1. >
  2. >
  3. >
  4. ありがたく無視しましょう。「クソバイス」との付き合い方

ありがたく無視しましょう。「クソバイス」との付き合い方

ありがたく無視しましょう。「クソバイス」との付き合い方のタイトル画像

テレビや雑誌でもおなじみ犬山 紙子さんが生み出した新語「クソバイス」。 育児においてもたくさん「クソバイス」に出会いますよね。そんな育児あるあると「クソバイス」の受け止め方をご紹介します!

新語「クソバイス」は育児と親和性が高すぎる!

「クソバイス」って聞いたことありますか?

「クソバイス」とはテレビや雑誌でおなじみの犬山 紙子さんが生み出した造語で、言葉の通り「クソみたいなアドバイス」のこと。「クソみたい」なんて表現、普段は使わないので、ちょっと抵抗もありますが、「クソバイス」というひとつの言葉になると、不思議とちょっと印象も和らぎます。

そして、このクソバイス、妊活・出産・育児をしていると出くわす頻度が高いですよね!SNSにもクソバイスに関するママの声がたくさんありました。

モヤっとしてしまうアドバイスも相手に悪気がない場合は「クソバイス」として善意だけ受け取り、サラッと受け流すのが吉ですね!この「クソバイス」という言葉の軽さが、「いったん冷静になって受け流す」ということを手伝っている気がします♪

そして、肝心のよくある「クソバイス」を集めてみました!言われたことがある人もいるかも?!もちろん、そんな時は、笑顔で善意だけ受け取ってサラ〜っと受け流しましょ♪

ありがたく無視しましょう。「クソバイス」との付き合い方の画像1

【育児あるある】永遠の母乳・ミルク論争

これは本当にあるあるですよね。おせっかいとまでいかなくても、母乳かミルクかを問われたことがある方は多いのでは?

【育児あるある】発達に関すること

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子育ての悩み

この記事を書いた人

後藤真菜美

ベビーマッサージサロン&資格取得スクールwaraku主宰。
妊娠・出産を機に10年過ごした東京から地元 三重県松阪市にUターン。
2012年産まれの女の子の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. ありがたく無視しましょう。「クソバイス」との付き合い方