1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 一ヶ月検診の内容、費用、準備は?気になる体重と身長の目安は?

一ヶ月検診の内容、費用、準備は?気になる体重と身長の目安は?

一ヶ月検診の内容、費用、準備は?気になる体重と身長の目安は?のタイトル画像

無事出産し、退院!ママの体調も回復し、あかちゃんがいる生活にも少しずつ慣れてきたのではないでしょうか。そんなときにやってくるのが“1ヶ月検診”。1ヶ月検診ってどんなことをするんでしょうか。少し不安ですよね。そんな不安を解消していきたいと思います。

目次 1ヶ月検診の内容は?
赤ちゃんの1ヶ月検診
ママの1ヶ月検診
一ヶ月検診での平均体重・平均身長と増加の目安
1ヶ月検診に必要な準備と持ち物は?
当日の持ち物
当日の服装
当日の交通手段
1ヶ月健診の費用は
一ヶ月検診はママと赤ちゃん両方にとって重要

1ヶ月検診の内容は?

生後1ヶ月経った赤ちゃんの身長や体重を測定し、からだの成長の値を知ることで、母乳やミルクの量が足りているかなどがわかります。
また、医師は赤ちゃんの様子をママから聞くことで、健康に成長しているかも予測できます。
ママの体調が良いかどうか、不安がないかどうかなど、子育てに対する心配ごとも聞いてもらえます。

1ヶ月検診は、入院していた病院で行います。
退院する時に、1ヶ月検診の日にちが決まります。

赤ちゃんの1ヶ月検診

1.身体測定
身長・体重・頭囲・胸囲 を測定します

身長は、誤差があることも多いのですが、記録をし、次の3・4ヶ月検診まで経過を見ていきます。 
体重がどのくらい増えたかで、あかちゃんの栄養が足りているかどうかがわかります。
頭囲は、水頭症などの病気の発見などがわかります
胸囲は、やせているかどうかの目安になりますが、身長・体重のバランスもあるので、記録をし、次の検診に備えます。
  

2.診察

医師が、赤ちゃんの全身状態を診てくれます。
大泉門、目、口の中、心音、呼吸音、股関節、からだのやわらかさ、皮膚の色など、全身を見て、病気の有無チェックします。
原始反射(モロ反射・原始歩行・把握反射・吸綴反射)のチェックをします。


3.ビタミンKシロップを飲ませる

乳児ビタミンK欠乏症状の予防のために、ビタミンKシロップを飲ませます。
ビタミンKが欠乏することで、頭蓋内出血を起こすことがあります。
機嫌が悪くなったり吐いたり、大泉門が張るなどの症状が出ますが、症状が出た時には、すでに出血しているので、脳性まひなどの障害を残す可能性が出てきます。そのため、1ヶ月検診で、ビタミンKシロップを飲ませて予防するのです。

ママの1ヶ月検診

1.身体測定
 
体重測定、血圧測定、検尿などを行います。
産後のままの健康状態を知り、異常がないかを調べます。
 

2.診察

子宮口・傷の状態などをチェックします。
経膣のエコーを行うこともあります。
こちらも、産後のままのからだの状態をみることで、異常がないかどうかをチェックします。

3.問診

母子手帳や、病院で作成された問診表などを元に、あかちゃんの様子を確認します
母乳かミルクか。1日何回くらい飲むか。1回に何分くらい飲むか。ミルクの場合の量はどのくらいか。
尿や便の回数、睡眠時間、音や光に対する反応の様子などを伝えます。
ママの体調が悪ければ、それらも伝えましょう。
子育てで心配なことがあれば、それらを話し解決策を教えてもらったり、問題を共有して、他の機関を紹介してもらうこともできます。

一ヶ月検診での平均体重・平均身長と増加の目安

1ヶ月健診時、体重は約1kg 身長は3~4cm 増えているのが平均的と言えるでしょう。母乳の場合は、ミルクをどのくらい飲んだかがわかりにくいのですが、1日30グラム程度、体重が増加していればOKです。

ただし、個人差があります。出生後、生理的体重減少といって、赤ちゃんの体重は、出生時の3~10%ほど減少します。おしっこやうんちなどが排泄されるからです。その後、1~2週間で元の体重に戻りますので、それ以降は一日30グラム程度増加していくと、1ヶ月健診時には、だいたい700~1kgほど増加することになります。

1ヶ月健診の時の体重は、出生時の体重にもよりますので、一概に数値だけで一喜一憂せずに、あまり増えていなかったり減っている場合は、保健師さんからアドバイスがありますので、それに従いましょう。

1ヶ月検診に必要な準備と持ち物は?

当日の持ち物

<健診に必要なもの>

・母子手帳
・赤ちゃんの健康保険証・乳児医療証・診察券
・ママの健康保険証・診察券
・筆記用具と手帳


<おでかけに必要なもの>

・紙おむつ(3枚程度)
・おしり拭き
・ビニール袋(使用後の紙おむつ入れ)
・バスタオル
・ガーゼ
・赤ちゃんの着替え



<ミルクや混合の人は・・・>

・哺乳ビン
・粉ミルク
・お湯(病院で用意しているところもあります)

当日の服装

<赤ちゃんの服装>

季節にもよりますが・・・
・肌着
・カバーオール
を基本とします。

肌着は、夏や汗ばむ時期は、短肌着
そうでない季節は、長肌着
カバーオールは、夏や汗ばむ時期は、薄手のものにします。

さらに、冬や、春や秋でも寒いと思われるときは、おくるみでくるみます。


<ママの服装>
病院で授乳するかもしれないので、前開きの服だとすぐに授乳できてラクです。また、診察もあるので、衣類の着脱がすぐにできるものを着ていきましょう

当日の交通手段

自分で車の運転ができればラクですが、まだ首の据わらない赤ちゃんを車に乗せていくのは不安・・
泣き出したときに慌てます。
パパやおじいちゃん、おばあちゃんが運転してくれればいいのですが、健診は平日のところがほとんどなので
赤ちゃんと初めて二人でおでかけ♪になる方が多いのでは?

時間に余裕を持ち、公共の交通機関かタクシーを使うとよいでしょう。

1ヶ月健診の費用は

5000円ほどかかると思います。乳児医療証は病気の治療の際に使われるものなので、健診では使えません。医療機関によってもちがいますので、退院する際に聞いておくとよいでしょう。

一ヶ月検診はママと赤ちゃん両方にとって重要

1ヶ月健診は、赤ちゃんの健康状態を知るうえでとても重要です。
体重・身長などから、きちんと必要な栄養がとれているかがわかりますし、便の正常や尿の回数、睡眠や一日の生活リズムなど、どの検査も、赤ちゃんが健康にすくすくと育っているか、病気が隠されていないかを知るうえで、とても大切です。

また、ママの健康状態も身体のみならず、精神面も診ていきます。解決できる問題は、その場で教えてもらえますし、ママ一人での解決は難しいと思われたときは、どのようにして周りの機関がフォローしていくかを考えていきます。

子育ては、ママが一人で悩むことではありません。病院や地域の人の手をかりて、みんなでママと赤ちゃんを見守っていくのです。
子どもを生んだ女性は、全員がはじめは新人ママだったのです。わからないことや不安を抱えながら、子育てをしてきたのです。

1ヶ月健診では、赤ちゃんとママが、心身ともに健康に暮らしていけるようお手伝いをしていきますので、何でも質問してみると良いですよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊婦検診 妊娠の基本情報 妊娠 妊娠中の生活

この記事を書いた人

もりりん

毎日、わくわくしながら、笑って楽しく過ごしたいですね...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 一ヶ月検診の内容、費用、準備は?気になる体重と身長の目安は?