1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠線を予防する方法は?どのクリーム・オイルがおすすめ?

妊娠線を予防する方法は?どのクリーム・オイルがおすすめ?

妊娠線を予防する方法は?どのクリーム・オイルがおすすめ?のタイトル画像

妊娠線予防は保湿がカギ!予防は運動やカロリーコントロールでもできますが、専用クリーム、オイルがあればより効果的です。そこで、妊娠線予防のためにおすすめのクリームとオイルをまとめてみました。早速チェックしてみてくださいね!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031550
目次 妊娠線予防におすすめなクリーム・オイル6選
コスパ最高!ニベアの青缶が効果あるって本当?
クリーム・オイルの効果的な塗り方
妊娠線予防用クリームを使用するときの注意点
たっぷり保湿して予防しよう

妊娠線予防におすすめなクリーム・オイル6選

一度できてしまった妊娠線を消すのは難しいのが現実。大切なのは妊娠線の予防です。妊娠線を予防するためには専用のクリームやオイルが大活躍します。クリームとオイルはそれぞれにおすすめのポイントがあります。そのため、どちらがおすすめとは断定できないので、好みで選んでみましょう。メーカーが違えば効果も成分も異なります。そこで、それぞれのおすすめの商品をまとめてみました。

■クリームタイプ
保湿に効果的な成分を配合できるので効果が高く、油分だけでなく水分も含まれているので保湿とクリームの後残りのない触り心地で使いやすいのではないでしょうか。種類が多くクリームの中でもローション系、オイル系などがあります。

・ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

なんといっても保湿力が抜群。8時間以上肌の保湿が続くように皮膚科専門医の協力を得て開発されました。無香料、無着色、低刺激なので妊婦さんも安心。さらに肌になじみやすくマッサージいらずなのでズボラさんにはおすすめです。

・スキンクリームマドンナ

18年間の歴史は、妊婦さんやママに愛され続ける信頼の証。しっとりとなめらかな使い心地が人気の秘密。天然植物抽出エキス配合の肌に優しいクリームは、敏感肌にも乾燥肌にも潤いを与えてくれます。

ベルタ マザークリーム

肌の内部まで潤す最強の成分「シラノール誘導体配合」した妊婦さんのためのクリーム。5種類のオーガニック原料を使い、無添加にこだわっています。ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなど美肌を作る成分を豊富に選び抜き、妊娠中の肌トラブルにも効果的。

■オイルタイプ
油分が主な成分なのでベタつきや独特の匂いがある場合があります。保湿力はクリームより高く、妊娠線ができる表皮にまで浸透します。皮膚の温度を上げる作用があるので皮膚が柔らかくなる。

エルビーバ ストレッチマークオイル

オイルですが、サラサラとした使い心地が人気。こだわりのオーガニックオイルなので申請時にも使えるほど。妊娠中は妊娠線の予防に、出産後は赤ちゃんの保湿に大活躍。

キャリネス ボディオイル

妊婦さんのために栄養が豊富な厳選された植物成分を配合。癒される香りにこだわり10種類ものオーガニック精油をブレンドしています。妊娠線予防だけでなくリラックス効果も。オイルなのにベタつきがないのも嬉しいポイント。

ヴェレダ マザーズボディオイル

無着色、無香料の自然の原料にこだわってつくられたヨーロッパの老舗ブランドのオイル。エッセンシャルオイルの自然な香りで癒しの効果も。クセのない香りと伸びの良いオイルはマッサージがしやすく大人気。

コスパ最高!ニベアの青缶が効果あるって本当?

妊娠線予防クリームは保湿を保つためにもたっぷりと塗るのがおすすめです。そのため、妊娠中に数本の使用が必要になります。数本も使うとなればリーズナブルで効果的な商品が最適ですよね。ニベアの青缶は薬局でも手に入り、価格は500円程度です。なのに成分は驚くほどに優秀なのです。

実は、ニベアの青缶の成分は妊娠線予防にも最適。保湿成分も豊富なのはもちろん、伸びのよいオイルも配合されているので塗り心地も抜群と話題に。さらに、赤ちゃんの保湿ケアにも使用できるなど、デリケートな肌とも相性がいいのも特徴。モデルの東原亜希さんも妊娠線予防に使用していたそうです。リーズナブルなのに効果的とあれば、試してみる価値はありますね。

クリーム・オイルの効果的な塗り方

クリームもオイルも使い方を間違えてしまっては、効果が半減してしまいます。まずは購入した商品の使用法を確認してみましょう。ここでは、基本的な塗り方、マッサージ法をご紹介します。

・クリームタイプ
基本は朝晩の2回が進められていますが乾燥が気になったら何回でも使用可能。とくにお風呂上りは毎日塗るのがおすすめ。

・オイルタイプ
オイルは水分がないため乾燥した肌には効果を発揮しません。お風呂上がりの肌が潤った状態に使用しましょう。そのため1日1回の使用が基本になります。

・マッサージ方法
どちらも気になる箇所にたっぷりつけてマッサージしましょう。お腹のマッサージは、時計回りにくるくると優しくマッサージしましょう。次にお腹の下から上になであげ、最後は中心から外になでると効果的です。他の箇所にも応用してマッサージしてみてくださいね。

妊娠線予防用クリームを使用するときの注意点

最後に、意外と知らない妊娠線予防クリームを使用するときの注意点をまとめてみました。

①たっぷりつける
少量だと滑りが悪く肌を傷つけたり、痛みを感じる場合もあります。保湿のためにもたっぷりが理想なのです。

②優しくマッサージ
マッサージの基本は優しくゆっくりと。とくにお腹はデリケートな部分なので要注意。強い力でマッサージしても効果は変わりませんので、優しくゆっくりとを心がけましょう。

③クリーム、オイルを温める
常温保存ではありますが、どちらも手で温めてから使用するのがおすすめ。温かいクリームでマッサージすればリラックス効果も上がります。

④無添加、無着色の肌に優しいものを選ぶ
妊娠中は肌が敏感になっています。そのため、普段は使用できた化粧水が使えなくなる場合も。妊娠線予防クリームは無添加、無着色、オーガニックなど優しさにこだわった商品を選びましょう。

⑤妊娠線がでる前から使用
妊娠線がでてからクリームを使用する人が多いのですが、一度できた妊娠線は消すのは困難。妊娠線予防クリームはあくまでも予防。安定期を過ぎたら使用を開始するのがいおすすめ。

⑥お腹以外もしっかりケア
妊娠線はお腹にでると思っている方も多いとは思いますが、皮下脂肪がつきやすいおしりや乳房も妊娠線のできやすい箇所。お腹だけではなく、まんべんなくケアするのが大切。

たっぷり保湿して予防しよう

妊娠線は予防が大切です。乾燥をさせないためにも日頃のケアが重要になってきます。私はクリームタイプを選びました。とくに気にしていなくて薬局でおすすめの商品を購入しましたが妊娠線はでませんでした。

最初のうちは先輩ママや口コミを参考にするのがおすすめです。しかし、誰かには効果があっても自分には向かない場合もあります。いろいろ試して自分の好みのタイプを探してみてくださいね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

いちまる

1歳になる娘を育てるシングルマザーのいちまると申します。
妊娠、出産、育児を経験し様々な喜びと苦しみを味わいました。
初めての育児は誰もが初心者。だから、わ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊娠線を予防する方法は?どのクリーム・オイルがおすすめ?