1. >
  2. >
  3. >
  4. 水分補給が大事。赤ちゃんにコップで飲み物を飲ませる方法

水分補給が大事。赤ちゃんにコップで飲み物を飲ませる方法

水分補給が大事。赤ちゃんにコップで飲み物を飲ませる方法のタイトル画像

赤ちゃんにとって水分補給はとても大切です。産まれてからしばらくは母乳やミルクだけで十分ですが、離乳食が始まると麦茶や白湯などの飲み物からも水分を補っていきます。コップにも挑戦したいけれどなかなかうまくいかない。そんな時に知っておきたいことをまとめてみました。

赤ちゃんの水分補給が大切な理由

人間の身体の多くは水分で構成されています。その割合は大人で60%、赤ちゃんは70%にもなります。この水分の事を体液といい、体の老廃物をおしっこや汗などで身体の外に出したり、上がりすぎた体温を下げたりする役割を果たしています。ただ赤ちゃんは腎臓の機能が完全ではないため、大人よりも多くの水分がおしっこで出てしまいます。また汗っかきでもあるため、身体の体液バランスは大人と比べると乱れやすくなります。そのためこまめな水分補給は赤ちゃんの体液の量や濃度を一定に保つ大切な行為となるのです。

コップはいつから使い始めればよいか

実は新生児でも、コップを使って飲むことが出来ます。しかしそれは大人の飲み方とは違います。縦抱きにした状態で紙コップに入れたミルクを赤ちゃんの唇に当てると、反射的に舌と唇で吸い込むというものです。母乳や哺乳瓶でミルクを飲む動作と同じなんですね。それが生後9〜11か月頃には、大人と同様の飲み方が出来るようになります。この頃の口の中は、舌が前後上下そして左右にも動き、舌で食べ物を移動させることが出来ます。スプーンで与えた水分を唇でくわえて飲めるようになれば、コップ飲みが出来る準備が整ったと思って良いでしょう。市販されているトレーニングマグには、大抵コップタイプは8か月頃〜という記載がされていますが、これは8か月頃からの使用が推奨されるという意味で、必ず8か月頃から使用しなければならないわけではありません。赤ちゃんの成長発達や興味の度合いには個人差があるため、開始時期はひとつの目安としてとらえると気楽に取り組めます。

コップで飲み物をのませてみよう

まずはコップに慣れさせるため、空のコップを与えてみましょう。そして少量の水分を入れ、大人が支えて口元にもっていきます。飲む行動を見せた時は、沢山ほめてあげましょう。また、一緒に飲んで「美味しいね!」と楽しい気持ちを共感します。真似が好きなお子さんは比較的スムーズに進みますが、興味を示さない子もいます。飲まなかったり嫌がったりする場合は、今は時期ではないと無理強いはしません。お茶の味が苦手な子は、果汁など甘味のある液体に変えるとうまくいく場合があります。



使うコップの種類は市販されているトレーニングマグの他に、例えば水薬の計量カップやおちょこ、クリーマーの注ぎ口が赤ちゃんの口にフィットしてコツをつかめたなどの経験談もあります。固定概念にとらわれず、色々な道具を試してみましょう。

水分補給が大事。赤ちゃんにコップで飲み物を飲ませる方法の画像2

練習がうまくいかないときは…

コップで飲めるようになっても、一人でこぼさず飲めるまでにはしばらくかかります。それは、1〜2歳は力加減がまだ分からない上、お水遊びや投げたり落としたりが楽しい時期とも重なるからです。もしコップで遊びが行き過ぎたなら、それはいけないことだと伝えましょう。飲み物がこぼれたら「気持ち悪いね」と伝えてみます。ですが過剰に反応するとコップで飲むこと自体を嫌がるようになるので、言葉は短く表情で示して見せましょう。うまくいかないからと必死になるのはお互いによくありません。ストレスをためないよう、しばらくコップの使用を見合わせても良いですね。コップを使えるようになった時期は1歳未満から3歳手前など、子どもによって幅があります。



けれどもコップで飲めない大人はいません。いつかは飲めるようになると気楽な気持ちで、スプーンやストローマグなどを活用しながらその時期を楽しみに見守っていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 月齢別のお世話

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 水分補給が大事。赤ちゃんにコップで飲み物を飲ませる方法