1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 離乳食を食べない赤ちゃんはどうしたらいい?

離乳食を食べない赤ちゃんはどうしたらいい?

離乳食を食べない赤ちゃんはどうしたらいい?のタイトル画像

離乳食は育児の中でパパとママを悩ませることのひとつ。食べない赤ちゃんにあの手この手で食べさせるのは本当に苦労しますよね。それでも食事の楽しさや大切さは伝えたい!ここでは赤ちゃんと向き合う際のポイントを紹介していきます。

味覚の発達を待って離乳食を始めよう

母乳やミルクを飲んでいるときの赤ちゃんの表情は、とても安心して心地よさそうにしていますね。産まれたばかりの赤ちゃんは甘味に対する感受性が強く、母乳やミルクが大好きです。一方酸味や苦味などは好まないため、与えようとしても反応が悪く飲み込もうとしません。それが生後5、6か月を迎える頃には、色んな味を口にすることが出来る様に変化していきます。そして、哺乳反射(乳首以外のものを口の外に押し出す反射)が弱まり消化機能も発達します。離乳食の開始は、これらの赤ちゃんの準備が整うのを待ってからとなります。

離乳食の目的は食べる力をつけること

ママの中には、身近に子育てについて相談できる人がいない方も多いはず。離乳食に関してもこれで合っているのか確かめることが難しく、悩まれる方も多いでしょう。育児書や離乳食のレシピ本には、与える時期や量、一回の食事時間などが詳しく記載されたものもあります。確かに子どもの健やかな成長発達には栄養が必要で、母乳やミルクだけでは不足する栄養を食事からとることが出来ます。ですが、それだけが離乳食の目的ではありません。食べることは、体の成長と共に心の成長も促すことにもつながります。離乳食のときから色々な味に触れ、そして自ら食べものを掴んで食べる力をつけられるように、食べる楽しみを体感させてあげましょう。

赤ちゃんに離乳食を食べてもらうには<1>

では、食べない赤ちゃんに対するアプローチの仕方にはどのようなものがあるのでしょう。赤ちゃんは温度に敏感です。食べる意思があっても、口に入れた時に熱すぎたり冷たすぎたりすると嫌がります。そのため、スプーンなどは熱が伝わりにくいプラスチック製などを使用することをおすすめします。一口の大きさも赤ちゃんよって差があるため、離乳食用に市販されているものなどから試していくのも一つの手です。月齢が上がりそれでもスプーン類を嫌がる様であれば、手づかみ食べを試してみるとよいかもしれません。赤ちゃんの手もこの時期は立派な道具です。

離乳食を食べない赤ちゃんはどうしたらいい?の画像1

赤ちゃんに離乳食を食べてもらうには<2>

赤ちゃんは舌触りにも敏感です。同じ食べ物でも形状を変化させるだけで食べたり食べなかったりが出てきます。食べなくなった場合は元の形状に戻してしばらく様子を見ていきます。月齢に応じた形状はあくまで目安であり、食材を一度にステップアップさせる必要はありません。苦手なものは食べれる形状のまま、他の食材で噛んだり飲み込んだりの練習が出来れば良いでしょう。ベビーフードも種類が豊富なので、利用してみると赤ちゃんの反応を客観的に見ることができます。今まで気が付かなかった好みを発見できるかもしれません。

赤ちゃんに離乳食を食べてもらうには<3>

離乳食を食べないからと長く座らせても、赤ちゃんは楽しくないですね。そんなときはごく少量を盛りつけ、それを食べた時に目一杯ほめる様にしてみましょう。赤ちゃんは食事の内容だけでなく、一緒にいる大人の表情や感情も感じ取っています。ほめられることを繰り返し体験していくと、楽しいイメージが定着し、食べる意欲につながっていきます。また、赤ちゃんが食べ物を一生懸命確かめる様子はこの時期しか見ることの出来ないとてもかわいい仕草です。散らかる事が気になるママも多いと思いますが、今だけと思って楽しめるといいですね。

赤ちゃんに離乳食を食べてもらうには<4>

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 離乳食を食べない赤ちゃんはどうしたらいい?