1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの舌(ベロ)が白いのはカビが原因?母乳を与えるママが知っておきたいこと

赤ちゃんの舌(ベロ)が白いのはカビが原因?母乳を与えるママが知っておきたいこと

赤ちゃんの舌(ベロ)が白いのはカビが原因?母乳を与えるママが知っておきたいことのタイトル画像

赤ちゃんの舌が白くなっていてどきっとした経験はありませんか?なにかの病気かな?と不安になりますよね。しかしもう心配はいりません!赤ちゃんの舌が白い理由と、その対応についてご紹介していきます。

目次 赤ちゃんの舌が白くなってしまった原因は?
赤ちゃんの舌が白い時、ママはどう対処するべき?取り方はあるの?
カビが原因になっていることもあるって本当?
病院に行く必要はある?
赤ちゃんの舌が白くなるのはどうしたら予防できる?
気が付いてあげれることってすごい!

赤ちゃんの舌が白くなってしまった原因は?

生まれたばかりの赤ちゃんの舌はかわいいピンク色です。
・・が、ある日気が付いたら赤ちゃんの舌がまっ白になっていて、驚いてしまったママも多いことかと思います。

でも大丈夫ですよ。
このような症状は、母乳、ミルクだけが栄養源の赤ちゃんにはよくあることなのです。

舌にこびりついてるように見える白い色の正体は、母乳やミルクの成分なのです。
舌には細かい凸凹があり、そこに母乳やミルクの成分が引っ掛かり残ってしまっているのです。

空気が乾燥しているお部屋だったり、赤ちゃん自身の唾液が少なめだったり、
ミルクを飲む時間の間幅が短い場合などは付着している上からまた付着してしまうので、白くなりやすいようです。

また、ママの食生活に脂っこいものや甘いものが多い場合は、母乳がどろっとした感じになるので、舌につきやすい、
とも言われています。

ですが、白くなっていること自体は病気ではないので神経質にならなくても大丈夫です。

ただ、舌の上だけではなく、ほほの内側など違う部分も白くなっている場合は、病気ということも考えられますので、
お医者様に診察してもらいましょう。

赤ちゃんの舌が白い時、ママはどう対処するべき?取り方はあるの?

赤ちゃんの舌が白くなっている場合、どのような対応をしたらよいのでしょう?

その症状自体は、ミルク、または母乳を飲んでいるために白くなっているだけなので、特に受診する必要はありません。
実は、大人でも牛乳など白いものを飲んだあとは、舌の表面が白くなっています。
ただ、そのあとに違うものを食べたり飲んだりするので、舌についた白い成分が流されて白くなくなっているだけなのです。
生まれてすぐの赤ちゃんは、ミルク、母乳以外のものを口にすることはありませんし、次のミルクへの時間も短いので、
成分が蓄積しやすいと言えます。
そのままにしておいても病気になるわけではないのですが、やはり、母乳やミルクを飲み続けていくうちに
舌の上の成分が蓄積されてしまうので、時々は清潔なガーゼを水で湿らせてそっと優しくふき取ってあげましょう。
この時、きれいに取れないからといって、ごしごしふいてはいけません。
赤ちゃんの舌はまだとてもデリケートなのでごしごしふくことによって、傷ができてしまう可能性があります。

また、ふき取っても白いものが取れない場合は、感染症にかかっている可能性もあるので、受診をおすすめします。
ただ、感染症にかかっていても、自然治癒との診断で終わることもあります。
この感染症に関しては、また次の項で詳しく説明することにしましょう。

舌が白いのは赤ちゃんが元気にミルクや母乳をたくさん飲んでいるから、と安心してください。

カビが原因になっていることもあるって本当?

先の項で出てきた、感染症というのがカビが原因となっている場合です。
この項ではミルクや母乳の成分ではなく、ほかの病気が原因で舌が白くなっている場合を詳しく述べていきます。

■鵞口瘡(ガコウソウ)・・舌の上だけではなくほほの内側なども白くなっている場合、また白い部分が、湿ったガーゼでふき取れない場合は鵞口瘡を疑います。妊娠後期にお母さんがカンジダを発症していると、出産時、産道を通る際に赤ちゃんにも感染することがあります。妊娠中は抵抗力が低くなっていることもあり、発症しやすくなっていますので、ママが不潔にしていたからなどということではありません。鵞口瘡と診断されても自然治癒との判断をされることがほとんどです。治療をする場合は、抗菌薬を白い部分に塗布する方法になります。

■溶連菌感染症(ヨウレンキンカンセンショウ)・・溶連菌感染症はワクチン接種のない感染症で、特に学童期にかかる子供さんが多いようです。乳児でかかることはあまりありませんが、感染すると、舌が白くなるほかにも発熱したり、のどが腫れたり、赤い発心が出たりなど、ほかの症状も伴うので、気が付きやすいかと思います。感染している場合は、赤ちゃん自身もぐったりしてしまうので、早めに受診して、適切な処置、処方をしてもらいましょう。

病院に行く必要はある?

ここまでの項で、乳児の舌が白くなっていても、それは特別なことではなく、母乳やミルクの成分が付いているだけ、
ということがわかっていただけたかと思います。
ですから基本的には病院に行く必要はありませんが、前の項で述べたように、鵞口瘡や溶連菌感染症という場合もあるので
気になる時は自己判断せずに病院へ行き、きちんと診断してもらうと安心でしょう。

赤ちゃんの体調、病気はとても不安ですよね。
そんな時は、躊躇せず、病院の先生に聞いてみましょう。何もなければそれはそれで良いことなのですから。
不安な気持ちを抱えたまま、ママ自身がストレスを抱えこんでしまうよりも
受診、診断してもらうことをおすすめします。

また、周りの先輩ママやママ友も心強いアドバイザーなので、相談してみるのも良いかと思います。

赤ちゃんの舌が白くなるのはどうしたら予防できる?

日常、ミルクや母乳を飲んで赤ちゃんの舌が白くなる症状自体はこれまでの項にあるように
あまり気にすることではなく、予防も絶対必要なわけではありません。

気になる場合は、母乳・ミルクの後にさ湯を飲ませたり、こまめに舌を拭いてあげるなどの予防法が考えられます。

ただ、鵞口瘡に関しては、菌が原因なので感染、発症しないように予防ができます。
しかも、気を付ける点は一つだけ

『赤ちゃんの周りの物を清潔にする』

ということです。

特に、授乳時に必ず赤ちゃんの口に入る、ママ自身の乳首、哺乳瓶の乳首などは清潔を保ちましょう。
赤ちゃんの口に入りそうなお気に入りのおもちゃ、ベビーベットの柵、ママ自身の手なども気を付けましょう。
他にも、ミルクの場合は、菌が繁殖しやすくなるので作ってから時間のたったものを与えるのは控えましょう。

これらの予防法は、鵞口瘡だけに限らず、ほかの感染症の予防にもつながります。
まとめて消毒、掃除、となると大変ですが、日々、生活の中でその都度気を付けていれば大きな負担には
ならないので、清潔にすることが習慣づくとよいですね。

気が付いてあげれることってすごい!

赤ちゃんの小さな変化を見逃さず、見つけてあげられるというのは実はすごいことなのです。
このすごいことを、ママ達はみんなあたりまえのようにやっているのです。

気にしすぎ?
いいえ、そんなことは決してありません。

どんな小さな変化も、どんな小さな成長も気が付くことができるのがママなのです。

自分で判断できないこと、分からないことは恥ずかしがらずに声を上げて聞いてみてください。
それが、ママ自身の成長にもつながっていきます。

今回のテーマ、「赤ちゃんの舌が白い」ことも、ママだからこそ気が付けることの1つです。
今回のように病院に行かなくてもよい症状の場合も、家でできる予防法や対応があります。

ママも赤ちゃんと一緒に成長しています。赤ちゃんと一緒に頑張っていきましょうね!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

みなみ

子供の背中にキュンっとなります。
寝てる時のひよこ口にププッとなります。
朝日より夕日がすきです。

子育ての引き出し・・ちょっぴり、もっています。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの舌(ベロ)が白いのはカビが原因?母乳を与えるママが知っておきたいこと