1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「学資保険」とは?正しい申請方法について

「学資保険」とは?正しい申請方法について

「学資保険」とは?正しい申請方法についてのタイトル画像

学資保険も生命保険の一種ということで、年末調整時に控除の申請ができます。自営業の場合は確定申告時に申請しましょう。申請時に保険会社から郵送される「生命保険料控除証明書」を大切にとっておき、戻ってくるお金を取り漏らさないようにしましょう。

未来を育てるお金、学資保険かけてますか?

子どもが生まれた時に多くの親が心配するのが、まずは健康、それからお金のこと。子ども一人に対してかかる教育費は1000万円ともいわれる時代、無事に子供が生まれた喜びと同時に、育て上げるためには経済的なプレッシャーがあるのも事実です。定期預金を始めたり、株などを買って投資をする方も見られますが、手堅くまとまった教育資金を用意するなら学資保険が安心です。お祝い金や満期時に保険料が戻ってくるので、加入しておけば必要なときに教育資金が手元に。利率がよく、資金が必要な年齢を設定できる貯蓄性の高いタイプが人気です。



保険商品としては、親が亡くなった時の保障付、お友達などに怪我をさせてしまったときの補償が含まれるタイプの物もありますが、保険料総額に対して戻ってくるお金が少なくなってしまうことが懸念されます。貯蓄性でいうと、保障は低くても戻り率が高いものがよく検討されています。

「学資保険」とは?正しい申請方法についての画像1

生命保険料控除で税金が戻ってくる

サラリーマン世帯でも自営業でも、生命保険に入っていれば、毎月の保険料を合算して所得税や住民税から控除してもらうことができます。子どもの学資保険も生命保険と同様に控除の申請ができます。それによって所得税で最大5万円、住民税で最大3万5千円が控除されます。サラリーマン世帯では年末調整の時期になると、給与所得者の保険料等控除申告書が配られるので、生命保険料と併せて子どもの学資保険料を記入しましょう。



また、自営業では確定申告をしていますね。その際に控除申請をすれば、保険料が控除される仕組みです。個人で行う時には手間がかかり煩雑な確定申告ですが、きちんと手続きをすれば戻ってくるお金があります。子どもの学資保険も申請すれば控除されることを覚えておきましょう。

「学資保険」とは?正しい申請方法についての画像2

学資保険の控除申請のために気を付けること

学資保険の控除の時に必要なのが、「生命保険料控除証明書」です。10月ごろから保険会社が発送しはじめ、年末調整の時期までには届くようになっています。ただはがきで送られることも多く、見落としてしまう人も。申請に必要なので、もしなくしてしまったときは再発行を依頼します。その場合有料になることもあるので、発送の時期がきたら郵便をよく確認するようにしましょう。



子どもの教育にかかるお金の心配を軽くしてくれるのが学資保険です。長期的にかけることでもらえる金額も大きくなっていきます。控除されるチャンスはきちんと生かして、きっちりお金を戻しておきましょう。会社勤めの場合は簡単な年末調整で済みますが、自営業では確定申告は一仕事。ネットを利用した申請なども活用すると、スムーズに行えます。

何かとお金が入り用になる子育て。使える保険や制度を知っておくことで、賢く利用して上手くお金の問題と付き合って行きたいものですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

マネー・保険 保険 学資保険 教育 遊び・教育

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「学資保険」とは?正しい申請方法について