1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの耳垢が黒・茶色・黄色で臭う場合は?耳鼻科に行くべき?

赤ちゃんの耳垢が黒・茶色・黄色で臭う場合は?耳鼻科に行くべき?

赤ちゃんの耳垢が黒・茶色・黄色で臭う場合は?耳鼻科に行くべき?のタイトル画像

赤ちゃんには、大人と事情が違うことが多々あります。例えば耳垢が黒かったり、茶色かったり、臭ったりすることもあります。耳鼻科には行くべきか、不安にもなりますよね。
子どもができて初めて赤ちゃんに接することが多い今の時代。何コレ大丈夫?と都度戸惑うママパパも多いでしょう。赤ちゃんの耳垢もその一つ。今回は赤ちゃん特有の耳垢事情をお伝えします。

目次 赤ちゃんの耳垢が黒い・茶色い・黄色い!これって大丈夫?
赤ちゃんの耳垢が臭う…もしかして病気?
耳鼻科に行く必要はある?
家で赤ちゃんの耳掃除するときはどうすればいい?
赤ちゃんの耳掃除をする際の注意点
赤ちゃんの耳掃除はほどほどにしましょう

赤ちゃんの耳垢が黒い・茶色い・黄色い!これって大丈夫?

赤ちゃんの耳垢が黒・茶色・黄色で臭う場合は?耳鼻科に行くべき?の画像1

新米パパママにとって、赤ちゃんのお世話は初めてだらけ。耳のケアも、小さな耳の穴に触るだけでも恐る恐るになるものですが、耳垢が大人のものとは違う色だったら、何かの病気じゃないかと心配になるかもしれません。でも、黒・茶色・黄色の場合、通常は問題ないので安心しましょう。

そもそも耳垢とは、皮膚の残骸に分泌物やゴミが混じり合ったものなので、大人も大抵そうですが黄色っぽい色になることが多いです。赤ちゃんの場合は、新陳代謝が活発なために茶色のような濃い色になることもありますが、どちらも問題ないでしょう。黒色にまでなると、大人では普通見ないので驚きますが、これも大丈夫です。黒い色は新生児に多く、ママのお腹の中にいた時に、羊水中に溜まっていたゴミが耳の中に蓄積され、それが出てきたため黒いだけなので、心配要りません。

赤ちゃんの耳垢が臭う…もしかして病気?

赤ちゃんの耳垢が黒・茶色・黄色で臭う場合は?耳鼻科に行くべき?の画像2

赤ちゃんは母乳やミルクの甘い良い香り…のはずが、あれ?なんだか耳が臭い?と戸惑うことがあります。これも病気ではないかと心配しがちですが、大抵問題ありません。赤ちゃんには、大人と違う、耳垢が臭いやすくなる要因が複数あるのです。

■水分
耳垢には、分泌物やチリなどのゴミの他にも、耳に入ってきたものが混ざります。水分が多いものが混ざり、耳垢の湿度が上がると、臭いを発しやすくなります。赤ちゃんは、母乳やミルクを飲んだり吐いたり、涙やよだれを出すことが多いので、それらの水分が耳垢に混ざることになります。

■姿勢
赤ちゃんは、寝ている時も授乳時も、基本的にずっと仰向けで過ごしています。そうすると、立っている姿勢なら首の方に落ちる水分は、耳の方向へ落ちていきます。そのため、母乳やミルク、涙やよだれなどが耳の中に入りやすいのです。さらに、向き癖があって、同じ側の耳がずっと下を向いて塞がっていると、溜まって蒸れてしまい、それも臭う一因になります。

■耳管
鼻の奥(のど)と耳を繋いでいる耳管が、赤ちゃんは大人よりも太く短く水平に近いので、ミルクを吐いたときなどに耳に流れてしまうこともあります。

■新陳代謝
赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、耳垢の発生するサイクルが大人より早く、また体温が高いために蒸されやすいという面もあります。

通常心配ないといっても、防げるものは防いで清潔に保ってあげる方が良いですよね。吐いたものや涙などを早めに拭き取る、ゲップや吐き戻し防止枕で吐き戻しをなるべく防ぐ、授乳や寝る時に頭の角度や向きが偏らないように気を付ける、などの対策をできる範囲でやってみましょう。

耳鼻科に行く必要はある?

今まで挙げたものは通常心配のない範囲でしたが、耳鼻科に行く必要がある症状もあります。以下のような場合や、これらに限らず気になる症状があれば、耳鼻科を受診した方が良いでしょう。

■耳垢に血が混じっている
耳掃除で外耳道(耳の穴の中)や鼓膜を傷付けて出血した可能性があります。

■耳だれ(ドロッとした黄色の液体)、耳を痛がる・触る、発熱がある
外耳炎中耳炎の可能性があります。外耳炎は、耳掃除などで耳の穴の中が傷付き、菌が入って粘膜が炎症を起こした状態です。中耳炎は、鼻の奥で増殖した細菌やウイルスが、耳管を通って耳に到達して起こるもので、鼓膜の裏に膿が溜まった状態になります。前述の耳管の構造もあって、赤ちゃんは中耳炎に罹りやすく、悪化すると慢性化や最悪難聴になる可能性もあるので、早めに受診しましょう。

■耳垢が奥に溜まっている
耳垢が奥に溜まっていて暫く出てこないときは、無理して取ろうとせず、耳鼻科で取って貰いましょう。

家で赤ちゃんの耳掃除するときはどうすればいい?

家での耳掃除はしなくても良いという説もありますが、赤ちゃんは新陳代謝が活発で耳垢も出やすく、あまり溜まると取り除くのも難しくなるので、無理のない範囲を清潔に保つケアをすると良いでしょう。

家で赤ちゃんの耳掃除をする場合は、濡らして絞ったガーゼや綿棒で、穴の入り口付近の見えるところを優しく拭き取る程度で充分といわれています。頻度は、月に1~2回程度や、穴の入り口に耳垢が出てきたら、くらいでかまわないそうです。

マメに奥まで掃除する必要が無いのは、耳には自浄作用があるからです。耳の皮膚は奥から外に徐々に移動するため、耳垢の元である皮膚の残骸は、自然に外に出てくるのです。また、それに絡まる分泌物は、穴の入り口から1cmのあたりからしか分泌されないため、ベタつく耳垢は、その1cmより奥には本来存在しないのです。そのため、入り口から約1cmの範囲を拭けば良いことになります。

耳掃除のタイミングは、耳垢に多少湿り気があるお風呂上りが拭き取りやすくて良いでしょう。ベビーオイルの併用も、やさしく拭き取れておすすめです。1本1本の綿棒に、ベビーオイルが始めから付いた状態で売られている商品もあり、2つ用意する手間が省けて好評のようです。他にも、寝ている時や授乳中は、赤ちゃんの動きが少ないので、掃除がしやすいでしょう。

自宅での耳掃除が難しい場合や、していても溜まることもあるので、数ヵ月から半年に1回くらいのペースで、定期的に耳鼻科で掃除して貰うのが良いそうです。

赤ちゃんの耳掃除をする際の注意点

前述の掃除の仕方は、以下の注意事項をふまえたやり方です。赤ちゃんのために良かれと思ってやったことで、逆に耳の状態を悪くしてしまうことのないよう、注意して掃除しましょう。

■耳の奥まで掃除しない
乳幼児の鼓膜は大人よりも入口に近い位置にあるため、安易にいじると鼓膜に到達してしまう恐れがあります。前述のとおり、奥まで掃除する必要もありません。

■頻繁に掃除しない
耳の穴の中はとてもデリケートです。掃除のし過ぎで耳の粘膜を傷付けてしまったら、そこから菌が入り、外耳炎を招いてしまう恐れもあります。多くても週に1回程度にしましょう。

■無理に取ろうとしない
耳垢を家庭で無理に取ろうとすると、逆に奥に押し込んで余計溜まってしまったり、耳の穴の中を傷付けてしまうことにもなりかねません。奥に押し込まれた耳垢は、自然に溜まったものよりも取り除くのが大変だそうです。

■思わぬ動きに注意
乳幼児の動きを制限することは難しいので、急に予期せぬ動きをすることもよくあります。耳掃除中に、赤ちゃんが急に動いたり、幼い兄弟が遊んでいてぶつかってきたりなどしたらとても危険です。万一何かあっても対処できるよう気を付けて掃除しましょう。そんな時にも綿棒が奥に入り辛いように、あえて太めの綿棒を使う(ただし耳垢を押し込まないように注意)、ガーゼを利用する、というのも安心です。もし嫌がって暴れ、安全にできそうもないときには、無理に家で掃除しなくても大丈夫です。

赤ちゃんの耳掃除はほどほどにしましょう

赤ちゃんの耳垢が黒・茶色・黄色で臭う場合は?耳鼻科に行くべき?の画像4

赤ちゃんは清潔に保たなければと、何でも丁寧にケアしがちですが、耳掃除は多少ズボラなくらいが丁度良いようですね。ズボラな私は、見える範囲の汚れに気付いたらそれを取る程度しか息子の耳掃除をしておらず、時々耳鼻科で大きな耳垢が取れて恥ずかしく思っていましたが、それくらいで良いと分かって安心しました。

耳鼻科では、ピンセットで摘まんだり、細いチューブで吸い取ったりして、安全にすっきり耳垢を取ってくれます。幼いうちは何事も小児科だけで事足りて、中耳炎の診断や処方など耳のことや、鼻水吸い取りのような鼻の対応もしてくれます。でも、耳掃除の対応ができるのは耳鼻科だけで、鼻水吸い取りも耳鼻科の方が奥までできることもあるので、何でも小児科で済ましている場合、たまには耳鼻科を受診してみることをおすすめします。

また、赤ちゃんは鼻水から中耳炎や副鼻腔炎などになることが多いです。息子も1歳半頃まで風邪をひくとよく中耳炎を罹っていたので、鼻水が続いたら病院へ行くようにしていました。小さい子は風邪が流行る時期は鼻水症状が出ることも多いですが、自然に治ると甘くみず、病院でほかの症状が出ていないかどうかもみてもらいましょう。

今年も風邪が流行る季節になってきましたが、赤ちゃんたちが健やかに過ごせますように。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

にじいろ

一歳の息子がいるアラフォーママです。
興味あるイベントを見付けてはよく息子連れで出掛けている外出好き。イベント情報などの情報収集も大好きです。
息子は、どこ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの耳垢が黒・茶色・黄色で臭う場合は?耳鼻科に行くべき?