1. >
  2. >
  3. >
  4. 【妊娠中の虫歯】妊婦が麻酔治療を受ける際の注意点と胎児への影響

【妊娠中の虫歯】妊婦が麻酔治療を受ける際の注意点と胎児への影響

【妊娠中の虫歯】妊婦が麻酔治療を受ける際の注意点と胎児への影響のタイトル画像

妊娠中ママは虫歯になりやすくなります。治療をうける際、麻酔はしてもいいのか、またお腹の赤ちゃんへの影響はあるのか気になりますよね。今回は気になる麻酔による胎児への影響と、ママが虫歯治療で注意すべき点について解説していきたいと思います。

妊娠中の虫歯、治療すべき?それとも置いておくべき?

妊娠中の虫歯は治療した方がいいのか、そのまま触らずに置いておくべきかとても気になりますよね。

妊娠中はつわりが重く、歯磨き粉で体調を崩してしまったり歯ブラシを口に入れる事さえできなくなる場合があります。通常はなんでもない事なのに、歯を磨く時間が本当に辛く感じられるのではないでしょうか。

妊娠中は、唾液の分泌が鈍くなり、量も減ってしまいます。その為虫歯が増える傾向にあります。また、女性ホルモンの影響もあり、女性ホルモンを好む歯周病菌が増殖して、虫歯だけではなく歯周病や歯肉炎のトラブルが増えてしまう時期でもあります。

そして、虫歯治療で気になる点と言えば、やはり赤ちゃんへの影響です。赤ちゃんがお腹にいる間に歯の治療をすると、何かしら悪影響があるのではないかと思われますよね。
実は、悪い状態の歯を放置しておくことが一番赤ちゃんにとって悪いことなんです。

歯周病や歯肉炎を治療せず放置しておくと、早産や低体重児の確率が7倍にも上がるといわれています。

このように、歯周病や歯肉炎を放置しておくと、赤ちゃんには負荷がかかるということがわかります。歯周病や歯肉炎、軽い虫歯などは自覚症状があらわれにくく進行も早いため日々のメンテナンスが必要ですね。

でも治療自体が赤ちゃんに負担をかけるということはないのでしょうか?
一般的には以下のように言われています。

妊娠中、歯科治療を受けてはいけない時期というのはありません。ですが、妊娠初期はつわりで歯ブラシも口に入れられない方もいらっしゃいますし、流産しやすい時期でもあり体調が優れない期間なので、歯医者に行く必要がある方は無理しないよう時間も短く軽めの処置で留めておくようにしましょう

このように妊娠中も歯科治療をしても大丈夫なのです。むしろしっかり治療をして貰う方が後々のケアの為になります。

出産後は育児で忙しく、ゆっくり歯科治療に通える時間を作ることも難しくなりますので、出産後にはさらに悪化していそうであれば、妊娠中でもしっかり治療しておきましょう。

麻酔治療はセーフ?胎児への影響は?

歯の治療の中には麻酔が必要なものもありますよね。

妊娠中の麻酔治療には胎児への影響はあるのでしょうか?麻酔が胎児へ影響しますか?
という質問を歯科衛生士の方がお答えしています。

影響しません。
歯科治療に使う麻酔は全身麻酔ではなく局所麻酔です。そのうえ血管収縮剤が入っているため治療する歯の周辺にしか麻酔薬は停滞しません。
歯科領域で使用される局所麻酔薬(キシロカイン)は通常の使用量で催奇形性が認められるものはなく安全に使用できます。(この局所麻酔薬は無痛分娩にも用いられています。)麻酔注射の影響
むしろ疼痛によるストレスを考えると安定期に適切に使用した方が良いと思われます。

麻酔による胎児への影響は局部麻酔が一般的ですので心配がないようですね。母乳への影響もないと言われています。ただし、麻酔で気分が悪くなる方もいると思いますので、その経験がいる方は先に先生に相談されるとよいですね。

虫歯治療における5つの注意点

虫歯治療をする場合、妊娠中はどのようなことに気をつければいいでしょうか。5つ気をつけるべきことを紹介したいと思います。

■母子手帳を持参しましょう
体調の変化などがあるかもしれませんので、母子手帳は携帯しておくと安心ですね。

■妊娠中はトイレが近くなりますので、診察前にしっかり済ませておきましょう
歯科の空調がご自身の身体と合わない時は特にトイレが近くなりますので、先に済ませておきましょう。

■つわりなど体調がおもわしくない時は、無理をせず治療日を変更しましょう
無理は厳禁です。体調の悪いときは違う日に変更しましょう。

■楽な姿勢で治療がうけられるように、姿勢が辛くなってきたら早めにお医者さんに伝えましょう
同じ体勢で時間を繋ぐことになりますので、しんどくなったら遠慮せず、先生に伝えましょう。

■産婦人科での伝達事項や処方薬がある場合は、歯医者さんにも伝えておきましょう
歯科でも薬の処方が行われる場合がありますので、薬の飲み合わせに注意するため
先に処方薬がある場合は伝えておく方が良いでしょう。


歯の治療が必要な際も、お腹の赤ちゃんとママ自身のために、無理はしないようにしましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠中の生活 妊娠 妊娠中の病気・症状

この記事を書いた人

0歳から自宅で簡単にバイリンガルを育てよう知育のコンシェルジュ 高田塾

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【妊娠中の虫歯】妊婦が麻酔治療を受ける際の注意点と胎児への影響