1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 産科医が伝授!子宮筋腫と診断された時、チェックしたい3つのポイント

産科医が伝授!子宮筋腫と診断された時、チェックしたい3つのポイント

産科医が伝授!子宮筋腫と診断された時、チェックしたい3つのポイントのタイトル画像

婦人科疾患の代表格であり、不妊症の原因にもなりうる「子宮筋腫」。目に見えないほど小さい筋腫も含めると、じつに女性の7割以上が子宮筋腫を持っているといわれています。今回は、子宮筋腫と診断された時に必ず確認しておきたいポイントを解説します。

子宮筋腫ってどんな病気?

胎児を育てる場所である子宮は、筋肉の塊です。その筋肉の一部が大きくなってしまい腫瘍になる病気、これが「子宮筋腫」という病気です。30歳以上の女性の20−30%が、子宮筋腫を罹患するといわれています。顕微鏡的な小さい子宮筋腫を含めると、なんと75%もの女性が、子宮筋腫を持っているともいわれます。

このように非常に一般的である婦人科疾患のため、子宮がん検診などで超音波検査を行った際に、子宮筋腫であると告げられる事も少なくありません。基本的には良性腫瘍であり、毎月の生理に関連するホルモンによって段々大きくなります。そして、たとえ子宮筋腫があったとしても、全員に症状が認められるわけではありません。

子宮筋腫により起こりうる症状は?

では、子宮筋腫によって起こりうる症状には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

子宮は妊娠を成立させる臓器であり、「子宮内膜」という胎児のベッドの役割をする部分が、毎月厚く整えられるようになっています。

産科医が伝授!子宮筋腫と診断された時、チェックしたい3つのポイントの画像1

この子宮内膜が毎月剥がれて外に排出される現象が「生理」です。しかし子宮筋腫によって、子宮内膜が長く伸ばされるような事があれば、そのぶん月経血の量が増えてしまい、「過多月経」が引き起こされます。

また、生理の際の子宮収縮は、子宮内膜から作られるプロスタグランジンというホルモンが作用しています。子宮筋腫があると子宮内膜量が増えるため、プロスタグランジンも同時に増え、「月経痛が強くなってしまう」原因となります。

さらに上述したように、子宮内膜は胎児のベッドの役割をするため、子宮筋腫によって子宮内膜が変形しすぎてしまうと、妊娠成立が難しくなって「不妊症」になる可能性もあります。

産科医が伝授!子宮筋腫と診断された時、チェックしたい3つのポイントの画像2

また、子宮の前面・背面には膀胱や直腸が存在するため、あまり大きな子宮筋腫があると、頻尿や無尿、排便痛などを引き起こすこともあります。

子宮筋腫と診断されたら…チェックしておきたい3つのポイント

これまでの説明をまとめると、子宮筋腫は非常に一般的な病気であり、子宮内膜やその近くの臓器である膀胱・直腸などに影響を与え、様々な症状をきたすことが分かります。

では、子宮筋腫と診断されたら、まずどうすればいいのでしょう?
子宮筋腫と診断された場合、必ずチェックしてほしい3つのポイントがあります。これらをまず医療機関で確認し、今後どのように対処・治療していくかを考えていきます。

1:大きさ

大きさだけで手術をするのかどうか決まることは稀ですが、一体どれくらいの大きさの子宮筋腫を持っているのか?という点を把握することは非常に大切です。
手術を選択しなかった場合は、半年~1年おきに経膣超音波で筋腫の大きさの変化を観察しますので、しっかりと把握しておきましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の病気・症状 子宮の病気 子宮筋腫

この記事を書いた人

きゅーさん@産婦人科医

産婦人科専門医のきゅーさん@産婦人科医です。
日々日常診療を行いながら、女性に知って欲しい情報をブログやtwitter、さらにはメールマガジン、アプリ作成等を...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 産科医が伝授!子宮筋腫と診断された時、チェックしたい3つのポイント