我が家は、伊那市で子どもと暮らすことを1年前に選んだわけですが、女子大生の方の中にも、子どもを自分の出身地で育てたいというかたがいらっしゃいました。

子どもを地元で育てたいという気持ちと、大学での学びを活かして第一線で活躍したいという気持ち。

揺れますよね。大学を卒業するのが22歳ごろ。全力で仕事ばかりしていたら、すぐに出産に適した体の年齢が過ぎて行ってしまいます。その間、約10年ほどでしょうか。

私たちママが、まさに直面してきた問題だと思います。

女性が仕事人として自分を活かすことができ、適切な年齢で子どもを産み育てることができ、そして自分が暮らしたいと思う場所で過ごす。よく考えると割とシンプルな願いだと思います。
今はまだ課題もたくさんあり、働くお母さん・お父さん・会社・社会・国、みんなでどうにかしようと試行錯誤中ですが、「manma」さんが子育てをするころに、シンプルな幸せが今よりもっと手に入りやすくなるように、私たちの子どもたちが豊かに生きられるように。

そんなことを思った2日間でした。

「manma」さんの家族留学に興味のある方は、ぜひ「manma」さんサイトをご覧ください。