1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 寝相が悪い子の「寝冷え」対策、どうしてる?冬の時期にしっかり準備しておこう!

寝相が悪い子の「寝冷え」対策、どうしてる?冬の時期にしっかり準備しておこう!

寝相が悪い子の「寝冷え」対策、どうしてる?冬の時期にしっかり準備しておこう!のタイトル画像

寒くなる季節に気を付けたいのが子どもの寝冷えです。きちんと対策しないと、風邪や体調不良などの子どもへの悪影響も出かねません。寝相の悪い子どもにぴったりの寝冷え対策アイテムをご紹介します。

寝冷えはどうして起こるの?

子供の寝冷えを防ぐのって結構みなさん悩まれてますね。
知らないうちに、お腹丸出しになって寝ていたとか、
かけてあげた布団を蹴飛ばしてしまっていたとか。
それでいて、ちょっと冷えると咳が出てきたりしますから。。

秋から冬にかけて、気温が下がってくると特に気になってくるのが寝冷えです。
寝冷えは寝ている間に布団から出てしまったりして、体を冷やしてしまうことで引き起こされます。子どもは基本的に寝相が悪く、寝ている間にゴロゴロと転がって布団からはみ出てしまうことも頻繁に起こりますから、大人に比べて寝冷えしやすいと言えますね。

また寝る間際は体温が上がるため、布団を掛けても暑がって蹴とばしてしまうことも。蹴とばしたままで夜間に気温が下がり、明け方になって寒さで寝冷えを起こすケースもあります。

他にも季節の変わり目で布団の交換や調整が間に合わず、明け方の意外な寒さにさらされて寝冷えをしてしまうことも。温度に合わせた寝具やパジャマの調整ができずに、寝冷えが起こることもあるんですね。

寝冷えが子どもに及ぼす影響は?

寝冷えの子どもへの悪影響で一番心配なのは風邪などの感染症です。体温が低くなることにより、免疫機能が低下して感染してしまうのが原因です。鼻や喉などの痛みを訴えて、鼻水、咳、発熱などの症状が出たら疑いましょう。他にはお腹が冷えることで下痢や腹痛などの症状が出る時もあります。

また、体が冷えたことにより全身のこわばり感や、倦怠感が生じるケースもあるので、子どもの機嫌がなんとなく悪い時など疑ってみると良いかもしれません。

便利な寝冷え対策アイテム①腹巻

腹巻と言うと大人の男性のイメージが強いかもしれませんが、子ども用の腹巻もたくさんあります。

コロコロと転がって寝相が悪い子どもには、服の一部として着せてしまうのが確実で早い対策です。特に腹巻は季節を問わず一年中付けていても問題がないので、子どもの寝冷え対策としてオススメしたいアイテムです。

夏の冷房や不意の温度変化でも、腹巻をしていれば寝冷えを防ぐことができますし、もちろん冬場にも活躍してくれます。袖や裾が付いていないので、赤ちゃんから子どもまで体の動きを邪魔せずに身に付けられるメリットがありますね。パジャマの裾を中に入れるのも同様に寝冷え対策に有効ですが、寝相が悪くて出てしまうような場合はやっぱり腹巻が役に立ってくれます。

便利な寝冷え対策アイテム②スリーパー

腹巻と並んで寝冷え対策に効果があるのがスリーパーです。

スリーパーは赤ちゃんや子どもの肩から足元付近までをすっぽりと覆い、冷たい空気から体を守ってくれます。前後でスナップなどで留まっているため、寝返りを打っても体から取れてしまう心配はありません。蹴とばして布団を外してしまうようなお子さんでも、朝まで寝冷えから体を守ってくれますよ。

少し大きくなったら着る毛布のようなスリーパーもあるので、部屋着感覚で着ることもできます。腹巻と合わせて寝冷え対策に使えば、布団から出てしまってもすぐに寝冷えすることはないでしょう。

先手の対策で寝冷えに備えて

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

hanzou

都心近郊に住む専業主婦です。特別子供好きではなかったのですが、子供を産んでから周りにいる小さい子供たちがかわいくてしょうがなくなりました。初めての育児はわかない...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 寝相が悪い子の「寝冷え」対策、どうしてる?冬の時期にしっかり準備しておこう!