1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「社会保険料の免除」とは?正しい申請方法について

「社会保険料の免除」とは?正しい申請方法について

「社会保険料の免除」とは?正しい申請方法についてのタイトル画像

育児休暇を取得する際に覚えておきたいのが、社会保険料の免除の制度です。これは育休の期間の社会保険料を、会社が申請して免除してくれるという制度です。会社にとっても育休の社員の保険料を肩代わりする必要のない制度で、積極的に申請してくれるケースが多いようです。

社会保険料免除、申請依頼のタイミング

社会保険料を免除してもらうには、事業主からの申請が必要になります。ママ自身ではなく勤めている会社が、「健康保険・厚生年金保険育児休業等取得者申出書」という書類を年金事務所や健康保険組合に提出することで手続きができます。育児休暇を申請する時に確認しておきましょう。社会保険料が免除されるのは育休ママにとって助かる制度なのですが、注意点として、厚生年金に関しては基金によって掛け金の中で免除される部分とされない部分があります。細かな点は会社に説明を受けておきましょう。

育休中の健康保険もカバーされて安心

共働き世帯で両方とも正社員の場合、保険証はそれぞれが持っているでしょう。子どもが生まれた後も、産休育休を利用して会社に復帰しようと思っているママは、それまでの保険証を継続するために保険料を支払う必要がありました。しかし、前年の年収によって決まる保険料は育休手当に対して高くなり、支払うのは大変ですね。



最近はその保険料が免除される制度があり、申請すれば育休中も元の保険を継続して利用できます。保険料を免除されていても、医療機関にかかる時の負担分は変わらず安心ですね。出産退職するとパパの保険に入り直したりする手間がかかりますが、継続して同じ保険を利用できて、保険料も免除というのはありがたい制度と言えるでしょう。

社会保険料の免除はママも会社もメリット大

毎月のお給料やボーナスから天引きされていた厚生年金や健康保険料といった社会保険料は、どちらも大切な保険料ですが、育休で収入がダウンする中で支払うのは痛手。育休中に社会保険料を免除してくれる制度に申請すれば、育休に入る月の分から復職時まで免除され、育休の長さによりますが、最大で子供が3歳になるまで使える制度です。



この制度は、会社が社員の代わりに社会保険料を支払うのではなく、事業主である会社にも育休の人分の社会保険料が免除になるものです。会社としても育休の人の社会保険料を支払わなくて良いため、ウェルカムですね。育休を取ることを考えているなら、「保険料の免除」について会社に相談してみましょう。どちらにもメリットがある制度なので、話を持っていきやすいですね。

「社会保険料の免除」とは?正しい申請方法についての画像2

育休中の社会保険料が免除される、という制度について知っておくことで、育休中のお金をもっと効率的に使うことができます。免除された分を多く貯めておくなど、何かとお金が必要な子どもの教育にも準備ができます。申請するのは事業主なので、しっかり確認して依頼しておきましょう。免除される権利があるので当たり前という気持ちではなく、申請してもらえることに感謝の気持ちを持つのも大切ですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「社会保険料の免除」とは?正しい申請方法について