1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【初めての子育てをしているママへ】赤ちゃんの肌トラブル“乳児湿疹”への対処法とは

【初めての子育てをしているママへ】赤ちゃんの肌トラブル“乳児湿疹”への対処法とは

【初めての子育てをしているママへ】赤ちゃんの肌トラブル“乳児湿疹”への対処法とはのタイトル画像

産まれたての赤ちゃんはすべすべお肌・・・と思っていたら、生後2週間くらいからきれいだったはずの肌ににきびのような湿疹が!これが赤ちゃんの肌トラブル「乳児湿疹」です。
原因は現れる湿疹で違いますし、症状の程度も様々でケア方法も違ってきます。
産まれて間もない我が子の肌トラブル。初めての子育てで戸惑うママも多いでしょう。そんな乳児湿疹について紹介します。

乳児湿疹はいつ頃から現れる?原因は?

赤ちゃんの肌はとても敏感で、バリア機能が弱いために湿疹が出やすくなっています。

湿疹の原因は様々で、これ!っと特定することが難しいため、乳児に起こる湿疹を総称して乳児湿疹と呼んでいます。
生後間もない頃は、ママのお腹の中でもらった女性ホルモンの影響や新陳代謝が活発なために、皮脂の分泌が盛んになっています。そのため生後2週間を過ぎたあたりから顔に赤いポツポツした湿疹が見られるようになります。
この時期に見られる湿疹の多くは、新生児ニキビや乳幼児脂漏性湿疹と呼ばれます。

【初めての子育てをしているママへ】赤ちゃんの肌トラブル“乳児湿疹”への対処法とはの画像1

新生児ニキビ、乳幼児脂漏性湿疹の症状は?

新生児ニキビとは赤いブツブツ、膿をもったもの、中に白い芯があるものなどのニキビが顔や頬、おでこに出ます。
最初は顔の一か所だけにできていたニキビが、頭皮にまで広がることもあります。生後2週間から1ヶ月の新生児に起こる肌トラブルです。
また、脂漏性湿疹とは黄色いかさぶたのようなものが頭の中、眉毛、おでこ、ほっぺ、など首より上に現れます。かゆみはほとんどありません。体質や肌の強さにもよりますが、生後数週間から4ヶ月ごろまでにほとんどの赤ちゃんに見られます。

治療やケア方法は?

新生児ニキビの対処方法としては、とにかく清潔にすることです。この時期の赤ちゃんは布団に寝ていることがほとんどなので、シーツや枕、衣類などこまめに取り替えましょう。
また、皮脂の分泌が盛んで毛穴を詰まらせてしまうので、お風呂のときに赤ちゃん用の石鹸を泡立て、優しく洗って皮脂を洗い流しましょう。お風呂以外でもこまめにガーゼで顔を拭いてあげるなどとにかく清潔第一です。ですが、デリケートな赤ちゃんの肌。ゴシゴシ洗いは禁物です。優しくなでるように洗ってあげましょう。


脂漏性湿疹も同じように清潔にすることが一番です。頭皮や眉毛の中など、頑固な脂の塊が見られる場合は、入浴前にベビーオイルやワセリン、オリーブオイルなどをつけておくと柔らかくなってとれやすくなります。無理にかさぶたをとることは悪化の原因になりますのでやめましょう。

脂漏性湿疹の部分には、洗う前にベビーオイルやワセリンなどを付けて、少し軟らかくして脂を浮かせてから、泡で優しく洗ってあげると、皮膚を傷つけずに済みます。
また、固形石鹸の泡で洗ったあとは、低刺激のベビー用ローションやクリームで保湿してあげると良いです。

どのくらいまで湿疹が出たら、病院にいけばいい?目安は?

新生児ニキビ、脂漏性湿疹ともに自宅でこまめに洗うなど清潔にケアしていればほとんどの場合が良くなります。しかし、湿疹が膿んで赤いジュクジュクの状態になってしまった場合や、湿疹が広がりすぎたり状態が悪化する場合は早めに皮膚科を受信しましょう。家でのケアに合わせて、塗り薬が処方されることもあります。
ニキビの治りがあまりにも遅い場合や、ニキビの進行が急激な場合は、新生児ニキビとは違う皮膚病の可能性もあります。

通常は湿疹ができても2~4週間でよくなりますが、治りが悪かったり、赤ちゃんがかゆがっている場合は
小児科もしくは皮膚科を受診しましょう。

まとめ

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

pudding012

5歳、2歳の2人の育児奮闘中!
イライラすることも多々ありますが、今は今しか見れない子供のしぐさを大事にして過ごしていきたいなぁと思っています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【初めての子育てをしているママへ】赤ちゃんの肌トラブル“乳児湿疹”への対処法とは