私は何度聴いても、この曲を聴くと涙が溢れてきます。
そして、改めて家族のすばらしさを感じ、家族を大切にしていきたいという気持ちになります。


曲中のワンフレーズに、

“ぼくらに見えないところで流した涙もあっただろう”

という部分がありますが、私はその歌詞を聴くと、自然と自分の家族とリンクしてしまいます。

親になるって本当に大変ですよね。
子どもが生まれると、急に親になって、「〇〇ちゃんママ」と呼ばれ、〇〇ちゃんママとして色々な人が接してきたり、自分のことを判断してくる。

自分ではない人のために、時間や気持ちを費やして、うまくいかないことだらけになり、私も何度泣いたのか数えきれないほど、泣きました。

それでも、何があっても、心の底から大好きな子どもたちの笑顔や「ママ大好き」という言葉を聞くだけでまた頑張れたのも事実で。
家族のちからってすごいなぁと。
子どもたちが生まれてきてくれてよかったと今、改めて感じています。


我が家の子どもたちはまだ小さくて、どれだけこの気持ちが伝わっているか分からないけど、この4人の子どもたちのように、家族を大切に幸せに生きていってもらえるように、これからも日々過ごしていきたいなと思います。