに。
再度、こむら返りを起こさないためにも、足を伸ばして寝るのではなく、ひざ裏にクッションなどを挟んで、足が伸びきらない状態にして休むとよいかもしれません。

妊婦の「こむら返り」は予防できるの?

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?の画像4

「こむら返り」の対処法については理解できましたが、できれば、最初から足の痛みを回避できたほうが嬉しいですよね。
果たして、妊婦の「こむら返り」は予防できるのでしょうか?ここでは、具体的な予防策を4つほど取り上げてみましょう。
今日からすぐに実践できそうなものもありますよ!

1.就寝前のストレッチやマッサージ
毎晩、床に付く前に、足の筋肉をゆっくり丁寧に伸ばし、ストレッチやマッサージをすることを習慣にしましょう。
アキレス腱を伸ばしたり、ふくらはぎをマッサージしたり、足首をぐるぐる回したり。歯磨きをしながら、テレビを見ながらでも、簡単にできそうですね。

冷えも「こむら返り」の原因の一つでした。特に寒い冬の時期は、足元を温かくして休みましょう。
レッグウォーマーを履いて寝るのもおすすめです。

2.カルシウム・マグネシウムの摂取
妊娠中に不足しがちな、カルシウムやマグネシウム。
毎日の食事で、意識的に摂取するように心がけましょう。
カルシウムは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、いりこ、しらす、ししゃもなどの魚介類に多く含まれます。マグネシウムは、納豆、きな粉、油揚げなどの大豆製品、こんぶ、ひじき、わかめなどの海藻類、ピーナッツ、アーモンド、ごまなどのナッツ類から摂ることができます。身体の中から「こむら返り」を予防しましょう。

3.骨盤ベルトの使用
骨盤のゆるみからくる「こむら返り」。
骨盤ベルトは、広がった骨盤を正しい位置に戻す役割を果たしてくれます。しかも「こむら返り」の予防だけでなく、腰痛や妊娠線の予防、産後の骨盤ケアにも役立ちます。自分に合った骨盤ベルトをぜひ一本購入してみてください。

4.ウォーキングなどの適度な運動
妊娠中の運動不足解消のため、ウォーキングなど、自分にできる軽めの運動を続けてみるのも、大変効果的です。
足の筋力を鍛えることにより、「こむら返り」が起きにくくなりますし、お産に向けての体力もつきます。運動によって身体も温まり、冷え防止にもなりますね。

足があまりに頻繁につるようであれば、病院に行くべき?

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?の画像5

いろいろと注意していても、足があまりに頻繁につるようであれば、病院に行った方がよいのでしょうか?
通常なら、整形外科を受診することになります。しかし、妊娠による「こむら返り」に悩まされているのであれば、整形外科ではなく、まずは、かかりつけの産婦人科の先生に相談してみましょう。

「足がつる」程度のことを、先生に相談してもよいのかしら?と躊躇してしまうかもしれませんが、「こむら返り」も、立派な妊娠トラブルの一つです。夜も眠れないほど、頻繁に悩まされているのであれば、遠慮なくアドバイスを求めましょう。先生も、これまで大勢の妊婦さんを診ておられます。
どうして「こむら返り」が起こるのか、どのように対処したらよいか、予防策としてどんなことに気をつけることができるか、など、丁寧に教えてくださることでしょう。
一人で悩まずに、どんな小さなことでも、相談できるとよいですね。辛い気持ちを口に出し、誰かに聞いてもらうだけでも、案外ホッとして安心できるものです。

最後に

妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?の画像6

いかがでしたか?
妊娠中は、様々な体のトラブルに見舞われます。中でも、今回取り上げた「こむら返り」は、何の前触れもなく突然に、しかも皆が寝静まった深夜に起きることが多いもの。激痛が走っても、誰にも助けを求めることができず、ただひたすら一人でじっと耐えている、という妊婦さんも多いのではないでしょうか?

私自身も、妊娠中、何度となく「こむら返り」に悩まされた一人です。時には、声も出せないくらい痛くて、涙が出るほど辛かった夜もありました。今回、この記事をまとめてみて、「こむら返り」の原因・対処・予防について、もっと早く知っておけばよかったな…と、心から思いました。

今、お腹に大切な赤ちゃんを抱えながら、こむら返りと闘っているお母さん。
少しでも、この記事がお役に立てますように。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠中の生活 妊娠 妊娠中の運動・体重管理

この記事を書いた人

ぴぃさん

5歳の娘、3歳の息子、1歳の息子がいます。三人の子供の出産・育児体験を通して、発見したことや感じたことを、分かりやすくお伝えできればと思います(^^♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊婦の足がつる…!妊娠してから「こむら返り」が続いて痛い…原因、対策、予防法は?