1. >
  2. >
  3. >
  4. 授乳中のアルコールの赤ちゃんへの影響は?飲酒後は何時間空ける?

授乳中のアルコールの赤ちゃんへの影響は?飲酒後は何時間空ける?

授乳中のアルコールの赤ちゃんへの影響は?飲酒後は何時間空ける?のタイトル画像

妊娠中から出産後の授乳期間中は、アルコールを飲むのを我慢するママが多いです。授乳中でもアルコールを控えたほうがいいでしょうか?また授乳中は、授乳何時間前なら飲めるのかなど気になりますよね。飲酒が赤ちゃんにどのような影響をもたらすかなどについて説明していきます。

目次 アルコール摂取が赤ちゃんに与える影響
どのくらいの量なら飲んでいいの?
飲酒後はどのくらい時間を空けるべき?
飲酒の量・空ける時間はあくまでも目安
どうしてもアルコールを飲みたくなったら
授乳中のアルコールは十分に注意しましょう
授乳中のアルコールは原則我慢しましょう

アルコール摂取が赤ちゃんに与える影響

授乳中にママがアルコールを摂取すると赤ちゃんには悪影響があることがわかっています。どのような影響があるのか、知っておきましょう。

1.ママが飲んだお酒が母乳に出てきてしまいます

授乳中にママがアルコールを摂取すると、血液中のアルコール濃度が上がります。早ければ飲酒後数分で血液のアルコール濃度が急激に上がります。飲酒1時間後に血液中のアルコール濃度を調べると90~95%のアルコール濃度が検出されます。つまり1時間たってもアルコールは分解されないのです。

母乳は血液から作られるので血液中のアルコール濃度が上がれば、母乳にもアルコールが含まれてしまいます。飲酒後すぐに授乳をすると高濃度のアルコールが赤ちゃんの体内に入ってしまうのです。

赤ちゃんはまだ腎臓や肝臓が未発達のため、アルコールを分解する能力がかなり低いです。授乳前にアルコールを飲むと、赤ちゃんがアルコールを摂取することになってしまい、赤ちゃんの発達が阻害されてしまいます。低身長や低体重、記憶障害、学習障害などの悪影響を引き起こすことも考えられます。また、赤ちゃんがアルコール中毒になってしまう危険もあります。

2.母乳の量と質を変化させます

授乳中のママがアルコールを摂取すると、プロラクチンの分泌量が低下し、まずは母乳の作られる量が減ります。そしてオキシトシンが分泌されにくくなるので、赤ちゃんが乳首を吸うと母乳が出るといった射乳反射が阻害され母乳が出にくくなってしまうのです。

また、アルコールによって母乳は発酵してしまい、おいしかったはずの母乳がまずくなります。

どのくらいの量なら飲んでいいの?

出産後、もう、おなかの中に赤ちゃんがいないんだし、お酒を飲みたい!という気持ちはわかります。もし、母乳育児をしているのにお酒を飲みたくなった場合、お酒は赤ちゃんに悪影響だからと母乳育児をやめなければならないのでしょうか?

アメリカではママがアルコールを飲むために母乳育児をやめる必要はない、適量を守れば飲んでもいい、とされています。では、その適量とはどれくらいなのでしょうか?

授乳中ママの体重1kgあたり0.5gまでのアルコール量であれば赤ちゃんが母乳を通して摂取しても安全だと言われています。具体的には体重50Kgの女性の場合、50kg×0.5g=25g。これは缶ビール350ml1缶分ぐらい、ワインだとワイングラス1杯程度となります。少量なら赤ちゃんへの影響は許容範囲という事らしいです。

育児中、授乳中はいろいろ制約も多く、ストレスもたまることと思います。リラックスするために少しだけ、というならよさそうですが、継続して多量に飲むならば母乳育児は辞めたほうがよさそうです。飲酒後はしばらく授乳しない方がよいので、搾乳した母乳は廃棄しましよう。

飲酒後はどのくらい時間を空けるべき?

授乳中のアルコールの赤ちゃんへの影響は?飲酒後は何時間空ける?の画像1

少しならアルコールを摂取してもよいということがわかりましたが、飲酒後はどれくらい授乳をしない方がいいのでしょうか?

飲酒後、1時間で血中のアルコール濃度が最大値になります。そして30分から1時間かけてその濃度が半減し、完全に消失するにはさらに数時間が必要となります。どれくらいの時間があけばアルコールが完全に分解されるのかは体の大きさや体質など個人差が大きいため、どれくらいなら大丈夫かは不明です。

アルコールが抜けた気がするからと言って、飲酒後数時間で授乳をするのはまだ危険だと思います。確実に安全であることを求めるなら、飲酒後1日~2日は授乳を控えましょう。ということは、授乳間隔3~4時間しかあいていない時期は避けましょう。赤ちゃんにとって母乳は命の綱なのです。

少しぐらいならいいと言われても、赤ちゃんにとって良い影響がない事はわかっているのですから、何か悪い影響が出るのが心配ならば飲酒はしないことです。

飲酒の量・空ける時間はあくまでも目安

授乳中にアルコールを摂取したらどうなるかは前述の通りです。量も少しならよいとか、数時間~1日あければ授乳しても問題はないと言われています。

アメリカの研究で、継続して(毎日とか)飲まなければよいとか、飲酒後数時間で授乳を再開してよいと発表されていますが、それを鵜呑みにするのはいかがなものでしょう?アメリカ人は日本人よりも体が大きく、アルコール分解能力も日本人より高いかもしれません。日本人とどれくらいのアルコール分解能力の差があるのかも不明です。アルコール分解には体の大きさや体質などの個人差が激しいのに、そのデータを信じてしまってよいものでしょうか?

しかも、臨床試験として赤ちゃんにアルコールを与えてどうなるか、という実験は不可能なので、実際のところの悪影響は不明となっています。情報はあくまでも目安ではっきりしたことはわかりませんが、悪影響があることだけはわかっています。それを認識していても飲みたいなら、一度、出産した産婦人科医に相談するといいと思います。

母乳育児をしているなら、飲酒をしても母乳を続けたほうがいいと言われるでしょう。それぐらい母乳には赤ちゃんにとって良いものがたっぷり含まれているという事です。

また、授乳をやめてしまうと乳腺炎になったり、母乳が出なくなったりします。赤ちゃんが飲んだ分だけ作られる仕組みになっているからです。ママが食べたり飲んだりしているものはそのまま赤ちゃんも飲んだり食べたりしているのだという意識を持つことが大切です。

どうしてもアルコールを飲みたくなったら

授乳中のアルコールの赤ちゃんへの影響は?飲酒後は何時間空ける?の画像2

授乳中、飲酒をしない方がいいことは十分わかっています。それでもどうしてもアルコールが飲みたくなったらどうしたらよいでしょう?

■ノンアルコール飲料で代わりとする

今はノンアルコール飲料が豊富に出回っています。本物と比べると味がちょっと・・・と思いますが、
いろいろ試してみるのも授乳期間限定の楽しみでいいのではないでしょうか?

ノンアルコール飲料なら母乳にアルコールが出てしまう危険もなくアルコールを飲んでいる雰囲気を楽しめて良いと思います。1%未満のアルコールが含まれるノンアルコール飲料もあるようですので、必ず表示を見て、アルコール度数が0.0%であることを確認しましょう。

■授乳スケジュールを考えて影響のない時間に飲む

授乳回数が少なくなって離乳食をとるようになる、夜の授乳がなくなるなど、授乳時間が減ってきたらその時に飲酒を考えてもよいのかなと思います。もちろん、少量にとどめることが大切です。

ただし、アルコール摂取後の母乳は搾乳して捨て、アルコールがママの体内に残っていると思われる時間には事前に搾乳しておいた母乳を与えるなどしたほうがいいでしょう。

■母乳をやめてミルクにする

どうしてもアルコール摂取が不可避ならその時だけでもミルクにするというのはどうでしょう。赤ちゃんへの影響がないようにするにはアルコール摂取後の母乳を与えなければいいのです。せっかく出ている母乳をやめてしまうのはもったいないと思います。でも、ママのアルコール依存度が高いならば母乳をやめるのもやむを得ません。

その他、結婚式などがあり、どうしても飲んでしまいそうなときはその間だけ、ミルクで代用するという手もあります。

でも、母乳で慣れて来た赤ちゃんは哺乳瓶を嫌がる子もいますので、事前に試してみることも必要です。その際には哺乳瓶につける乳首の穴が小さいものを選んで一度にたくさん出ないようにしましょう。

授乳中のアルコールは十分に注意しましょう

授乳中に少量ならアルコールを飲んでも影響はないというデータも出ていて、少しなら、と飲んでいるママもいることと思います。

でも、本当に大丈夫ですか?

赤ちゃんへのアルコールの影響は母乳からだけではありません。アルコールを摂取することでママが酔ってしまう、という事も考えられます。酔った状態で赤ちゃんのお世話をすることはかなり危険と言えます。赤ちゃんを抱っこしていても落としてしまったり、お風呂でおぼれさせてしまった事故の報告もあります。

もしそうなった時に後悔してしまわないように原則禁酒することをおすすめします。飲酒を我慢することによるストレスがよくない、などともいわれますが、そのストレスはアルコールを1杯飲むことぐらいで解消できますか?

ストレスがよくない、と言われますが、母になり、一人の人間を育てるうえで多少のストレスは我慢しなければならないのではないかと思います。子供を育てていくうえでたくさんの困難があります。その都度いちいちストレスがたまると言って逃げていては子育てがさらに困難になってしまいます。ストレスがたまるようならば飲酒ではなく別の解消法を考えましょうね。

授乳中のアルコールは原則我慢しましょう

妊娠から授乳中まで、ママはいろいろ制約が多く、ストレスがたまることもあります。

そんな時、「ビール飲みたい!!」となるのはよくわかります。では、アルコールがどうしても飲みたくなった場合、母乳育児は辞めなきゃいけないのでしょうか。母乳育児をやめてしまうのはもったいないです!なぜなら母乳には赤ちゃんに必要な理想の栄養がたくさん詰まっているからです。

飲酒後はすぐに母乳を与えないようにし、飲酒をしていない時は母乳育児を続けてください。でも、原則禁酒しましょう。周りの家族も、いろいろ我慢して頑張っているママにせめて「よく頑張っているね」と声をかけてあげましょうね。ストレスも吹き飛んで、アルコールを飲む必要がなくなるかもしれません。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

じゅんこママ

はじめまして。
じゅんこママと申します。
中学生の女の子と幼稚園児の男の子のママです。
仕事も子育ても全力投球です!

好きなことはガーデニングとサイ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 授乳中のアルコールの赤ちゃんへの影響は?飲酒後は何時間空ける?